シネマチェックトップページ50音別indexタ行index


ディファイアンス      


2008年 アメリカ (DEFIANCE)
アクション・歴史・スリラー   

<監督>エドワード・ズウィック
<キャスト>ダニエル・クレイグ , リーヴ・シュレイバー , ジェイミー・ベル , イーベン・ヤイレ , ミア・ワシコウスカ

<ストーリー>
1941年。ドイツ軍に侵攻されたヨーロッパの小国ベラルーシで、ナチスによって両親を殺された、ビエルスキ兄弟は、とりあえず、森に逃げ込む。森の中には、同じように、逃げてきたユダヤ人たちが集まってきて、次第にその数は増え、ついには、共同体を作り上げてゆくのだが・・・。

<感想>
ナチスのユダヤ人迫害に抵抗した、実在したユダヤ人兄弟の物語です。

幸せな生活を送っていたであろう、ベラルーシのユダヤ人たちは、1941年、国がナチスドイツによって占領されたために、殺されたり、ゲットーに送り込まれたりして迫害されていました。
その時、ナチスの手を逃れた人たちは、森に逃げ込み、集団自衛をしながら、生き延びたのでした。

最初は、ビエルスキ兄弟のように、家族単位だった人々が、森の中で次々とまとまって、大所帯になってゆくのは、やはり当然のことだったでしょう。もしかすると、宗教的な考え方もあったのかもしれません。
でも、その数も、こんなに増えてしまっては、簡単に身動きも取れず、食糧補給も、どんなに大変だったことか・・・。
そのリーダーとなったトゥヴィアの苦悩は、さぞ大きなものだったことでしょう。
こういう、極限状態は、指導者としての力量が真に問われる時でもありますね。

とても感動的な話で、しかも、キャストも、なかなか豪華です。
でも、ちょっと話としては、地味ですかねーーー。
実話だから仕方がないけれど、最初から最後まで、苦しいことばかりが続きます。

主演のダニエル・クレイグは、最初、ユダヤ人に見えるかなぁと思っていましたが、見ているうちに、ぴったりに見えてきました(^^)。
悩める指導者を好演しています。

彼の弟・ズシュ役は、リーヴ・シュレイバー。
彼がねぇ、最初、ウルヴァリン(X-MEN)の兄・ビクターに見えてしまって、いつ変身するのかと、なんだか内心ハラハラしてしまいました(^^;。
森の中だし、顔つきもそのまんまだったし・・・(^^;。あちらを先に見てしまったので、仕方ないですかねぇ(^^)。
前半は、ずっとその思いがつきまとって、苦労したのですが、後半は、何とか克服。
ラストは、感動に酔いしれました(^^)。

そして、最初は、まだ子供子供していて、頼りなかった三男のアザエルの成長ぶりにも感動しました。
やっぱり、男の子は、父や兄の姿を見て、立派に成長するんですね〜。
演じたのは、「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル。
彼も、なかなかよかったです。

そのアザエルの恋人役には、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが出てました。
やっぱり美人で目立ちます(^^)。

実は、彼ら兄弟の現代の評価は、様々だそうです。
確かに、多くのユダヤ人を救った英雄ではあるのですが、
映画の中にも、少し描かれていましたが、
彼らの物資源となった近隣の農家にとっては、強盗団のような集団でしょうからねぇ。
1200人もの人を抱えてしまうと、食料だけでも、毎日大変だったろうと思います。

でも、冒頭に、殺されてしまっていた彼らの両親は、この兄弟の活躍する姿に、きっと誇らしい思いを感じたに違いありません。(2010,06,26)



シネマチェックトップへ