シネマチェックトップページ50音別indexハ行index 


武士道シックスティーン      


2010年 日本
青春・スポーツ   

<監督>古厩智之
<キャスト>成海璃子 , 北乃きい , 堀部圭亮 , 板尾創路 , 山下リオ

<ストーリー>
剣道の道場を持つ父に鍛えられながら育った磯山香織(成海璃子)。彼女は、中学時代、剣道の試合で、格下相手に負けたことがあった。そのことが忘れられず、わざわざ相手と同じ高校に入学した。その時の相手が、西荻早苗(北乃きい)。しかし彼女は、勝ち負けにこだわらないお気楽な女の子だった・・・

<感想>
原作は、「ストロベリーナイト」の誉田哲也。
彼の作品は、「ストロベリーナイト」しか読んだことがなかったので、
こんな青春小説も書くんだ〜〜!と、びっくりしました。
だって、「ストロベリー〜」は、すごく強烈な作品だったから・・・(^^;。

映画の方は、若手女優対決です(^^)。
二人とも好きなので楽しめました。

北乃きいが演じるのは、ごく普通の女の子。
部活に剣道をやっているって言うのが、ちょっと硬派な感じがするぐらい。
とっても可愛くて、好感度がますます上がります(^^)。

方や、成海璃子は、怖いのよ〜(^^)。
剣道一筋に育ち、少しの妥協も許さず、おりゃ〜〜!!!!と、迫ってきます。
この迫力が、またすごくて、思わず笑ってしまうほど(^^)。

二人のこの対称性が楽しかったです。
その他にも、女の子としての楽しみを全く知らずに育ってきた成海に、
北乃が、女の子っぽい遊びを教えるところも、可愛くて好きでした。

ただ、前半と後半のつながりの所の、ストーリー展開が不自然で、
どうして急に?!みたいな箇所があって、気になりました。
もうちょっと丁寧に描いて欲しかったな。(2011,04,23)



シネマチェックトップへ