シネマチェックトップページ50音別indexハ行index 


パレードへようこそ      


2014年 イギリス (PRIDE)
伝記・コメディー   

<監督>マシュー・ウォーチャス
<キャスト>ビル・ナイ , イメルダ・スタウントン , ドミニク・ウェスト , パディ・コンシダイン

<ストーリー>
1984年、サッチャー政権下。不況の英国では、炭鉱の閉鎖が決まり、炭鉱夫たちのストライキが続いていた。それを知ったゲイのマーク(ベン・シュネッツァー)は、炭鉱夫たちを助けようと募金を募り、労働組合に送ろうとするが・・・。

<感想>
イギリスで実際にあった実話だそうです。

ゲイということで迫害を受ける身である彼らが、仕事を奪われようとしている炭鉱夫のために、募金をする話です。
ゲイと炭鉱・・・なんだかとってもミスマッチなイメージなのですが、見ている内に心がぬくぬくして、元気になれる映画でした。

ゲイであることで、他人から白い目で見られたり、時には、理不尽な暴力を振るわれる彼ら。
そんな彼らであるからこそ、人の痛みを感じることが出来るし、何か役に立つことは出来ないものかと、奔走するのです。
しかし、そんな彼らの熱い思いを受け入れてくれる炭鉱はというと・・・なかなか、ないのが現実でした。
その後、少々の誤解はあったものの、炭鉱の労働組合とつながりが出来ても、またそれからが大変なのでした。

それにしても、イギリスの女性はすごい!(^_^)。
かつての「カレンダー・ガールズ」とか、「やわらかい手」など、女性の強さや、何事にも一生懸命な性格を描いた名作を思い出しました。
最初は、ぎこちなくても、一つの壁を越えてしまえば、みんな、頼もしく、やさしい人たちなのでした。

見終わって、心が浮き立つような、いい映画でした。(2016,11,13)



シネマチェックトップへ