獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-147

Re:Re:Re:猫粉瘤の治療について(2)
投稿日 2007年9月21日(金)10時09分 投稿者 プロキオン

粉瘤の部位をすべて切除するといことであれば、おっしゃられているとおり、小さいうちの方が侵襲は少ないことになります。
逆に、「切る」という意味が粉瘤に少し切れ目を入れて、内容物を出すということであれば、あまり小さいうちでは目的をはたすということにはならないと思います。

おそらくは、前者の方の意味でのことだと考えられますが、獣医師からみると、あまり積極的に手を加えなくてもとくに問題とならないものという認識なのだと思います。
美容整形としてであれば意味がありますが、病気の治療という概念からは少し外れている範疇になるという受け止め方ですね。何が何でも切らなくてはならないとは考えていない、何かのおりにでもという感じでしょうか。

この掲示板では検索機能を使うことができますが、キーワードを「毛包上皮腫」で検索すると同じような質問が出てくるはずです。
似たような話でしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。