獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200710-37

安楽死>めぐみさんへ
投稿日 2007年10月5日(金)10時32分 投稿者 チーママ

どうか、いけない事をしたとは思われませんように。
死を受け入れることは、とても難しい問題ですので。
ただ、「つらいだろうけれど、もっと違う選択肢があったのに。そうすれば今のような後悔はしなくて済んだだろうに。」と思っていただければ良いと思います。

今の世の中、なかなか生死を身近に感じることが出来ずらいものです。
先日私は愛兎の最後を看取りましたが、老衰ならともかく、若い月例で死に行く姿を見守るのは、大変つらいものがあります。特に、もう救えないとわかっている命が消え行くのを見続けるのは、慣れるものではありません。
それでも今までの経験から、多少は「死を受け入れること」が出来る様になったから、「愛するゆえに、最後まで一緒に添って、死と戦ってあげたい」という気持ちが強かっただけです。

ご友人にとって、「死」は恐怖の対象だったのでしょう。
人により、同じものに対しての「恐怖の度合い」は違ってきます。
担当獣医師が、安楽殺についてどのように説明したかによっても、道は違ったかもしれません。今は動物医療にも、ターミナルケアはありますから。
願わくは、御友人が自分の決断で手にした結果を良く見つめて、本当ならどのような道があったのかを考え、愛犬が教えてくれた生死というものを、より良く理解してくださいますように。そのための励ましと、後押しをしてくださいますように。
愛犬の死を無駄にしないためにも、その子を心から供養し、教えてくれた事をこれからの人生に活かしてくださることを、心から願っております。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。