獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-201004-41

Re:猫の移動について
投稿日 2010年4月23日(金)09時13分 投稿者 けりーずはうす

こういった車の移動の問題については、犬ではよく相談を受けますが猫ではあまりありませんので、なかなかレスがつかないようですね。

まず、何のための移動なのですか?
飼い主さんがご実家などに帰省されるためですか?それとも猫の病院のためですか?
犬でも猫でも、移動した先に楽しいことがあるのか、嫌なことがあるのかでその途中の行程の気持ちは違うのではないでしょうか。

さて、以下は犬でご相談がある場合の対処法です。
「猫は小さい犬ではない」と言われていますが、猫でも行動学については同じようなことが言える部分もありますのでご参考までに。
まず、車は楽しい場所だと教えます。
そのためには、車の中で好きな食べ物を与えます。おやつでもいいでしょう。
この時にエンジンはかけません。
最初の頃は、不安がったりまったく食べ物に見向きもしないかもしれません。
その場合は不安より「欲しい」が打ち勝つようなおいしい食べ物にしてみましょう。
5分程度の短い時間から始めるのでいいのですが、とにかく間を空けずに毎日続けてください。
ゆっくり、落ち着いて食べられるようになり不安な行動を見せなくなったら、エンジンをかけます。
しかし、まだ車を動かしません。
エンジンをかけても同じようにリラックスできるようになったら、今度は車を駐車場内だけで行ったり戻ったりしてみます。
これも大丈夫になったことを確認し、ご近所を一周(5分以内で戻れる程度がいいでしょう)してみてください。
あとは、様子を見ながら徐々に距離を伸ばしていってください。
(犬の場合はこの段階で公園やドッグランなど車に乗って楽しい思いをさせるようにすると、車へのならしはずいぶん早まります。)
この馴らしの期間は様々です。2−3ヶ月以上かかっても不思議ではありません。
あせらず、ゆっくり行なっていただくことがポイントです。

またその前に、できれば犬で言う「クレートトレーニング」を家の中で済ませておくともう少し楽になるかもしれません。
所謂キャリーケースを移動の時だけでなく、家の中でも時々出してきて猫をそこに入れ
その中ではおやつを与えるようにすれば
キャリーケース=車という概念がなくなります。
逆にキャリーケース=安心となれば、車への馴化トレーニングは早くできると思いますよ。
本能的に猫は暗くて狭い場所が大好きです。
ダンボールを出しておいたり、押入れやクローゼットには入りたがりますよね。
その心理を利用すればいいのです。
キャリーケースをしばらく出しっぱなしにし、ドアを開けておけば猫は好奇心を抑えられずに
必ず入り込みます。その時に、おやつがあれば、もっと積極的に入るようになるでしょう。
あとはしばらく放置しておけば、新しい寝床として利用する猫もいますから。
そうなったら、時々ドアを閉め、さらにおとなしい様ならおやつを入れてあげます。
ドアを閉めたままでも不安がらないようになってから車に移動していけばいいと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。