獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-15

アドバイスありがとうございました
投稿日 2006年4月6日(木)20時16分 投稿者 朝子

猫舌さま
こんばんは アドバイス有難うございました
今までは主人の前でしか父猫が子猫の首筋を噛むといった行為はしていなかったものですから 主人の話を聞くだけでしか様子が分らなかったのですが 昨日目撃してしまいました。
子猫の鳴き声が聞こえたので 少し離れた所から見ていたのですが まず首根っこに噛み付き床に押さえつけ、その後子猫を抱え込むようにして自分のお腹の方に寄せながら父猫も体を横にするといった感じで その動作の間 子猫の首筋から口を離しませんでした。その間子猫も鳴きっぱなしです。母猫はそばで見ていました。とりあえず どういう状況からその様な行為に発展するのか見極めたいと思い 子猫と父猫を一度離して様子を見ていましたが 子猫がじゃれる時に噛み付くなどの行為をしなくとも父猫は噛んだりしています。ただ 噛まれた方の子猫たちは噛まれている間は鳴きますが 離れたとたん父猫の方によっていきます。怖がっている様子はありません。

今回が最初で最後の出産と考えておりますので今月に父猫の去勢、(本来は交配後すぐにするべきだったのですが泌尿器科系の病気になってしまい 体調が整うのを待っておりました)来月に母猫の避妊をする予約をホームドクターに入れております。


プロキオンさま

こんばんは アドバイス有難うございました
父猫は間違いございません。完全室内飼いで男の子は父親だけです
2匹共に獣医さんのところに行く以外は外に出たこともありません

ライオンが赤ちゃんを・・・と言う話は以前テレビで拝見した事があります
それは衝撃的でよく覚えており、今回の話を主人に聞いた時、頭に浮かんだのも事実です
ですので 正直 現在は私のほうが神経質になっています

>父親と見られる猫が、生まれた子猫達を自分の子供と認識しているか
否か
これは・・・なんと言っていいのか。
子猫たちに関してはグルーミングをしてあげたり まだ小さな時分にはオシッコの面倒も見ていました。母猫もその様子を黙って横になってみていたので大丈夫だと思っていましたので 特に止めさせるなどはしませんでした
ただ 最近は無関心とも言えるような気がします

とにかく これからも気をつけて様子を見ていき 父猫の態度によっては子猫を手放す事も視野に入れていこうと思っております

ありがとうございました

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。