獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-16

回答ありがとうございます
投稿日 2006年4月6日(木)21時11分 投稿者 ももふぁみりー

けりーずはうすさん、ご返信ありがとうございます。
またお返事遅くなってすみません。

あれから毎日とりあえず精清水で傷口を洗って様子をみていました。
部屋のそこら中が膿のシミだらけになってしまいました(-_-;)
最初はカラーをつけていたのですが、膿んでない方の臭腺のこともあったので「ええい、もう外して舐めさせてしまえ!」とカラーをはずして様子をみていました。w
最初のうちは破裂して中身が赤々して「これ本当に大丈夫かしら・・・・」
とすごく不安だったのですが薬を飲ませているのもあるのか傷が徐々に小さくなって治ってきているように思います。

以上のこと、そしてずっととても元気で食欲も満々なので、やはり只の肛門嚢腺の化膿だと思います。w
しかし今まで10年ほどで5匹猫飼ってきましたが、こんなことなったことがなかったのですごく驚きました。
ありがとうございました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。