獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200005-13

最近の動物看護士について
投稿日 2000年5月4日(木)18時00分 ドクターV

私は、病院を経営している獣医師として、皆さんのご意見を拝見させていただき。いろいろな考え方があるのは大変良いことだと思います。しかし、動物看護の仕事に従事する者、特に新人の動物看護士は今の時期に音を上げているようではとてもこの先、この仕事を長い間続けていくのはおそらく無理ではないかと思われます。皆さんもご存じの様に、我々獣医師は飼い主が病気の動物を連れて病院に来院されれば、それがたとえ休日であろうが、深夜の何時であろうと診療を行う義務があるのです。今日は疲れたから診察しないなどとは言えない職業なのです。この様な、休日もあってないような過酷な小動物の診療が毎日行われる場所が皆さんがお勤めの動物病院なのです。このような認識が欠落して動物病院に就職される動物看護士の新人がこの2 3年とても多く見られるように思います。これは、病院勤務についての認識の甘さに他なりません。病院に勤務して1 2ヶ月たらずの動物看護士は、それこそその病院で覚えなければならないことは、沢山あるのは当たり前だし、今一生懸命頑張らねば一体いつ頑張るのでしょうか。体力的にきつくて疲れるのは、人間誰でも当たり前です。皆それを乗り越えて、ベテランの動物看護士として飼い主に信頼され、その病院になくてはならない存在になられている方々が沢山いらっしゃること忘れないでください。よい動物看護士の要素は、何にでも興味を持ち、向上心があり、積極的で、自分を犠牲にでき、周りの者がこの人に任せておけば大丈夫と思われる人間に一歩でも近づけるように、努力できる者になることです。この様な考え方をもたれていかれないと、将来の動物看護士の前途は決して明るくはないことをご忠告いたします

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。