獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200005-57

安楽死
投稿日 2000年5月23日(火)18時48分 富士

私は獣医関係者ではありませんが、動物業に関わっていました。

うちの猫は、猫エイズ+癌をわずらって、7才で生涯を閉じる
まで、治療費だけで150万以上かかりました(1ヶ月で20万かかっ
た時もあります)中には、借金してまでペットを通院させるかた
もいるそうです。そのような先の見えない治療の場合、飼い主
さんが安楽死を選ぶのも、仕方のないことだと思います。
(これはペットに保険がない+治療費が高いのも原因ですが)

近所に、90になる女性がいるのですが、そのかたは自分が
寝たきりになり、なにもできなくなったら飼っている猫は、
安楽死してもらうように、かかりつけの獣医さんに、たの
んであるそうです。「誰かが面倒みてくれるだろう」という
甘えは、結果的に猫を不幸にすると。自分が飼った以上は、
自分が猫へ責任を持ちたいと。

私にはまねできませんが....けれど、そこまで考える意識が、
日本のペット飼育には欠けていると思います。
「手術がかわいそうだから、避妊/去勢しない」
「病院に連れていくと鳴くし暴れてかわいそう」
「捨てれば/生まれれば誰かもらってくれるわ!」

「かわいそう」という発想は、みなさんが言うように、
間違えればもっと不幸な結果をまねくと思います。
日本では飼い主の「かわいそう」発想のしわよせが、
獣医さんや保護ボランティアに来ているのではないでしょうか。
保護ボランティアのところに犬を捨てていく人は後を絶ちません。
どこのボランティアも経済的にも限界を超えて保護しています。
かといって、保護した犬を見捨てることなんて、できません。
人の優しさに甘えて、自分はしらんぷりなんて卑怯だと言わざる
えません。

「他人まかせ」「無責任な」「生かしかた」をするなら、自分の腕
の中で安楽死をさせて、見届けるくらいの「命に対しての責任」を、
持つ飼い主さんが、増えてほしいですね。
命を助けるためにしているお仕事で、死を選択させるのは、辛い
ことだと思いますが、今よりその動物が不幸になるなら、安楽死
も必要だと思います。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。