獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200005-56

安楽死の問題
投稿日 2000年5月23日(火)17時27分 林 文明

開業獣医師の林です。
安楽死の問題が出たので、少し意見を述べさせてもらいます。
すでにテクニシャンの方々はおわかりのことだと思いますので、特に新人テクニシャンや
飼い主さん、動物好きの方へ。
実は当院(私)では5ー6年前まで全ての安楽死を行っていませんでした。
一度飼育した動物は家族であり、人間のエゴだけでその命を絶ちきるわけにはいかないと考えていました。
病気の末期で飼い主さんの要請があっても当院は治療のみで、本当に安楽死を希望するなら
退院してもらっていました。
しかし、近年この考え方を変えました。
もちろん、飼い主さんのわがままだけでは安楽死はしません。
近年腫瘍疾患をともなう老齢疾患が増えました。
そしてかなりの苦しみ、痛みを伴う病態末期で来院される方も増えています。
そんな状態を放ってはいけないと思いました。
もちろん、飼い主さんとは充分に話し合いをし、飼い主さんの家族でも
よく話し合いをしてもらいます。
その結果が安楽死ならば、治療の1つのオプションとして選ばれるのなら、
それは飼い主さんのためでもあると考えたからです。
臨終の場では飼い主さんも一緒に立ち会いの元、注射を行います。
それは、悲しいシーンです。
しかし、それも仕事であり、飼い主あっての動物です。
みんな(スタッフも飼い主さんも)、つらい思いで仕事をするときがあります。みんなその場面に遭遇し、いろんな事を考えます。
この仕事、"ただ動物がかわいいだけ"では続けられないことを承知してください。
医者には許されない、唯一の選択肢である安楽死は獣医師だけに認められているものです。
常に慎重にやらなければならない治療、最終手段が安楽死と私は考えます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。