獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-60

難しい問題
投稿日 2002年1月31日(木)01時11分 青衣の天使

シッポナさんへ。
何はともあれ、オペも無事終わり良かったですね。
猫ちゃんの快復をお祈り申し上げます。

さて、
話題になっている野良猫の問題ですが・・・
難しい問題ですよね。ずっと昔からこの問題に取り組んでこられた方は多く
各地でボランティア団体も発足し、活動されている努力には頭が下がる思いです。
何十年も前からこの問題に取り組んで来られた方々が色々と貢献しているにも関わらず
問題解決の糸口が見つからないのも事実です。
悩める獣医師さんのさくらさんの自問自答に苦しむ気持ちは、
この問題に直面する人たちが抱える苦悩・問題だと思います。

今、愛猫は膝の上でスヤスヤと眠っています。
この子の過去は、捨てられていた子猫でした。
我が家では親の反対で室内飼いは出来ないので、庭や車庫で暮らして居ますが
たまにコッソリと、このひと時を楽しんでいます(笑)
この安らぎ。生命が与えてくれる安らぎなのでしょうか?

以前、一例だけ病院で世話してる子が居ると書きましたが・・・
骨盤骨折でオペをして病院の子になったのが一例であって。
捨てられた、持ち込まれた、里子の猫は私が勤めてからでも何頭か病院の子になっています。
うちの病院では、里親探しは2週間という期間を設けて預かり、見つからない場合は
飼い主に返す(ポスターなどはOK)
というマニュアルになっています。が・・・
実際には引き取りに来てもらえなかったり、子供が連れてきた為、返せなかったり
様々な理由で長期預かりでの里親探し、最悪は病院の猫になってる現状です。

命を絶つ(安楽死)をさせるべきなのか、賛否あると思います。
病院の中で一生を過ごすことが果たして猫にとって良いことなのか?
暇な時期はいいですが、忙しい時期には患者優先になるので手をかけることが出来ません。
うちの子には手をかけるな。患者優先という院長。場合によっては安楽死を考えなくてはいけないのでは?
と問い掛けられては、私たち・勤務医たちは軽く言葉を交わして逃げる。
院長の言うこともわからなくはありません。医療費を払って診察に来る患者さん。
うちの子たちの世話の為に、患者を待たせたりするのは間違いです。(理屈的に)
患者さんが払ってくれる医療費で私たちの給料があるわけで、本来の業務。
心無い人たちの尻拭いを、心有る患者にまで及ぶことになるのです。
直接的でなくても、間接的に。
野良(子猫)を院内に増やすことは、院内感染の危険を増やし(伝染病の可能性もあるから)
本来なら医療機器などに使う経費を少なからず野良に使うことになるわけで
どんどん病院猫が増えれば、病院の危機に繋がります。
それでは善良な患者さんに申し訳も無い。
ギリギリの線でどうするのか?避妊・去勢して野に放つ案・・・
ボランティア団体の中には、避妊・去勢して野に放つ活動のところもあると聞きます。
一代限りだから、仕方ない。そうなのかも知れません・・・
が、エイズなどの伝染病のことを考えると伝染率上がるのでは?という疑問にも。

かわいそうだからと猫を増やし、面倒をちゃんと見れない状態となり・・・
(中にはソコを狙って捨てる人も居て)ニュースになったりすることも。
それなりの環境下で育てるには、けっこう費用もかかるものです。
だから、私も無責任にその時の感情だけで増やすことをしていません。
自分の出来る範囲で、巡り合えた。この子だけを我が家に迎えました。
もう1頭、兄弟も居ましたが、その子も迎え入れることは出来なかった。
かわいそう。その感情が、逆にかわいそうな生活に繋がってしまわないように。

とりとめもなく書いてしまいました。
何が言いたかったのか?
自分でも答えが見つかっていません。
なぜ捨てるのか?という原点に戻ってしまうのかも知れません。
愛猫は♂ですが、外での生活の為、早い時期に去勢をしました。
我が子が外で子孫を増やさないよう。不幸な猫が増えないように。
たぶん、この問題に取り組まなければならないのは、
ココには決して集まらない人たちでしょう。
ココに集まる人たちは、考えは違えど、求めているものは同じなのだから。









◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。