獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200202-5

看護士の立場で出来ること
投稿日 2002年2月2日(土)23時50分 青衣の天使

シッポナさんが言っているように、意識を換えさせるのは難しいことだと思います。
しかし、看護士として出来ること。それは意識を換えさせてあげることだと思います。
猫に手術を施す協力をすることも、もちろん出来ますが
看護士としてしなければならないことは、理解を深めることだと思います。
最初は責任が自分に降りかかり、困惑する拾った人もいるでしょう。
しかし、それを面倒見る方向へ。避妊や去勢をする方向へもっていけるのは
私たちの責務ではないでしょうか?
確かに、とても難しい。しかし、根本を換えていかなければならいないと思います。
1人を教育(意識改善)することによって、その人が別の人の意識を換えてくれるかも知れません。
意識改善がドンドン広がれば、野良も必然と減るでしょう。
そんなこと待ってられないと思うかも知れません。
でも、それが出来ないから、永遠に続いてるんではないでしょうか?

野良の問題以外でも、治療に非積極的な飼い主も居ますよね。
そんな人に治療の必要性を理解してもらうのって大変ですよね。
でも、勧め方ひとつで、治療する方向に換えることも出来るんです。

話をして、理解してもらうこと。とても難しいし、根気も必要です。
猫を捕まえてオペすることよりも、大変だと思います。
でも、1人でも意識を換えることって、大切だと思います。
理解をしてもらう為には、色々と自分が知っていなければならないことも多い。
私はまだ数年の看護士です。ひよっこです。
十数年のシッポナさんの何分の1しか苦労も経験していないでしょう。
今居る子を捨てておけって言いたいんじゃないんです。
今居る子。目の前の子。とっても大切だと思います。
でも、未来の子の為に、理解を深めるのも大切だと思うんです。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。