獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200306-97

aiさんへ
投稿日 2003年6月12日(木)21時18分 パールちゃん

以前うちで飼っていた猫は犬ととてもなかよしで、いつもいっしょに遊んでいました。
ある日、ほんのちょっと遊びの度が過ぎ、犬との追いかけっこの途中で猫は心不全を起こしてしまいました。
健康な猫だったのですが、ホントに突然、心臓が止まってしまいました。
すぐにかかりつけの病院に駆け込みました。
先生は強心剤投与と心臓マッサージを施してくれましたが猫は蘇生しませんでした。
私も気持ちの半分はもうだめだろうと思っていました。が、あとの半分でもしかしたらと願っていました。
先生のしてくれた処置はおそらく、飼い主の私が「やるだけのことはやった」と思うための、
先生の思いやりからの処置だったのではないかと思います。
最初に見たときから先生はもうこれはダメだと思ったようでした。
でもVTさんはあきらめませんでした。
「先生、もう少しやらせてください」と再び心臓マッサージを始め、
「ノワちゃん、しっかり、ノワちゃん、帰っておいで」と猫の名を呼び続けました。
誰の目にももうだめだとはっきりわかる時間が経過し、VTさんは心臓マッサージの手を止めました。
そしてやさしく猫を抱き上げて「ごめんね」と頭をなぜてくれました。
私はただただVTさんのやさしさがうれしく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

そんなVTさんに、aiさんもなってください。
辞めるのは簡単です。VTという仕事が嫌いになったら辞めればいい。
でもVTという仕事が好きなら辞めてはいけない。
私たち飼い主はひとつひとつの命をしっかり受け止めるVTさんでいてほしいと願っています。
経験をたくさん積んで命の重さを知り、
動物にやさしく、飼い主の心の痛みのわかる、VTさんになってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。