シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


インターステラー      


2014年 アメリカ (INTERSTELLAR)
アドベンチャー・SF   

<監督> クリストファー・ノーラン
<キャスト>マシュー・マコノヒー , アン・ハサウェイ , ジェシカ・チャステイン , エレン・バースティン , マイケル・ケイン , ジョン・リスゴー , ティモシー・シャラメ

<ストーリー>
環境汚染によって、地球の寿命が尽きかけている近未来。人類は、新たな居住空間を他の惑星に求めて、宇宙を調査していた。その調査隊に選ばれたのは、元パイロットのクーパー(マシュー・マコノヒー)や、アメリア(アン・ハサウェイ)たちだった・・・。

<感想>
インターステラー(interstellar)とは、「星と星との間」(ハイパー英語辞書)という意味だそうです。
その題名通り、この映画は、人類を救うために、”星と星との間”を旅する人たちの物語です。

何しろ監督は、「メメント」「インセプション」 のクリストファー・ノーラン監督。
宇宙理論や、物理的、観念的、時空的なことなどは、いたって難しく、ぼーっと見に行った私には、なかなかハードルが高くて大変でした(^_^;。

でも、そこは映画。
ワームホール、ブラックホール、そしてその地平線!!!などなど、難しい理論も、映像として映し出されると、何となく分かったような、そして、ちょっとだけ頭がよくなったような気がして、知的興奮らしきものが得られたような気がします(*^o^*)。

そういった宇宙的な規模の話の元になっているのは、人類にとって普遍的なものである親子愛です。
だから、たとえ、難しい話を全てスルーするとしても、その点に関しては、誰もが実感し、感動が得られるのではないでしょうか。
そのあたりが、天才でありながら、凡人にも楽しめる映画を作ってくれるノーラン監督のすばらしいところですね〜(*^o^*)。

はじめは、彼ら親子の前に奇跡のように現れた座標に対して、どうしてよりにもよって彼ら?
と、疑問も感じたのですが、全て見終わってみると、これは、結末から遡(さかのぼ)っての物語だったのかなと、思えてきました。
彼らの身に起こったことや、彼らの取った様々な決断の最終的な結末の理由が、そう考えると、よく分かります。

未知なる宇宙の話で、色々面白いところがありましたが、一番印象的だったのは、時間の長さの違い。
地球上では、考えられない現象なので、とても意表を突かれたし、恐ろしかったし、話としてとても面白かったです。 (2014,11,22)



シネマチェックトップへ