シネマチェックトップページ50音別indexカ行index 


キック・アス ジャスティス・フォーエバー      


2013年 イギリス (KICK-ASS 2)
アクション・コメディー・犯罪   

<監督>ジェフ・ワドロウ
<キャスト>アーロン・テイラー=ジョンソン , クリストファー・ミンツ=プラッセ , クロエ・グレース・モレッツ , ジム・キャリー , ジョン・レグイザモ , ダニエル・カルーヤ

<ストーリー>
等身大なりきりヒーロー”キック・アス”のデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、再び、正義のために、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成するが、その前には、デイヴに父親を殺されたレッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)が、立ちはだかる・・・。

<感想>
へなちょこヒーローと、美少女ヒット・ガールが活躍する「キック・アス」の続編です。

かわいらしかったヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツも、ずいぶん大きくなって、もう高校生。
でも、ヒット・ガールの高校生活は、クロエちゃんの主演作「キャリー」を彷彿とさせるような疎外感のある高校生活なのでした。
でも、キャリーと、決定的に違うのは、彼女には、大人顔負けの戦闘能力があるという事。まあ、キャリーにも、違う力が、あったわけですが・・・。
それにしても、クロエちゃんは、美しく成長しました。
唇が、とってもセクシー(笑)。
アクションも、相変わらず、かっこいいです。

デイヴの方は・・・、あのコスチュームを、見ただけで笑えるけど、よく見るとハンサムボーイです。
あの肉体が、CGでないのなら、とってもたくましくなりました(笑)。

ストーリーは、この手のアクション映画の続編にありがちな、敵も味方も、数を増やしてパワーアップ。 アクションも、さらにど派手になっていました。
特に、敵方のマザー・ロシアなんかは、恐ろしく強くて、怖かったーーー(^_^;。

前作もそうでしたが、子どもには、見せられないシーンが多くて、今作も、R15指定です。
子どもが出ているのに、子どもが見ちゃいけないなんてねーーー(^_^;。

ヒーロー軍団のスターズ・アンド・ストライプス大佐を演じたのは、いつもの彼とは全く別人のジム・キャリーです。
どこからどう見ても、”ジム・キャリー”のイメージから逸脱していて、恐れ入りました。
彼が、ジム・キャリーだなんて、気が付かない人もいたのでは??
そのため、彼のシーンでは、笑っていいところなのか、それともシリアスなのか、最初、ちょっと判断に苦しんでしまいました・・・・(^_^;
ただ、ジムは、この映画が、暴力的すぎると、批判していたとか。それにしては、きっちりと暴力的に演じていたけれどね。

エンドロールの後に、ワンシーンあるので、見逃さないように。
続編、考えてるかな?(笑)。(2014,02,24)



シネマチェックトップへ