獣医師広報板トップページ獣医師と動物愛好家のコミュニケーション広場中毒リスト一覧表メニューさ行

◆「中毒リスト一覧表」について
★このページは、ハンドルネームりんママさんが個人サイト「わんだーてーる」に2004年より掲載されていたコンテンツでありますが、2012年にりんママさんより獣医師広報板に掲載することを許可され、公開しております。
★この表を他の文献や掲示板、ホームページやブログなどに転載する際は、「獣医師広報板(www.vets.ne.jp)」からであることを明記してください。

中毒リスト一覧表
お薦めリンク 植物の画像など詳細をお知りになりたい方は
岡山理科大学生物地球システム学科植物生態研究室(波田研)
植物雑学事典」をご参考下さい。 リンクは別窓で開きます。
波田ゼミ植物雑学事典
毒とは あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や〜ん行

名前 科名 部位 成分 症状 備考
ザゼンソウ サトイモ科 全草 蓚酸カルシウム結晶など、詳細不明 生汁は皮膚炎、かぶれ水疱  
サワギキョウ キキョウ科 ロベリン 下痢、嘔吐、虚脱、血圧下降、意識障害、呼吸中枢麻痺、重症では死亡 水田、湿地などに野生。
ジギタリス ゴマノハクサ 全草 強心配糖体 嘔吐、不整脈、頭痛、めまい、耳鳴り、重症の場合心臓機能停止  
シキミ シキミ科 全株(樹皮、葉、果実) アニサチン、シキミン、イリシン 嘔吐、下痢、呼吸困難、血圧上昇、眩暈を起こして深く眠る、癲癇様の痙攣 仏前に供える花で身近にある樹木で痙攣毒。ツルシミキは別品種。
シクラメン サクラソウ科 塊根 サポニン配糖体 嘔吐、胃腸炎  
ジャーマンアイリス アヤメ科       アイリス類参照
シャクナゲ ツツジ科     嘔吐、下痢、呼吸困難  
シュウカイドウ シュウカイドウ科 茎、根 シュウ酸 茎葉を多食:胃腸のタダレ、強い下痢や痙攣をおこす。血液中のイオン組成を乱す。 根にはサポニン系のベゴニンを含む。
シュウメイギク キンポウゲ科   プロトアネモニン 胃腸障害 家畜の中毒事故が多く、牛草への混入
シュロソウ ユリ科 根茎 ベルトムアルカロイド 嘔吐、手足のしびれ、脱力感、けいれん、重症の場合意識不明  
シロタマゴテングタケ テングタケ科 全茸 アマトキシン類(アマニチン、ファロイジン、ビロイシン等々 嘔吐、腹痛、下痢、肝臓腎臓の機能障害、脱水症状、昏睡、致死率が高い コレラ様症状
スイートピー マメ科        
スイセン ユリ科 全草、特に球根 リコリン 嘔吐、下痢、血圧低下、中枢神経麻痺  
スギナ          
スズラン ユリ科 葉、根 コンバラトキシン、コンバロサイド:強心配糖体 嘔吐、頭痛、めまい、視覚障害、血圧低下 春の新芽がギョウジャニンニクと似ているので誤食。
ストレリチア バショウ科       ゴクラクチョウカ参照
セイヨウイチイ イチイ科       イチイ参照
セイヨウキヅタ ウコギ科       アイビー参照
西洋ツツジ ツツジ科       アザレア参照
センニンソウ キンポウゲ科 全草、茎葉の汁液 プロトアネモニン:配糖体 呼吸困難、心臓麻痺、皮膚に水疱 誤食するケースはほとんど無い。
ソテツ ソテツ科 全株 サイカシン:配糖体 食すると体内の酸で分解されホルムアルデヒドを生じる。  
(2005.10.20)公開
◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。