シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


アメイジング・スパイダーマン2      


2014年 アメリカ (THE AMAZING SPIDER-MAN 2)
アクション・ファンタジー・アドベンチャー   

<監督>マーク・ウェブ
<キャスト> アンドリュー・ガーフィールド , エマ・ストーン , ジェイミー・フォックス , キャンベル・スコット , エンベス・デイヴィッツ , ポール・ジアマッティ , サリー・フィールド

<ストーリー>
スパイダーマンとして、活躍するピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、恋人グウェン(エマ・ストーン)とも、楽しい毎日を過ごしていた。そんなある日、10年ぶりに幼なじみのハリー・オズボーン(デイン・デハーン)と再会するが、ハリーは、ある病を発症していた・・・。

<感想>
時間の関係で、3Dを見ることが出来なくて、残念でした。
でも、これを3Dで見ていたら、酔っちゃったかもしれないからと、ちょっと負け惜しみ・・・(^_^;。

相変わらず、市民の安全を一身に背負って、悪と戦っているスパイダーマン=ピーター・パーカー。
ビルの間を飛び回る彼は、ただ飛んでいるだけでなく、いろいろ曲芸まがいなこともしたりして、本当に楽しそう。

そんな彼は、今回、小物のアレクセイ・シツェビッチから、エレクトロ・マックス・ディロン、そして、ピーターの幼なじみのハリーまで、3人の敵と戦うので、大忙しです。
原作のアメコミを、3作分ぶち込んだって感じでしょうか??

エレクトロは、全身電気体なので、始末に悪く、スパイダーマンも、手を焼いてましたが、映像的には、綺麗だったし、迫力もありました。
戦いの後、電気が速やかに復旧しちゃうのは、ちょっとアレでしたが・・・。

また、幼なじみの、ハリーの病気と、変身後の彼が、いったいどうなってしまったのかが、イマイチついていけなかったのですが、ハリーを演じたデイン・デハーンが、いかにも悪ガキっぽかったので、敵役がよく似合ってました。

今回は、敵と戦いながら、グウェンとラブラブ→その後の確執もあったりして、ピーター・パーカー、忙しい上に、ちょっと、かわいそうでした。
しかもラストには・・・・・・!?(T_T)。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは、細くて、弱っちこそうなのに、脱ぐと意外に筋肉がついていて、そのギャップで、クラッとしてしまう女性ファンも多いのでは?
私は、彼の、気弱げな困ったような笑い顔が好きですが・・・なにか??(笑)

ピーターの父親に関する謎も分かってきたので、前作を復習してから見て好かったです。彼が使っていたPCは、ソニーのVAIOでしたが、それも、もうなくなってしまうのね・・・さみしいな。

エンドロールには、いつものように、何かのオチがあるのかと思っていたら、なんと、”X”の予告編でした。 まあ、商魂たくましいこと!(2014,05,10)



★アメイジング・スパイダーマンシリーズ★
2012年  アメイジング・スパイダーマン
2014年  アメイジング・スパイダーマン 2



シネマチェックトップへ