シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


アメイジング・スパイダーマン      


2012年 アメリカ (THE AMAZING SPIDER-MAN)
アクション・ファンタジー・スリラー   

<監督>マーク・ウェブ
<キャスト>アンドリュー・ガーフィールド, エマ・ストーン, リス・エヴァンス, デニス・リアリー, キャンベル・スコット, イルファン・カーン, マーティン・シーン, サリー・フィールド

<ストーリー>
幼いときに両親と別れ、叔父夫婦に育てられたピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、同級生のグウェン(エマ・ストーン)に、好意を寄せていた。そんなある日、父親(キャンベル・スコット)の鞄の中から出てきた書類を頼りに、オズコープ社のコナーズ博士(リス・エヴァンス)を訪ね、実験中の蜘蛛に噛まれてしまう・・・。

<感想>
サム・ライミ監督と、トビー・マグワイアによって、私の中で,、そしてもちろん日本中で、メジャーとなったスパイダーマン。
今回から、監督、俳優などもすっかり新しくなって、再登場です。
もうストーリーは分かっているから、見なくてもいいかなと、チラッと思いましたが、
主演が、アンドリュー・ガーフィールド君なら、やっぱり見てみないとね(^^)。

でも、驚いたことに、前シリーズとは、ずいぶん設定が、変わっていました。
どちらが、アメコミの原作に近いのでしょう??
今度の設定は、謎めいていて、続編が、またまた楽しみになりました(^^)。

その中でも、一番驚いたのは、蜘蛛の糸の出し方。
ふ〜〜ん、そうなんだね〜。
今回の方が、納得できるかも。
でも、壊れちゃったら、ねぇ、大変よね。

そして、アンドリューの演じるピーターの切なさは、マックス級。
細身で、孤独なイメージが強い彼は、この役にとても合っています。
彼を見る時、いつもそうなのですが、悲しみとか、孤独を体の中にため込んでいるような気がして、トビーの演じたピーターよりも、さらに、寂しげに見えました。
そのため、ラスト前のクレーンのシーンは、それまでの孤立無援だった彼の気持ちを考えて、胸がキュンとなって、泣きそうでした。

今回は、3D作品なので、3Dで見たのですが、効果は、控えめでした。
予告編を見たときは、本編を見たら、3D酔いしちゃうかもと思っていたのに、そんな事は、ありませんでした。
体調が悪くならなくて良かったけど、逆に言うと、ちょっと物足りないかな。
それに、3Dは、吹き替えだけだったので、その点も、少々違和感があって、やっぱり字幕で見たかったです。 (2012,07,19)



★アメイジング・スパイダーマンシリーズ★
2012年  アメイジング・スパイダーマン
2014年  アメイジング・スパイダーマン 2






シネマチェックトップへ