獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニューTNRはいつか無くなる社会事業なのか
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんTNRはいつか無くなる社会事業なのか
2023年1月11日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:97人,コメント:47件,シェア:1件(クリック)
TNRは野外猫の数のコントロールに効果があるという人がいる。
だとすれば、TNRの数は近い将来減るわけで、獣医から見れば将来性のない仕事と言えるのかもしれない。
しかし、TNR専門診療所は増える傾向にある。
将来TNR専門診療所の先生の中には転業ないしは廃業が待っているのだろうか。
私は、永遠に仕事は減らないのではないかと想像しています。

●M.Y.さんのコメント
川村さんの仰る様に、仕事は減らない気がします。
ベルギーでは不妊去勢しないネコは飼えず、野良猫への餌やり禁止。ブリーダーのみ繁殖できますが、頭数は制限されているので、理論上は「猫の頭数が減っていく」わけですが、そんなことは誰も信じていません。

●Akio Katoさんのコメント
私も減らないと思います
手術済みの猫さんたちがいかに増えたところで
流入してくる外飼い猫、捨て猫が減らないから
もし、流入がなくなったとして
TNRが完了したら
外猫は絶滅するのでしょうか
話はそれますが、マイクロチップの件
入手ルートに関わらず必須の方がTNR収束の第一歩だと思ってます

●上野吉一さんのコメント
Natoli et al. 2006によれば、『8000頭の猫を10年以上の期間間をかけて避妊去勢を実施した。その結果、16-32%の猫の頭数は減少したが、少なくとも最初の3年はその効果が示されていなかった。また、減少はしているが予想よりかなり小さいというのが現実であった。』
『猫の新たな放棄や自然の流れで、群れへの新たな手術をしていない猫の流入が21%あり、避妊去勢した分が相殺されていた。』
とあります。
遺棄される事だけでなく、他の地域らの流入がある事などを考えると、TNRに一体の効果を認めたとしても、問題解決には遠い可能性が高いように思います。
それでも、手をこまねいているよりはという意味はあるのでしょう。
倫理的な反対論というのもありますね。

●三上 東洋さんのコメント
まったく同感です。
言い出しっぺのお国の政府機関が『TNRは意味が無い』って言って久しいのですけどね あと僕が初めてTNRなる言葉を聞いてから、かれこれ野外猫の寿命を迎える月日が経ったのですが、TNRの成果が出ていると誰が見ても頷けるキッチリしたデータは存在するのでしょうか?(←答えは分かっているのに質問口調w)

●Yuichilor Makitaさんのコメント
本件、Wikipediaにも書いてますが、やださんの緩やかなジェノサイドな意見は確かにそうだなぁですけど、閉鎖された系、確かに日本列島は周りを海で囲まれているので閉鎖された系ですけど、対象動物の猫にしては閉鎖されているとは言いにくいくらい大きいので、孤島であれば避妊去勢した緩やかなジェノサイドで絶滅させることは可能です。
また、数学的なモデルの話もありますが、二匹のつがいが六匹、オスメス比率1:1で産むとして、交尾排卵なので交尾後…と藤原さんの数理モデルと同じ根拠になり、本土では減らないことになります…あっ、前のTNRの避妊去勢での死亡率を入れると物理的に減る量はいますけど…
どちらにせよ、捕獲を掻い潜ることもあるため、捕獲頭数を増やすためのイノベーションや、技術者が増えないと例えキシケタで麻酔かけて寝てる間に手術しようではやっぱ誰にも徳がないような気がします

元発言(facebook) いいね:105人,コメント:11件,シェア:2件(クリック)
昨日、TNRは将来無くなる社会事業なのかと書きましたが、コメントの全てはなくならないという意見でした。
おそらく、なくなると思っている人もいるとは思うのですが、書きにくいのかな。
私は侮蔑が入るとブロックを検討しますが、違う意見をとやかく言ったことがない。
どうぞ、素直に御自身の意見を言ってください。
違う意見だからと言って、私が何かしたことは一度もありませんから。
何にしても、TNRの実態を知っている多くの方は、TNRという社会事業がなくなることはないと思われている。
そうなると、何の為にTNRを行うのかという問題も考えるべきではないでしょうか。
私の母は、山中のぽつんと一軒家に父と住んでいました。
私は知らなかったのですが、後年母は庭にやってくる猫やタヌキに餌をやっていたそうです。
父が亡くなり、母を引き取り、後日ぽつんと一軒家に荷物を取りに行ってみると猫もタヌキもいませんでした。
別に死骸もなかったです。
餓死を選ばず、居場所を変えたのでしょう。 私は、餌やりをする人がいなくなれば、野外動物はどこかに行くと学習しました。

元発言(facebook) いいね:63人,コメント:8件,シェア:1件(クリック)
TNRで猫が減るのかの続話です。
私がTNRという社会事業と表記すると、TNRは社会事業なのかというコメントが付きました。
私は、TNRで野外猫が激減するのなら社会事業だと考えます。
というのは、地域は猫好きの方のものだけではなく、猫が苦手な人のものでもあるので野外猫がタヌキやハクビシンのように目立たない存在になるまで猫が減少するのなら社会的意味があると考えるからです。
でも、今のところ、私にはTNRに猫減少の効果が目に見えてあるようには思えない。
餌やりをしない方が効果的に感じています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


蝶:ツマグロヒョウモン
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年4月のBest
  1. 大阪万博ペット同伴絶対反対(107)
  2. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(79)
  3. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(59)
  4. 動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる(53)
  5. 愛護芸人の言う海外とはどこのことだろ(51)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年4月期)
  1. 猫のカロリー計算(4,544)
  2. 犬のカロリー計算(3,890)
  3. 動物よくある相談(3,603)
  4. 管理人の独り言(3,600)
  5. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(3,045)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,838)
  7. 広報板カフェ(1,687)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜5月27日:オンライン
★〜6月2日:東京都台東区
★5月22日:インターネット
★5月25日-26日:神奈川県藤沢市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★5月31日:インターネット
★6月1日:和歌山県日高郡
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月10日-24日:オンライン
★6月15日:栃木県日光市
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月30日:兵庫県神戸市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。