獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー治らない病気のペットの安楽死を断られた。
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん治らない病気のペットの安楽死を断られた。
回答:KM DOG 中島かおる,木村 里江子,石上 香,オビヒロ,Youko Hayashi,伊沢 浩美,藤原 早苗,coro,neko,M.Y,岡本 忠則,杉山 健太,AT,多田 和恵,Hirohide Ohsaki,Naomi Bailey,あさの ゆかり,ネットワーカー多数
初出:2019/03/11
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
★飼育方法の質問は意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

質問:ペットが病気でもう治ることはないと言われました。我が家は生活にあまり余裕がなく、また、苦しんでいるペットを見ているのも辛いです。主治医に安楽死を申し出たのですが、主治医は安楽死をしないと断られました。どうしたらいいでしょうか。

<回答者:KM DOG 中島かおる>
迷わず意見の合う獣医さんの所へ行きます。

<回答者:木村 里江子>
自分の意見をしっかり話してそれでも納得出来ないなら、セカンド・オピニオンをするべきと思います。特に動物病院の場合は自分が納得出来なければ後々後悔しちゃうと思います

<回答者:石上 香>
先代犬の時は「安楽死も視野に入れて構わないと思う」と話してくれた掛かりつけの獣医さん。
二代目も、同様の意見を言ってくれた他の獣医師。
なので、
断る獣医はいるのかなぁ?とも思うんですが…
結果、二頭共に家で最期を看取りましたが、
苦しむのが長引きそうなら、安楽死を実施してくれる獣医を探すかも。

<回答者:ネットワーカーA>
他の獣医へ行き事情を説明します。
そして受け入れてくださるところを探します。

<回答者:オビヒロ>
『【治らない】だけで【緩和ケアをすれば、まだまだ元気】という話かもしれません。【家族全員が同意していない】という背景があるのかもしれません。そのあたりも、かかりつけ獣医師とよく話すべきです。 他の病院を訪ねるのも1つの方法ですが、、動物の状態も診ずに安楽死を了解してくれる病院は、まず、見つからないでしょう。 結果、診察・検査からスタートする事になるかもしれません。』 ぐらいでいかがでしょうか?

<回答者:Youko Hayashi>
お金重視の病院ではありえますよね。
安楽死させるとそこで終わり。
生きてる限り診療費は取れます。
私の知人は1カ月で100万近く支払い、病院を代わる様に勧めたが先生が怖いから代われないと。
そして病院代わった時には遅く、全然違う病名で1週間ほどで亡くなってしまいました。
質問の返答とはズレてるかもしれませんが不信感が有ればかセカンドオピニオンも必要かと思います。

<回答者:伊沢 浩美>
そもそも論ですが適切な医療(それが対処療法や延命措置でも)を受けさせてあげるだけのお金がない人はペットを飼ってはだめだと思います。
安楽死はそのペットの苦痛を取り除くものだけ獣医師としてはするべきかと思います。そうするのは獣医師の仕事と教わったと思うのですが。なぜやらないというのかそこを話しあうべきかと思います。

<回答者:藤原 早苗>
昨年、我が家も安楽死を考える事がありました。
先生にこのまま苦しむようなら・・・・
と相談したら、動物が望んでる事ではありません!
生きてるのに殺すとは!!そんなこと出来ませんよ!
と言われたので速攻に病院を変えました。

<回答者:coro>
ペットがどれだけ苦しんでるか、その苦しみがどれだけの期間続くのか その時の状況をみないと判断出来ませんが、家で看てあげたいと思います

<回答者:neko>
治らない病気なら最後まで安らかに過ごせるようにしてやろうとは思わないのですか!

<回答者:ネットワーカーB>
私は安楽死も視野にいれてましたが、最後は点滴もやめ痛みどめの注射した1時間後に安らかな顔して眠りにつきました。

<回答者:M.Y>
「まだ打つ手があるならあきらめたくない」と考える獣医師さんは多いと思います。
辛い治療を強いたり、苦しむ様子を見るのに耐えかねる飼い主もいますよね。
また、過去の経験から「治療費が出せない」けど「焼肉に行くお金はある」あるいは「ゆとりがない」のは「ペットじゃなく、自分のためにお金を使いたいから」と言う飼い主も多々、見てきています。
動物病院も慈善事業でなくビジネスですから、お客=飼い主の意に沿うのが望ましいでしょうけど、上記に挙げた獣医師ならではの気持ちとの闘いなのかなと思います。

<回答者:岡本 忠則>
犬や猫が本来の自然世界にいれば自分で死期を感じて死に場所を探してうずくまって衰弱死するでしょう。
現代は人間も伴侶動物も医療やお金に頼りすぎです。
近藤誠医師の本を2冊読んで人生観が代わり60代に入ってからは余禄の人生と考え検診も人間ドッグも一切受けていません。医療受診は歯科だけです。
愛犬も私自身も不治の病に対しては苦痛緩和ケア(愛犬については安楽死を含む)以外の治療行為は極力受けず自然の寿命に従うことに決めています。
年金生活で余裕もありませんが、2匹の老犬(さくら、そら)とのスキンシップの時間を可能な限り多くして余生を楽しく過ごし、桜の花のように空に向かって潔く散っていくのみです。

<回答者:杉山 健太>
欧米だと『安楽殺も治療の選択肢の一つ』だということを聞いたことがあります。その子がQOLを保つことが難しい場合は、獣医さんが安楽殺をすすめる場合もあるようです。また終末医療の場合も同様のようです。何がなんでも治療し続けるというのもどうなのだろうと思います。また競馬馬はレース中のアクシデントで骨折した場合、直ぐに安楽殺していたのを見たことがありますが、競馬馬とペットのワンちゃんの違いはどこにあるのでしょうか?それこそ経済的な理由でしょうか?

<回答者:AT>
治癒する見込みが全く無いのに、苦しみぬいて 生涯を終えるようなことは させたくない。飼い主のいる動物達の ただ一つの特権は “安楽死“ という 手段がある事。 容易く “安楽死“を 受け入れるのではなく 病気で苦しんでいる 動物達に 生き続ける事が 苦痛であるなら 人間には (まだ すべての国に認められていない)ない 手段を 選択出来る。 私なら その為に 他の獣医師の 診察と 説明を納得するまで聞くと思います。

<回答者:多田 和恵>
安楽死用の薬剤であるペントバルビツールがドイツから手に入らなくなり、動物病院や実験施設などで混乱が起きているようです。代替品を含め、一部の獣医師だけが深刻に受け止めているようですが、大部分の動物病院は関心がなく、如何なる場合でも放置することが多いという話を懇意にしている先生から伺い、改めて驚愕しています。 欧米では苦痛からの解放は当たり前ですが、日本では動物福祉という概念が希薄なのか、結果、苦しんで死ななければならない動物が無数にいますね。 殺処分ゼロはそういう問題からも現実逃避しています。

<回答者:ネットワーカーC>
わたしは安楽死は基本的に断っていませんが、飼い主都合の要素が近い場合は驚かれる程度値段を請求しています。 例えばアトピー性皮膚炎だって治らない病気ですもんね。

<回答者:Hirohide Ohsaki>
獣医さんを選ぶ場合に最初から安楽死を告げて、それを受け入れてくれるか否かで獣医さんを選んだらどうかと思う。私は受け入れてくれた獣医さんを選択しました。

<回答者:Naomi Bailey>
オーストラリアですが、日本と違って生きることよりも福祉が重要視されます。飼い主が出来ればしたくないという気持ちは同じですけど、経済的な理由も安易な気持ちでなければ受け入れられると思います。

<回答者:あさの ゆかり>
あくまでも私的ですが……『安楽死も治療の一貫』だと思います
各個体にそってQOLを保ってあげられる事が出来ない場合もあると思うからです。
養豚や牛舎、競馬馬等は骨折したら安楽死も有ると聞いております
命としては同じです。
決して、安易に安楽死させる方は居ないと思うのですが…


*敬称を略させていただきます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


クマゴロウ
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年5月のBest
  1. 愛護破綻者の言葉(131)
  2. 大阪万博ペット同伴絶対反対(125)
  3. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(89)
  4. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(60)
  5. 獣医師でない無資格者による手術(56)
  6. 動物愛護は自分のしたいことをやっているのではないか(55)
  7. 思う通りに行かないとだだをこねる大人(55)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年5月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,013)
  2. 管理人の独り言(6,954)
  3. 動物よくある相談(3,789)
  4. 犬のカロリー計算(3,742)
  5. 迷子動物、保護動物掲示板(1,761)
  6. 広報板カフェ(1,552)
  7. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(1,519)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜6月24日:オンライン
★〜7月7日:東京都渋谷区
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月23日:北海道札幌市
★6月25日:鹿児島県奄美市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月29日:長野県岡谷市
★6月30日:兵庫県神戸市
★6月30日 応募締め切り:ネット募集
★7月6日:オンライン
★7月6日:東京都千代田区
★7月13日:東京都武蔵野市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月1日:長崎県佐世保市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月15日:東京都大田区
★7月21日:香川県丸亀市
★7月21日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★8月4日:福島県いわき市,愛知県名古屋市,鳥取県琴浦町,鳥取県米子市,香川県高松市
★8月17日:石川県河北郡,島根県出雲市,8月18日:広島県広島市
★8月25日:長野県軽井沢町
★8月25日:東京都新宿区
★8月31日:佐賀県佐賀市
★9月7日:茨城県日立市
★9月7日:佐賀県佐賀市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★9月22日:東京都豊島区
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★11月10日:宮城県仙台市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。