獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー治らない病気のペットの安楽死を断られた。
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん治らない病気のペットの安楽死を断られた。
回答:KM DOG 中島かおる,木村 里江子,石上 香,オビヒロ,Youko Hayashi,伊沢 浩美,megumi takeda,藤原 早苗,coro,neko,M.Y,岡本 忠則,根石一雄,杉山 健太,AT,多田 和恵,Hirohide Ohsaki,Naomi Bailey,あさの ゆかり,ネットワーカー多数
初出:2019/03/11
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


質問:ペットが病気でもう治ることはないと言われました。我が家は生活にあまり余裕がなく、また、苦しんでいるペットを見ているのも辛いです。主治医に安楽死を申し出たのですが、主治医は安楽死をしないと断られました。どうしたらいいでしょうか。

<回答者:KM DOG 中島かおる>
迷わず意見の合う獣医さんの所へ行きます。

<回答者:木村 里江子>
自分の意見をしっかり話してそれでも納得出来ないなら、セカンド・オピニオンをするべきと思います。特に動物病院の場合は自分が納得出来なければ後々後悔しちゃうと思います

<回答者:石上 香>
先代犬の時は「安楽死も視野に入れて構わないと思う」と話してくれた掛かりつけの獣医さん。
二代目も、同様の意見を言ってくれた他の獣医師。
なので、
断る獣医はいるのかなぁ?とも思うんですが…
結果、二頭共に家で最期を看取りましたが、
苦しむのが長引きそうなら、安楽死を実施してくれる獣医を探すかも。

<回答者:ネットワーカーA>
他の獣医へ行き事情を説明します。
そして受け入れてくださるところを探します。

<回答者:オビヒロ>
『【治らない】だけで【緩和ケアをすれば、まだまだ元気】という話かもしれません。【家族全員が同意していない】という背景があるのかもしれません。そのあたりも、かかりつけ獣医師とよく話すべきです。 他の病院を訪ねるのも1つの方法ですが、、動物の状態も診ずに安楽死を了解してくれる病院は、まず、見つからないでしょう。 結果、診察・検査からスタートする事になるかもしれません。』 ぐらいでいかがでしょうか?

<回答者:Youko Hayashi>
お金重視の病院ではありえますよね。
安楽死させるとそこで終わり。
生きてる限り診療費は取れます。
私の知人は1カ月で100万近く支払い、病院を代わる様に勧めたが先生が怖いから代われないと。
そして病院代わった時には遅く、全然違う病名で1週間ほどで亡くなってしまいました。
質問の返答とはズレてるかもしれませんが不信感が有ればかセカンドオピニオンも必要かと思います。

<回答者:伊沢 浩美>
そもそも論ですが適切な医療(それが対処療法や延命措置でも)を受けさせてあげるだけのお金がない人はペットを飼ってはだめだと思います。
安楽死はそのペットの苦痛を取り除くものだけ獣医師としてはするべきかと思います。そうするのは獣医師の仕事と教わったと思うのですが。なぜやらないというのかそこを話しあうべきかと思います。

<回答者:megumi takeda>
動物保護法の、獣医師の安楽死の意思決定の裁量は比較的大きい。飼い主の要求に応じて、動物を安楽死するかどうかの倫理的配慮は、飼い主の金銭的利益によります。
獣医師がこれら(飼い主の金銭的利益)を考慮に入れるべきであるという事実は、1982年の画期的なドイツ連邦最高裁判所の判決において既に確立されています(VI ZR 281/79)。

このドイツの法学に関する資料では、獣医師は飼い主の金銭的利益にためには安楽死(致死処分)を行わなければならないとしています。下級審においても、経済的価値がない猫や雑種の犬の高額な治療は行うべきではなく、安楽死を飼い主の利益に従って選択すべきという判決があります。ドイツも含めて、北米や西ヨーロッパでは、ペットの安楽死は大変多いですし、また獣師の義務ともされています。日本では、ペットの安楽死を拒絶する獣医師の先生が多いので、それも劣悪飼育による虐待飼育になっているのではないかと危惧しています。
https://www.tss.saarland/informationen/geld-oder-leben/

<回答者:藤原 早苗>
昨年、我が家も安楽死を考える事がありました。
先生にこのまま苦しむようなら・・・・
と相談したら、動物が望んでる事ではありません!
生きてるのに殺すとは!!そんなこと出来ませんよ!
と言われたので速攻に病院を変えました。

<回答者:coro>
ペットがどれだけ苦しんでるか、その苦しみがどれだけの期間続くのか その時の状況をみないと判断出来ませんが、家で看てあげたいと思います

<回答者:neko>
治らない病気なら最後まで安らかに過ごせるようにしてやろうとは思わないのですか!

<回答者:ネットワーカーB>
私は安楽死も視野にいれてましたが、最後は点滴もやめ痛みどめの注射した1時間後に安らかな顔して眠りにつきました。


<回答者:M.Y>
「まだ打つ手があるならあきらめたくない」と考える獣医師さんは多いと思います。
辛い治療を強いたり、苦しむ様子を見るのに耐えかねる飼い主もいますよね。
また、過去の経験から「治療費が出せない」けど「焼肉に行くお金はある」あるいは「ゆとりがない」のは「ペットじゃなく、自分のためにお金を使いたいから」と言う飼い主も多々、見てきています。
動物病院も慈善事業でなくビジネスですから、お客=飼い主の意に沿うのが望ましいでしょうけど、上記に挙げた獣医師ならではの気持ちとの闘いなのかなと思います。

<回答者:岡本 忠則>
犬や猫が本来の自然世界にいれば自分で死期を感じて死に場所を探してうずくまって衰弱死するでしょう。
現代は人間も伴侶動物も医療やお金に頼りすぎです。
近藤誠医師の本を2冊読んで人生観が代わり60代に入ってからは余禄の人生と考え検診も人間ドッグも一切受けていません。医療受診は歯科だけです。
愛犬も私自身も不治の病に対しては苦痛緩和ケア(愛犬については安楽死を含む)以外の治療行為は極力受けず自然の寿命に従うことに決めています。
年金生活で余裕もありませんが、2匹の老犬(さくら、そら)とのスキンシップの時間を可能な限り多くして余生を楽しく過ごし、桜の花のように空に向かって潔く散っていくのみです。

<回答者:根石一雄>
回答:安楽死処置を行う病院に行くこと
要旨:
1.いずれ死に至る疾病と重篤重体はわけて検討
2.一つの基準として尊厳ある生存ができるか否か
3.回復改善寛解緩和見込みなければ選択可
4.結局経済状況に左右される
安楽死へのプロセスと決定は、いずれは死に至る疾病(いわゆる腎不全・膵炎・腫瘍等)と現状直ちに改善治癒見込みないいわゆる重篤重体状況(大怪我・腫瘍末期等)にわけて考える必要があると思量します。
更に安楽死を選択する一つの基準として、飼養している伴侶動物が尊厳有る生存が出来るかどうかで決せられるべきものと考えます。
重体重篤であれば尊厳ある生存はもはや出来ないと。
小生自身は、それを自らの意志で食べられなくなった時と考えています。 もちろんそこに至るまでも、症状と苦痛の改善回復寛解緩和があり得なければ、安楽死の選択があって良いでしょう。 医療費をどこまで負担出来るかは、結局飼養者個々の経済状況に左右されるのは紛れもない事実です。 以上から安楽死は単に医療行為・法上の技術的な事柄だけでなく、伴侶動物の尊厳と飼養者の信条をも合わせて、最終的に考慮決定されるものであります。 飼養者は、伴侶動物の尊厳有る生存とはなにかを常に念頭において、共に暮らしていくべきかと思います。 また安楽死を行っても医師の法的責任が問われないよう、充分な法制度整備を望みます。

<回答者:杉山 健太>
欧米だと『安楽殺も治療の選択肢の一つ』だということを聞いたことがあります。その子がQOLを保つことが難しい場合は、獣医さんが安楽殺をすすめる場合もあるようです。また終末医療の場合も同様のようです。何がなんでも治療し続けるというのもどうなのだろうと思います。また競馬馬はレース中のアクシデントで骨折した場合、直ぐに安楽殺していたのを見たことがありますが、競馬馬とペットのワンちゃんの違いはどこにあるのでしょうか?それこそ経済的な理由でしょうか?

<回答者:AT>
治癒する見込みが全く無いのに、苦しみぬいて 生涯を終えるようなことは させたくない。飼い主のいる動物達の ただ一つの特権は “安楽死“ という 手段がある事。 容易く “安楽死“を 受け入れるのではなく 病気で苦しんでいる 動物達に 生き続ける事が 苦痛であるなら 人間には (まだ すべての国に認められていない)ない 手段を 選択出来る。 私なら その為に 他の獣医師の 診察と 説明を納得するまで聞くと思います。

<回答者:多田 和恵>
安楽死用の薬剤であるペントバルビツールがドイツから手に入らなくなり、動物病院や実験施設などで混乱が起きているようです。代替品を含め、一部の獣医師だけが深刻に受け止めているようですが、大部分の動物病院は関心がなく、如何なる場合でも放置することが多いという話を懇意にしている先生から伺い、改めて驚愕しています。 欧米では苦痛からの解放は当たり前ですが、日本では動物福祉という概念が希薄なのか、結果、苦しんで死ななければならない動物が無数にいますね。 殺処分ゼロはそういう問題からも現実逃避しています。

<回答者:ネットワーカーC>
わたしは安楽死は基本的に断っていませんが、飼い主都合の要素が近い場合は驚かれる程度値段を請求しています。 例えばアトピー性皮膚炎だって治らない病気ですもんね。

<回答者:Hirohide Ohsaki>
獣医さんを選ぶ場合に最初から安楽死を告げて、それを受け入れてくれるか否かで獣医さんを選んだらどうかと思う。私は受け入れてくれた獣医さんを選択しました。

<回答者:Naomi Bailey>
オーストラリアですが、日本と違って生きることよりも福祉が重要視されます。飼い主が出来ればしたくないという気持ちは同じですけど、経済的な理由も安易な気持ちでなければ受け入れられると思います。

<回答者:あさの ゆかり>
あくまでも私的ですが……『安楽死も治療の一貫』だと思います
各個体にそってQOLを保ってあげられる事が出来ない場合もあると思うからです。
養豚や牛舎、競馬馬等は骨折したら安楽死も有ると聞いております
命としては同じです。
決して、安易に安楽死させる方は居ないと思うのですが…


*敬称を略させていただきます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

掲載期間:2019/03/26-2019/07/25
[広告]


蝶:ツマグロヒョウモン
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆第10回日本動物大賞社会貢献賞
主宰者が(公財)日本動物愛護協会様主催第10回日本動物大賞社会貢献賞を受賞しました。
これも、開設以来お手伝いいただいているボランティアスタッフさんや企業・個人サポータ様、また掲示板での返事付けなど応援・支援者さまのおかげだと思っています。
授賞式当日の様子はクリックです。

◆2019年7月20日(土)獣医師広報板東京新宿オフ
7月20日(土)午後7時に東京新宿にてオフ会を行います。
参加資格は何もありません。
あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
参加申込み・詳細

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
★2018年7月25日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(6月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(35,472)
  2. 動物よくある相談( 30,468)
  3. 猫のカロリー計算(19,160)
  4. 迷子動物、保護動物掲示板(17,692)
  5. 犬のカロリー計算(14,883)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(9,650)
  7. 犬・猫と人間の年齢換算表(6,413)
  8. 動物関連・求人求職掲示板(5,918)
  9. 野生動物保護窓口(3,260)
  10. ペットロスセミナイベント(1,968)
コンテンツ別アクセス数

◆新着動物よくある相談
利用上の注意事項&メニュー
治らない病気のペットの安楽死を断られた。
犬猫の殺処分数が多いのは、ペットショップがあるせい?
テレビなどマスコミでは動物愛護家はすべていい人、優しい人、正しい人などが前提で扱われることが多いように思います。私は人間ですが、私にも優しい人達ばかりなのでしょうか。
動物愛護団体のシェルターで収容動物が過多となり、不適切な扱いになることがニュースになることがあります。その際の擁護の言葉に「生きているだけいいんだよ」と言うのがあります。この言葉、皆さんはどう思いますか。
動物管理センターの名称が動物愛護センターやフレンドリーな名称に変わっています。何か違いがあるのですか。

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜7月29日:北海道江別市
★〜8月15日応募締め切り
★〜8月25日:東京都文京区
★7月24日:岡山県岡山市
★7月27日:東京都豊島区
★7月27日:横浜,24日:大阪,28日:東京
★7月28日:東京都千代田区
★8月11日:東京都武蔵野市
★8月17日:大阪府大阪市
★8月21日,9月25日,10月30日:大阪府大阪市
★9月15日:東京都文京区
★9月21日:大阪府大阪市
★9月23日:東京都豊島区
★10月26日,27日:東京都新宿区
★11月10日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★7月22日,28日:大阪府大阪市
★7月24日:大阪府大阪市
★7月27日:神奈川県葉山町
★7月27日:東京都渋谷区
★7月27日:東京都新宿区
★7月27日:千葉県柏市
★7月27日:東京都日野市
★7月27日:埼玉県川越市
★7月27日:愛知県名古屋市
★7月27日:愛知県豊川市
★7月27日,28日:大阪府大阪市
★7月27日,28日:北海道札幌市
★7月27日,28日:東京都青梅市
★7月27日,28日:岡山県岡山市
★7月28日:東京都中央区
★7月28日:東京都西東京市
★7月28日:東京都江東区
★7月28日:東京都世田谷区
★7月28日:神奈川県川崎市
★7月28日:大阪府和泉市
★7月28日:三重県三重郡
★7月28日:福島県郡山市
★7月28日:東京都葛飾区
★7月28日:神奈川県横浜市
★7月28日:岡山県岡山市
★7月28日:埼玉県さいたま市
★7月28日:大阪府八尾市
★7月28日:東京都渋谷区
★7月28日:愛知県名古屋市
★7月28日:神奈川県足柄上郡
★7月28日:千葉県東金市
★7月28日:東京都町田市
★7月28日:東京都杉並区
★7月28日:兵庫県神戸市
★7月28日:千葉県富里市
★7月28日:三重県四日市市
★7月28日:埼玉県川越市
★7月28日:神奈川県横浜市
★7月28日:東京都中野区
★7月28日:群馬県高崎市
★7月28日:愛知県刈谷市
★7月28日:埼玉県蓮田市
★7月28日:愛媛県伊予郡
★7月28日:東京都葛飾区
★7月28日:東京都中央区
★7月28日:福井県福井市
★7月28日:神奈川県横浜市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月28日:千葉県千葉市
★7月28日:京都府京都市
★7月28日:大阪府八尾市
★7月28日:神奈川県川崎市
★7月28日:岡山県岡山市
★7月28日:愛媛県松山市
★7月28日:栃木県那須塩原市
★7月28日:埼玉県川越市
★7月28日:宮崎県宮崎市
★7月28日:山梨県笛吹市
★7月28日:東京都日野市
★7月28日:愛知県名古屋市
★7月28日:東京都葛飾区
★7月28日:愛知県名古屋市
★8月1日:千葉県柏市
★8月3日:茨城県笠間市
★8月3日:愛知県名古屋市
★8月3日:大阪府門真市
★8月3日:大阪府大阪市
★8月3日,4日:北海道上富良野町
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:京都府宇治市
★8月4日:東京都港区
★8月4日:東京都町田市
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:茨城県つくば市
★8月4日:三重県亀山市
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:神奈川県横浜市
★8月4日:山形県寒河江市
★8月4日:長野県上田市
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:東京都江東区
★8月4日:三重県鈴鹿市
★8月4日:兵庫県神戸市
★8月4日:大阪府大阪市
★8月4日:和歌山県和歌山市
★8月4日:新潟県新潟市
★8月4日:岡山県倉敷市
★8月4日:東京都杉並区
★8月4日:東京都中央区
★8月7日:沖縄県南城市
★8月10日:福岡県北九州市
★8月10日:奈良県大和高田市
★8月10日:大阪府池田市
★8月10日:福井県福井市
★8月11日:東京都練馬区
★8月11日:滋賀県野洲市
★8月11日:京都府京都市
★8月11日:茨城県つくば市
★8月11日:岡山県岡山市
★8月11日:大阪府南河内郡
★8月11日:岡山県総社市
★8月11日:三重県四日市市
★8月11日:東京都文京区
★8月11日:千葉県船橋市
★8月11日:東京都武蔵野市
★8月11日:大阪府大阪市
★8月12日:東京都中央区
★8月12日:大阪府大阪市
★8月17日:神奈川県茅ヶ崎市
★8月17日:大阪府堺市
★8月17日:愛知県日進市
★8月17日:東京都練馬区
★8月18日:三重県桑名市
★8月18日:東京都練馬区
★8月18日:三重県三重郡
★8月18日:滋賀県甲賀市
★8月18日:大阪府大阪市
★8月18日:大阪府堺市
★8月18日,:埼玉県飯能市
★8月18日:東京都江戸川区
★8月18日:東京都世田谷区
★8月18日:大阪府吹田市
★8月18日:茨城県土浦市
★8月18日:山形県山形市
★8月18日:奈良県奈良市
★8月24日:新潟県新潟市
★8月24日:三重県四日市市
★8月24日:埼玉県飯能市
★8月24日:東京都台東区
★8月25日:秋田県秋田市
★8月25日:大阪府東大阪市
★8月25日:神奈川県横浜市
★8月25日:東京都府中市
★8月25日:広島県東広島市
★9月1日:東京都板橋区
★9月1日:三重県いなべ市
★9月1日:大阪府大阪市
★9月1日:大阪府枚方市
★9月8日:東京都大田区
★9月8日:千葉県千葉市
★9月8日:東京都町田市
★9月8日:愛知県名古屋市
★9月15日:愛知県名古屋市
★9月21日:東京都豊島区
★9月22日:兵庫県尼崎市
★9月28日:大阪府大阪市
★9月29日:東京都中央区
★10月6日:東京都葛飾区
★10月26日:福井県敦賀市
★11月24日:愛知県名古屋市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。