獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューウサギの保定
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんウサギの保定
文章:チーちゃんのママ
初出:2006/01/18
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
★飼育方法の質問は意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

ウサギさんって怖がりで、基本的に抱っこなんて大嫌い!そりゃそうですよね。
捕食される側の動物ですから。
体を押さえられるのなんて「命の危機!」ですもの。
でもウサギさんを捕まえられないのは、何かの時に困ります。
ウサギさんはうっかり空キックをさせても、骨折することがあるので気をつけて。
ウサギの保定の仕方ご参考。 印刷用pdfファイル

1.ウサギの保定のしかた


利き手が右手の場合、ウサギの両脇に親指中指を入れます。
左手はお尻を包むように受けます。(写真1)
手首はウサギのお腹に。
手のひらで胸を受けるようにしています。(写真2)
右手の人差し指と中指の間に、ウサギの左腕がしっかり入っているのが分かりますか?(写真3)
多少暴れても、しっかり右手が脇に入っていれば外れませんから、あわてずに。
あわててどうにかしようとするのが、一番危ないと思います。
空キックで暴れさせないようにするには、このようにウサギの体を丸く持つこと。
そうすると、ウサギは足に力が入らず、キックが出来ません。

写真は手の位置を判りやすくする為にウサギを差し上げていますが、実際は人の胸につける位でやってください。
無理強いして骨折や関節を痛めても怖いので、けっして無理強いはしないでね。

2.ウサギを抱っこする


人間のお腹と左腕の間に、ウサギをはさむように抱きます。(写真4)
左手のひらで、しっかりウサギのお尻を包むように押さえています。
後肢の居心地が悪い、あるいは暴れそうな時は、左手のひらで後ろ足かかとを受けて固定します。
ウサギの前肢は下側、つまり肩口が人間の腕に乗っています。(写真5)
ウサギは怖いと人間の脇に頭を突っ込んだりしますが、視野をふさがれる方が落ち着くようです。
あとはウサギの肩を、上から右手で押さえる。
これでしっかり保定出来ます。
ウサギも安心するようで、病院で出して待つような時は、この体勢で待ちます。

3.ウサギのお腹を見る


ウサギは鶏のように魔法がかけられます。
ほら、鶏を仰向けにしてなでていると固まってしまうというアレ。
ウサギも膝の上に仰向けにすると、じっと固まってしまいます。
もっとも、上手く仰向けに出来れば、です。
右手は保定の時と同じ。
そのまま腰掛けた人の膝に乗せて、ウサギの背中を人間のお腹によりかからせる。(写真6)
そのままそーーっと人が体を後ろに引くと・・・ウサギも仰向け状態に。(写真7)
コレで足の裏や、お尻やお腹の状態を見ることが出来ます。(写真8)

ウサギの習性;動物病院などでは、犬猫などの動物と一緒になることも多いです。
ウサギはストレスに非常に弱い動物です。
身体的には骨折しやすく、折れた骨がくっつきにくい動物でもあります。
具合が悪くて病院に連れて行くことが多いことや慣れない場所で、ウサギも比較的大人しくなりがちです。
どんなに大人しいウサギでもパニックを起こすと暴れることがありますので、ウサギの性質をよく理解して事故が起きないよう注意をしてあげて下さい。

ウサギモデル:ミックス  シジミ君(2歳・♂)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


品川水族館にて
saito
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★4月15日-30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。