獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュータマネギ中毒
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんタマネギ中毒
文章:プロキオン(獣医師)
初出:2002/06/07
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


タマネギ中毒と言う疾病は、愛犬家の皆さんは1度や2度は耳にされたことがあると思います。
知ったかぶりをして、わざと難しい言い回しをすると「Allium属植物に由来する有機チオ硫酸化合物による赤血球酸化障害性血尿症」という実に長い名称になります。
この長い名称の一つ一つの単語が理解できれば、すでにこの疾病の説明は必要無いという実にすぐれた名称です。
でも、一般の愛犬家の方々には、それではあまりに不親切というものなので、少し、説明が必要です。

まず、Allium属植物というのが、タマネギや長ネギ、そしてニンニク等の原因となる植物のことを言っています。
この属に含まれるネギの親戚の植物は多かれ少なかれ、有機チオ硫酸化合物を持っています。
では、このチオ硫酸化合物とはなんでしょうか? 実は私も「硫酸基」を持った有機体であろうとしか分かりません。
分からないくせに説明を続けさせていただくと、ネギ類にはn-propylthiosulfateとmethylthiosulfateがあり、ニンニクには2-propenylthiosulfateという物質が存在しているそうです。
これらの物質はthio以下の綴りが共通しており、その部分こそがチオ硫酸化合物を意味しています。
そして、これらの物質は赤血球やヘモグロビンに対して、酸化障害性の作用を持っています。
そして従来はこの原因物質が赤血球内にハインツ小体と呼ばれる物質を形成して赤血球が破壊される、と簡単に説明されていました。
酸素というものは、動物が生きていくうえで、欠く事ができないものではありますが、過剰な酸化という現象も決して望ましいことではないのです。
実際には、「還元型グルタチオン」との反応を介しておきる機序を有しており赤血球内のこの還元型グルタチオンの濃度が遺伝的に高い犬程、重度の溶血性貧血を起こすことが分かってきています。
そして、この還元型グルタチオンが高濃度に分布する犬では、細胞内の(Na-K ATPase)がやはり高く関連性があるのだそうです。

どうでしょう、少しは理解していただけたでしょうか?
化学の先生でも呼んで来る必要がありそうですね!
もう少し簡略に述べると、
(1)タマネギ類はその中に催溶血物質を含み、それは有機チオ硫酸化合物である。
(2)溶血物質は、還元型のグルタチオンと反応して強い反応を起こす。
そしてそれは酸化還元反応の一環として発生する。
(3)還元型のグルタチオンを高濃度にもつ犬程症状が重くなり、それには遺伝的な素因が関与しているようだ。
ということになります。

難しい話はこれくらいにして、実はこのタマネギ中毒と言う疾病は、それ程昔から認識されていたわけではありません。
我が国でこの疾病が初めて報告されたのは、1975年のことなのです。
北海道大学の家畜病院に赤色尿を呈す秋田犬がやってきたのが初発なのだそうです。
原因が不明で首をかしげるばかりだったのですが、どうもタマネギが怪しいということになり、再現試験を試みたところ、みごとに実証されたということなのです。
この事件を契機に我が国には、タマネギ中毒という疾病が犬に存在することが少しずつ知られるようになったのです。
今、「犬に」と言いましたが、むろん他の動物においても存在し、猫や牛にも報告があるそうです。
また、原因物質も熱に安定であり、加熱調理によってもその有害な作用は失われず、ネギ類も我が国の食生活・食卓の広がりを考えると、非常に多彩な料理の中に入っています。
すき焼き、チャーハン、ハンバーグ等いっぱいありそうですね。
直接、お蕎麦の薬味で発病した例もあります。
食習慣の異なる国や素因の少ない犬が多い国においては、今もって、一般的な認知度は低いのかもしれませんが、日本に置いては、身近な食物が原因であるだけに飼い主さんの注意が必要なのではないでしょうか。

個人的には症状の重さと犬の大きさは関係なかろうと考えていますので、大型犬における重症例を調べようと考えたことがあります。
2日目にして1軒おいて隣の病院で行き当たってしまいました。
犬種はハスキーで体重は30キロは越えていたそうです。金曜日の夜に鍋物の残りとして給餌され、土曜日に元気食欲がないことに気がついたがそのままにしておいた。
日曜にさらに元気がなくなったのでこれはおかしいと思ったが診療を受けさせることができず、月曜に往診を依頼したが、獣医師が到着するまでに死亡したというものです。
ついうっかりとか、全く知らなかったと後から悔やんでもどうしようもありません。
そんな病気本当にあるのかと堂々と口にできたのは四半世紀前までです。
「犬にタマネギを与えていはいけないのは常識ですよ」と言えるようにしなくてはなりませんね。
少なくとも、自分の犬は飼い主さん自身が守らなくてはなりません。
知っておいて欲しい病気の1つです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



うちに来たばかりのめるです
可愛い宝物です(*^。^*)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 7月は「ご飯がおいしい傾斜食器台」です。
首の筋肉が落ちた高齢犬も、頭がまっすぐで楽な姿勢で食べられる!
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆獣医師広報板開設20周年記念東京新宿オフ
●日時:2017年7月29日(土) 19:00〜21:00
●会場:東京新宿界隈を予定しております。
●参加資格:何もありません。
 あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
 ご自身のペット写真などを持ってきて、ペット自慢をする人も少なくないです。
 *ペットの持参は、会場の都合上お断りします。
●申し込み:参加してみたい方は仮登録をメールでお願いします。
 E-mail:info@vets.ne.jp

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(6月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(36,930)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(36,203)
  3. 動物よくある相談(29,532)
  4. 犬のカロリー計算(14,936)
  5. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,833)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(11,345)
  7. 猫のカロリー計算(11,178)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(8,750)
  9. イヌセミナイベント(3,093)
  10. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(2,671)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★栃木県那須郡
★〜7月30日:大阪府大阪市
★〜7月31日:兵庫県神戸市
★〜7月31日:東京都江戸川区
★〜7月31日:北海道江別市
★〜8月2日
★〜9月3日:京都府京都市
★〜10月8日:京都府京都市
★7月22日:神奈川県相模原市
★7月22日-8月31日:山口県周南市
★7月22日:大阪府,7月23日:東京,8月5日:埼玉,8月11日:兵庫,8月13日:京都,8月20日:兵庫,8月26日:兵庫,8月27日:大阪,9月7日:千葉
★7月25日-26日,8月3日-4日,7月27日-28日,8月1日,8月2日:京都市左京区
★7月26日:東京都文京区
★7月28日:愛媛県松山市
★7月28日-8月27日:東京都台東区,8月9日-28日:新潟県新潟市
★7月29日:東京都新宿区
★7月29日:大阪府大阪市
★7月29日,30日,8月5日,6日,11日-14日,19日,20日:大阪府大阪市
★8月5日:大阪開講
★8月13日:愛媛県松山市
★8月17日:東京
★8月22日:東京都文京区
★9月18日:東京都世田谷区
★9月24日:東京都豊島区
★10月7日・8日・9日:東京都新宿区
★10月28日-29日:東京都文京区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★7月22日:東京都渋谷区
★7月22日:愛知県名古屋市
★7月23日:神奈川県横浜市
★7月23日:神奈川県川崎市
★7月23日:大阪府堺市
★7月23日:東京都葛飾区
★7月23日:三重県三重郡
★7月23日:東京都清瀬市
★7月23日:東京都世田谷区
★7月23日:東京都中央区
★7月23日:大阪府大阪市
★7月23日:東京都中央区
★7月23日:神奈川県横浜市
★7月23日:東京都中野区
★7月23日:群馬県高崎市
★7月23日:東京都渋谷区
★7月23日:愛知県名古屋市
★7月23日:山梨県笛吹市
★7月23日:東京都葛飾区
★7月23日:栃木県那須塩原市
★7月23日:東京都葛飾区
★7月30日:東京都杉並区
★7月30日:東京都荒川区
★7月30日:岡山県岡山市
★8月5日:茨城県笠間市
★8月5日,6日:北海道上富良野町
★8月6日:東京都港区
★8月6日:兵庫県神戸市
★8月6日:東京都清瀬市
★8月6日:岡山県倉敷市
★8月6日:山梨県甲府市
★8月12日:福岡県北九州市
★8月13日:東京都大田区
★8月13日:埼玉県新座市
★8月13日:東京都町田市
★8月13日:茨城県つくば市
★8月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★8月19日:大阪府高槻市
★8月19日:大阪府堺市
★8月19日,20日:特別実施会場
★8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:三重県三重郡
★8月20日:東京都東村山市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:茨城県土浦市
★8月20日:東京都江戸川区
★9月:東京都目黒区
★9月3日:東京都板橋区
★9月23日,24日:東京都世田谷区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。