獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー航空機事故時のペット同伴議論について
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん航空機事故時のペット同伴議論について
2024年1月5日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:252人,コメント:16件,シェア:9件(クリック)
航空機のペット同伴について議論が高まっている。
私には、平時の同伴と緊急時の非常時脱出がごちゃ混ぜになっているように見える。
平時の同伴であるが航空機会社の判断に委ねられるだろう。
すべての会社が同伴禁止しなくてもいいし、逆にすべての会社が同伴許可しなくていい。
ペットに対してアレルギーの人や嫌いな人もいるので、会社で選べばいいと思う。
私自身はエコノミーなのでただでさえ苦しい時間、ペット同伴の航空機は遠慮します。
盲導犬はokです。
さて、緊急時の脱出であるが、今回の事故で残念なことに海保側にたくさんの犠牲者が出た。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
旅客機側であるが、速報で全員無事脱出の報道を聞き、私は誤報だと思った。
実は地震関係のニュースを見ていて、いきなり羽田に切り替わり、炎上している航空機を見ていたのである。
正直、旅客機側に犠牲者が出なかったことが信じられなかった。
それほど、タッチダウンと同時に炎上していたのである。
飛行機はそれから減速しながら停止するまで時間がかかる。
乗務員の的確な判断、そして冷静な乗客のおかげであろう。
で、本題のペットの救出であるが、無理だったと思う。
それは貨物室だからではない。乗客と同じ空間にいても脱出シューターは簡易、破けると次の人の脱出が出来ない。
手荷物は諦めるしかない。
ペットをケージで運び出すのは無理だし、ケージから出しては飼い主さんの脱出自体が危ぶまれる。
事故は飛行機だけではない。
鉄道でも、自動車でも起こる。
事故で死んだペットはかわいそうではあるが、私はそれ以上の感想はない。

元発言(facebook) いいね:134人,コメント:18件,シェア:0件(クリック)
しかしなー、今回旅客機には犠牲者が出なかった。
昨日も書いたが、私は速報を聞いた時に誤報だと思ったくらい、奇跡的なことだったんだと思う。
もし、ペットの脱出が人と同様に行われ、何人か逃げ遅れて犠牲者が出ていたらマスコミの風潮はどうだったんだろう。
おそらく、なぜペットを運び出したんだと大騒ぎになり、ペット同乗なんて事は現在認めている航空会社も無しになるのではないか。
旅客機の乗客の中には死を覚悟したという発言もある。
生きるか死ぬか危うい状況。
そこにペットはないと思う。

元発言(facebook) いいね:209人,コメント:26件,シェア:2件(クリック)
事故後、多くの機のフライトがキャンセルされたのだが、預けた旅行カバンが出てこずに夜中になったという報道があった。
カバンだから、この季節の寒さは関係なかったが、ペットだったら体調を壊すケースも想定される。
酷暑の季節なら体調を壊すではすまなかったかもしれない。
つまり、飛行機でペットを運ぶというのはリスクがある。
直接事故に遭わなくてもである。
日本は北は北海道から南は沖縄、小笠原諸島まであるが、引っ越しであっても空路でなくてはいけないところはない。
ペットを飼うというのは手間や暇、そして費用がかかり、他人に迷惑をかけないというのも大事だと思う。
国内であるのなら快適な飛行機の旅ではなく、リスクがあるから他の移動手段をの議論がもっとあってもいいのではないか。
ペットは命なんだからと言う強い主張は、私には疑問です。

元発言(facebook) いいね:200人,コメント:20件,シェア:3件(クリック)
息子が幼い頃、チャイルドシートでご機嫌に食事をしていたら雷が鳴った。
息子の顔がみるみる曇り、私に抱きついてきた。
新婚旅行で乗った飛行機、夫婦共に初めてのフライトだった。
離陸の際に奧さんは私の腕にしっかりしがみついていた。
怖かったようだ。
では、ペットは離着陸のショックをどう感じているのか。
雷や打ち上げ花火はてんかんを起こすケースが知られている。
貨物室のケージ内であろうと客室のケージであろうと人のように動物は安全ベルトで固定できない。
転倒もあるだろう。
恐怖を感じる程度は個体によって違うが、強く感じるケースもあると思う。
実際、夏場の短頭種は断られることがある。
ペットが飛行機に乗るのはペットの希望ではない。
飼い主の都合である。
快適な空の旅なんて文句は最初から人用のものである。

元発言(facebook) いいね:104人,コメント:8件,シェア:0件(クリック)
今回の羽田事故で私は若い頃に見たポセイドン・アドベンチャーを思い出した。
パニック映画の名作と言っていいと思う。
パニック時の多くの人間像が描かれている。
誤った情報で命を落とす人や、エゴ、そして人間愛である。
報道で全員脱出を聞き、私は誤報だと思った。
タッチダウンと同時に炎上し、全員逃げ出せるなんて想像できなかったからである。
本当に乗務員や乗客達の冷静な判断があったおかげであろう。
この人達は全員ヒーローである。
エゴむき出しになったら、そうはいかなかったかもしれない。
末筆ながら亡くなられた海保機の乗務員の皆さんには謹んでご冥福をお祈りいたします。

元発言(facebook) いいね:42人,コメント:5件,シェア:0件(クリック)
ーーーーーーーーーーーーーー
舞台は紀元前2世紀のギリシア。一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、壊れた船の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。その後、救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われることはなかった。
ーーーーーーーーーーーーーー
この板をカルネアデスの板といい、有名な逸話となっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9D%BF
今回の羽田事故において旅客機側に幸いにも人命被害がなかった。
でも、私はいろんな幸運に恵まれてそうなっただけで、死亡者が出ていてもおかしくなかったと考えている。
今になって、事故当時の乗員スタッフの動きが報道されている。
非常に適切であった。
また、乗客もスタッフの指導で荷物を取り出さなかったようである。
でも、「私は子供連れだから、先に下ろしてくれ」などと主張した母親もいたそうである。
災害時には通常我先になりがちなのである。
自分が助かる為に人を殺したとしてもカルネアデスの板のような状況なら罪に問われない。
でも、犬に同様の権利はない。
これを認めてしまうと人が死にかねない。
人命優先、当たり前すぎで改めて言われることの無い言葉。
いやー、犬を同乗させた飼い主は最後に降りればいいという意見をネットで読んだ。
では、犬を同乗させた飼い主は死んでもいいのか。
また、スタッフは死んでもいいのか。
そうはならない。
重大な事故時に犬は人と対等でない。
それが理解出来ない人とは私は同じ飛行機に乗らない。
自分の命が危なくなるから。

元発言(facebook) いいね:108人,コメント:11件,シェア:0件(クリック)
飛行機の脱出シュートですが、私のイメージではガス風船です。
普段はたたまれて格納されていますが、非常ドア開け、作動させると風船にガスが一気に送り込まれて滑り台になる。
ですので脱出シュートが破けると脱出できなくなる。
だから、手荷物はだめで人だけとなります。
基本的に脱出シュートがガス風船のうちは手荷物はだめの方針は変わらないでしょう。
折りたたみのタラップなら可能かも知れませんが、重さや格納スペース、また脱出スピードなどを考えると飛行機には難しいのではないか。
この脱出用シュートの構造を理解せずに、同乗している動物との緊急脱出の話をしても、航空会社からだめを食らうだけです。
元発言(facebook) いいね:22人,コメント:2件,シェア:0件(クリック)
ペット機内同乗問題ですが、先日以下のようなニュースをアップしました。
ーーーーーーーーーーーーー
スターフライヤー 「ペット機内同伴OK」国内線全路線で 緊急時は“持ち出し”禁止
ーーーーーーーーーーーーー
国の指針があり、スターフライヤーは指針に従っています。
ですから、スターフライヤーの飛行機はペット同乗を売り物にして差別化ビジネスをされていますが、緊急時の手荷物の持ち出しは出来ない。
今でもペットの同乗にこだわる人やマスコミがいますが、「緊急時脱出は乗客だけ」は国の指針。
これを犯そうとすれば、緊急時はよりパニックになるか、ペット同乗飼い主さんは機と命運を共にすることになりかねない。
緊急時は全員助かるわけではないです。
今回の羽田事故で旅客機側は奇跡的に被害者が出なかっただけです。
最後の乗客が降りるまでスタッフは降りられません。
人命優先は当たり前のことです。

元発言(facebook) いいね:84人,コメント:2件,シェア:0件(クリック)
先日の羽田事故以降、芸能人のペット同乗意見が動物関連ニュースにある。
大きく分けて二通りかな。
坂上忍氏のように、人命優先なら致し方ないとする意見と、とことんカワイイ・カワイソウのご意見である。
後者はいつまでもまるで子供がだだをこねるようにカワイイ・カワイソウを繰り返す。
そんなタレントがCMでご機嫌を取ると、以前と違って私は不愉快になる。
もうこの人を見たくない、正直な気持ちです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


鼻筋の通った私(*^.^*)
(sutemaru)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板の主張
大阪万博ペット同伴絶対反対:万博ペット同伴の協会負担は約8,300万円
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年5月のBest
  1. 愛護破綻者の言葉(131)
  2. 大阪万博ペット同伴絶対反対(125)
  3. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(89)
  4. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(60)
  5. 獣医師でない無資格者による手術(56)
  6. 動物愛護は自分のしたいことをやっているのではないか(55)
  7. 思う通りに行かないとだだをこねる大人(55)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年5月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,013)
  2. 管理人の独り言(6,954)
  3. 動物よくある相談(3,789)
  4. 犬のカロリー計算(3,742)
  5. 迷子動物、保護動物掲示板(1,761)
  6. 広報板カフェ(1,552)
  7. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(1,519)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜7月7日:東京都渋谷区
★6月26日,27日:島根県鹿足郡
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月29日:長野県岡谷市
★6月30日:兵庫県神戸市
★6月30日 応募締め切り:ネット募集
★7月6日:オンライン
★7月6日:東京都千代田区
★7月13日:東京都武蔵野市
★7月13日:愛知県名古屋市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月1日:長崎県佐世保市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月15日:東京都大田区
★7月21日:香川県丸亀市
★7月21日:大阪府大阪市
★7月26日-8月12日:東京都台東区
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日:オンライン
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★8月4日:福島県いわき市,愛知県名古屋市,鳥取県琴浦町,鳥取県米子市,香川県高松市
★8月17日:石川県河北郡,島根県出雲市,8月18日:広島県広島市
★8月25日:長野県軽井沢町
★8月25日:東京都新宿区
★8月31日:佐賀県佐賀市
★9月7日:茨城県日立市
★9月7日:佐賀県佐賀市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★9月21日:東京都世田谷区
★9月22日:東京都豊島区
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★10月27日:東京都台東区
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★11月10日:宮城県仙台市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。