獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー犬の夏対策1・・・暑さ対策
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん犬の夏対策1・・・暑さ対策
文章:りんママ
初出:2004/08/13
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


【暑さ対策】
梅雨〜夏にかけては、長毛種や寒冷地が原産国の犬たちにとっては、とっても辛い季節です。

1.犬小屋周辺の暑さ対策
犬小屋を涼しい場所に移動できますか?
出来るようなら犬小屋の移動をして下さい。
犬がいる場所がコンクリートなら、「ウッドパネル=デッキパネル」又は「すのこ」などを敷くことで温度上昇を抑えることが出来ます。
土の場合は犬は地面を掘ったりして涼をとろうとしますが、コンクリートの場合はそれが出来ないですから。
それから、犬の移動する周囲域に日陰を作るように、園芸用の寒冷紗(かんれいしゃ)で 日陰を作ってあげてください。
色は、黒ではなく白や銀色の熱を反射しやすい色が良いと思います。
よしずなどを立てかけることでも随分代わると思いますが、犬が倒さないような工夫が必要です。
犬小屋の中は「すのこ」などで、風が通るような形にしてください。
風通しが悪い場合には、犬が悪戯できない場所へ扇風機を置くなどして送風する工夫をしてください。

2.室内での暑さ対策
室内犬の場合にも、注意が必要です。
エアコンなしで、閉めきった室内は室温があっという間に30℃を超えてしまいます。
そうなると熱中症を起こし最悪の場合死に至る事もあります。

お散歩の項でも触れていますが、犬は人の用に汗で体温調節を行えません。
体温調節の働きをする汗腺が足の裏(肉球)にしかないのです。
その為に口でハアハアとせわしなく息をして、体温を下げようとするのです。
飲み水は十分に自由に飲める用にして下さい。
犬をケージに入れている場合には、朝昼の時間で直射日光が犬のいる場所に当たらないようにするなど気を付けて下さい。

逆に、エアコンの冷気は床に溜まりやすくなりますので、人が良い体感温度は犬にとって冷えすぎることにもなります。
冷えすぎるのも体調不良の原因にもなりますのでエアコンの温度と湿度にも気を付けてあげてくださいね。

3.フードと飲み水(室内、屋外で忘れがち)
忘れがちなのが、飲み水です。
室内も屋外でも水はすぐ熱くなりますので水温が上がらないように置く場所にも気をつけてあげてください。

ペットボトルに水を入れて何本か凍らせてタオルでくるむと、夜などは犬小屋やケージの中などへ入れておくと簡易クーラーになります。
また、フードが腐りやすい季節ですから食べ残しや庭に埋めたおやつなどにも注意をしてあげてください。

4.お散歩の時間帯
犬はお散歩が大好きですね。
でも、一番犬に負担が掛かるのが、お散歩をする時間なのです。
アスファルトは、お日様で熱せられて高温になっていますから、犬の肉球が火傷を起こします。
ご自分の手をアスファルトに付けてみて【暖かい】と感じる場合には既にお散歩には適した時間帯ではないのです。
朝であればもっと早い時間、夕方でしたらもっと遅い時間にしてあげてください。

犬は肉球にしか汗腺がありませんので、体温を下げる為に口でハアハアとせわしなく呼吸をします。
体温も平熱が高いので、直ぐにオーバーヒートになって熱中症・熱射病になってしまいます。
短頭種や小型犬なども地面に身体が近いので、私たちが感じる以上に暑い思いをしています。
子犬や老犬などは体力もないのでお散歩時間には、ぜひ気をつけてあげて欲しいですね。

暑い季節、朝は7時半を過ぎれば既にアスファルトは木陰でも随分熱くなっています。
夕方、6時くらいでも未だアスファルトが熱いですね。
そんな中、真昼にお散歩をしている方も見受けられますが、ちょっと犬の肉球に触れてみてください。
肉球がじわっと熱く、汗で湿っていることに気がつくと思いまし、蒸れた足の臭いも感じることができます。

人の場合は冬のコートは脱げますが、犬は冬のコートを着たままなのですから、お散歩は早朝と日が暮れてアスファルトの温度が下がってから行ってあげて欲しいと思います。

目安は、手のひらを地面にあてて冷たいと感じる時間帯が犬にとって一番良いお散歩の時間帯です。

お散歩の時間に気をつけてあげましょう。

5.被毛や皮膚のお手入れ
毎日ブラッシングをして被毛の中に空気を取り入れてあげてください。
フケが多くなっていたり、皮膚が赤くなっていないか、寄生虫(ダニ・ノミ)がついていないかなど気をつけてくださいね。
水遊び等が好きな子は、外耳炎や皮膚炎などを起こしやすくなりますからよく見てあげてください。
水遊びで被毛が濡れたりシャンプーをした場合には、十分に乾かして下さい。
生乾きだと被毛が蒸れてスキントラブルを起こしやすくなります。
ドライヤーの温風より低温あるいは冷風や扇風機を併用すると早く乾きます。
抜け毛が舞い散りますので周辺近隣への配慮を兼ねて室内で行われることをお薦めします。
室内だと掃除機をかければよいのですから。

【熱中症】
熱中症になると、ハーハーと肩で荒い息をくりかえしてへたりこんでしまう、ぐったりしてしまう、舌の色が濃くなって赤黒くみえる、目が充血する、呼んでも反応がにぶい、ひどいときは尿を漏らすなどの症状が出ます。
そのような場合はすぐに日陰の風通しのいいところに移動させ、全身に水をかけたり濡らしたタオルを内股に当てるなどして体温を下げる応急処置をしたあと、急いで動物病院に連絡を取りましょう。

【犬の皮膚】
汚い地面のうえでも平気でゴロゴロするんだから犬の皮膚はとても丈夫だと思っていませんか?
いえいえ、そんなことはありません。
外気や紫外線にさらされることに慣れている人間の皮膚に比べ全身を毛に守られているぶん犬の皮膚はとてもデリケートでナイーブなのです。
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っています。
人間の表皮は外からの刺激を受け止めるため厚く丈夫になっていますが、犬の表皮は人間の表皮の5分の1くらいの厚さしかありません。
いわば粘膜の上に薄皮1枚が乗っているだけというのが犬の皮膚なのです。
皮膚を痛めつけるほどゴシゴシとブラシをかけたり、皮膚を濡らしたまま放置したり、刺激の強いシャンプーや塗り薬などは犬の皮膚にダメージを与えるので気をつけましょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



ゴロちゃん大好き☆★
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 6月は「ローズ&キャット 防水マルチカバー ローズ」です。
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(5月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(64,112)
  2. 動物よくある相談( 45,533)
  3. 迷子動物、保護動物掲示板(44,498)
  4. 犬・猫と人間の年齢換算表(22,659)
  5. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(20,938)
  6. 犬のカロリー計算(15,438)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(15,335)
  8. 猫のカロリー計算(9,787)
  9. 犬セミナイベント(4,674)
  10. 動物の愛護セミナイベント(3,780)
コンテンツ別アクセス数

◆新着FAQ

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆動物・自然関係セミナー・イベント
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★水曜日・土曜日:東京都昭島市
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★〜7月1日:東京都中央区
★毎週月曜日8月1日終了:北海道江別市
★6月22日:京都府京都市
★6月25日:東京都渋谷区
★6月25日:神戸市中央区
★6月25日:東京都江東区
★6月25日:愛知県名古屋市
★6月25日:福井県大野市,7月2日:鯖江市,7月9日:福井市,7月16日:あわら市:あわら市
★6月26日:東京都豊島区
★6月26日:北海道旭川市
★6月26日:千葉県市川市
★6月26日:東京都町田市
★6月26日:神奈川県川崎市
★6月26日:東京都世田谷区
★6月26日:東京都葛飾区
★6月26日:三重県鈴鹿市
★6月26日:大阪府堺市
★6月26日:大阪府大阪市
★6月26日:愛知県名古屋市
★6月26日:東京都渋谷区
★6月26日:岡山県岡山市
★6月26日:茨城県水戸市
★6月26日:東京都中央区
★6月26日:東京都中野区
★6月26日:神奈川県横浜市
★6月26日:千葉県市川市
★6月26日:東京都葛飾区
★6月26日:宮崎県大字国富町
★6月26日:群馬県高崎市
★6月26日:埼玉県朝霞市
★6月26日:山梨県笛吹市
★6月26日:東京都葛飾区
★6月26日:東京都板橋区
★6月26日:山梨県甲府市
★6月26日:神奈川県横浜市
★7月2日:東京都武蔵野市
★7月2日:茨城県笠間市
★7月2日・3日:北海道上富良野町
★7月3日:東京都中野区
★7月3日:東京都港区
★7月3日:東京都町田市
★7月3日:兵庫県神戸市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:岡山県倉敷市
★7月3日:東京都品川区
★7月3日:東京都江戸川区
★7月9日:福岡県北九州市
★7月9日:埼玉県さいたま市
★7月10日:埼玉県新座市
★7月10日:東京都町田市
★7月10日:東京都大田区
★7月10日:大阪府大阪市
★7月10日:茨城県つくば市
★7月10日:神奈川県横須賀市
★7月10日:神奈川県横須賀市,8月11日:千葉県船橋市,9月10日:千葉県流山市
★7月10日,7月16日:長野県長野市
★7月13日:兵庫県姫路市
★7月15日:北海道旭川市
★7月16日:東京都豊島区
★7月16日:千葉県流山市
★7月16日:神奈川県茅ヶ崎市
★7月16日:大阪府高槻市
★7月16日:東京都豊島区
★7月17日:東京都練馬区
★7月17日:三重県三重郡
★7月17日:東京都東村山市
★7月17日:神奈川県川崎市
★7月17日開講:東京,7月30日開講:大阪
★7月18日:京都府京都市
★7月22日開講:東東京都台東区
★7月30日:東京都新宿区
★8月4日:大阪府大阪市
★8月7日:京都府京都市
★8月21日:東京都渋谷区
★8月28日:大阪府東大阪市
★8月28日:大阪府北摂
★9月24日・25日:東京都世田谷区
★10月8日,9日,10日:東京都千代田
★10月9日-10日:東京
★10月12日開講:東京,10月13日開講:兵庫県尼崎市

ペット動物獣医師セミナーイベント情報
産業動物獣医師セミナーイベント情報
公衆衛生獣医師セミナーイベント情報
動物看護師セミナーイベント情報

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2016 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。