獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニューペットの安楽死
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんペットの安楽死
2016年1月22日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

日本では殺処分と安楽死の違いが分からない方が少なくないです。
米動物園で世界最速認定のチーター死ぬ、15歳の長寿
元気で将来のある動物と末期症状で苦しんでいる動物は同じではありません。 後は苦痛しかない動物に耐えることを強いることが人道的とは私は考えません。
●原典:https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/801934499928806

昨日、安楽死についてシェアーしたところ、多くのコメントやいいねを頂戴しました。 ありがとうございます。 私は小動物臨床獣医師ですので、動物の生死は日常です。 そういう意味で、それなりにクールに安楽死も考えています。 終末医療になってきている動物の飼い主さんに説明しておくのは、呼吸困難のような動物も、また世話をしている飼い主さんも見ていて苦しむ症状になったら、検討しましょうと事前に説明しております。 人と違って痛みを訴える手段がないので、ひどく鳴くようなときも検討対象としています。 ようは、近づいてきている避けられない死に対して苦痛がひどいかどうか、私はそれを安楽死判断の目安にしています。
●原典:https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/802267033228886

安楽死第三話です。
私のFB友達は半分は獣医さん、残りの半分の1/3は一般飼い主さん、1/3は動物に関するプロの皆さん(pet産業従事者、畜産業など)、1/3は動物愛護家って感じじゃないかと想像しています。
そうなると、話題を振ればいろんな立場の人がコメント付ける。
すごく層の厚い話題になるので、喜んでいます。
昨日は、安楽死をされている臨床獣医師の方から深刻な話がありました。
死に神と呼ばれている。
誰が言っているのかは不明ですが、ひどい話だと思います。
安楽死をしない獣医師の考え方は、それは一つの見識で何も言えないと思います。
しかし、動物も苦しみ、それも見ている飼い主さんも苦しみ、困り果てて他の動物病院をあたるケースがあるのは事実で、私も相談に乗っています。
そうすると私も死に神とよばれているのかな。
そのようなケースでは、最後を迎えるのに細心の注意をして安らかな死を心がけます。
それで、死に神とよばれるのならそれも因果な仕事なのかな。
でも見たいのは、飼い主さんの苦悩のとれたおだやかなお顔ですから。
●原典:https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/802781443177445

安楽死第四話です。
第三話ではたくさんのコメントやいいね、本当にありがとうございます。
実り豊かなやりとりになっていると思います。
今日は、人の例で考えてみたいと思います。
人の末期癌患者などを受け入れている施設でホスピスとよばれる病院があります。
ホスピスでは、苦痛を緩和することを重要視し、治療は補助となります。
想定され、避けられない死に対して、積極的な治療は止め、残された時間を少しでも豊かにする、私は重要なことだと考えています。
この場合でも、積極的な延命処置とそれを避ける選択が出来ます。
これは、施設が決めるのではなく、ご本人がご家族と相談して事前に決めておくことになります。
積極的な延命処置やそうで無い方法は、医師が決めるわけではないのです。
さて、本題の動物の終末医療について考えてみましょう。
コメントにも良くありましたように動物は決めることは出来ません。
私は飼い主さんの決定がすべてだと考えています。
獣医師は参考意見を述べるのみで、獣医師に決定権はありません。
動物の終末医療をどうするのか、ある程度ペットが高齢になってきたら、飼い主さんは事前にちょっと考えておいてもいいかもしれませんね。
●原典:https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/803251999797056

安楽死第五話です。
前回のコメントはずいぶん辛い思いでが多く、私も読んでいて涙が出そうになりました。
以前、「獣医師はクール」と書きましたが、それは仕事上のことです。
毎日の仕事に、その都度感情移入していては持たないからです。
でも、その獣医師も元を正せば普通の飼い主。
私も忘れられない思い出を書きます。
その猫はペットホテルの預かりできました。
飼い主さんが病院に入院することになり、退院までの間少し預かってくれとのことでした。
大抵の獣医さんは、入院の猫をかわいがります。
気の弱い、警戒心の強い猫でしたので、すり寄ってくるようなことはなかったのですが、きちんと世話を焼かせてくれました。
そして、飼い主さんのご親戚の方が来られ、飼い主が戻れなくなったので殺処分してくれと依頼されました。
私だけでなく、ほとんどの先生がそのようなケースで殺処分できるわけもなく、私は内猫として受け入れました。
10年以上経過して終末医療の状態となりました。
私は、自分なり出来ることをしてあげたのですが、猫は意識がなく、時々けいれんするだけになっていました。
その猫に点滴などを続ける私に、見かねてある日奥さんがもう楽にしてあげたらと言いました。
そうです、私も普通の飼い主だったのです。
そんな獣医さんも少なくないと思います。
私は飼い主さんが獣医師の出す選択枝に迷った際にこうたずねることを薦めています。 先生のペットならどうしますか。
多くの獣医師は我に返ると思います。
そして自分の動物ならどうするか返事をくれると思います。
最後は飼い主さんが決めることですが、獣医師のプロとしての意見だけでなく、普通の飼い主としての意見も参考にされたらいいと思います。
●原典:https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/803770246411898

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


何か気になるナナちゃんです
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆獣医師広報板のコンテンツの整理が行われます。
獣医師広報板は1997年に開設されました。
開設以来20年以上経過し、ほとんど更新が出来なくなったコンテンツもあり、この度そのような休止状態コンテンツを閉鎖することになりました。
現在予定している閉鎖コンテンツは以下です。
  • リンク集
  • 文献集
  • 行政の野生動物保護窓口
  • 迷子動物・都道府県別確認先一覧
  • 行政の野生動物保護窓口
  • 夜間救急動物診療所
  • 動物よくある相談のかなりの部分
  • 動物別掲示板
  • 動物関係職種求人求職掲示板
  • 動物看護師掲示板
  • 動物園・水族館掲示板
  • 飼い主募集掲示板
  • 動物の愛護掲示板
  • 災害と動物掲示板
  • 野生と自然掲示板
閉鎖は2021年12月1日より実行し、新年にはシェープアップした新しい獣医師広報板となります。
皆さん、ご期待ください。

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆新着動物良くある相談(FAQ)

◆第10回日本動物大賞社会貢献賞
主宰者が(公財)日本動物愛護協会様主催第10回日本動物大賞社会貢献賞を受賞しました。
これも、開設以来お手伝いいただいているボランティアスタッフさんや企業・個人サポータ様、また掲示板での返事付けなど応援・支援者さまのおかげだと思っています。
授賞式当日の様子はクリックです。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(2021年6月期)
  1. 動物よくある相談( 38,758)
  2. 猫のカロリー計算(21,859)
  3. 犬のカロリー計算(16,604)
  4. 迷子動物、保護動物掲示板(16,595)
  5. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(9,957)
  6. 飼い主募集セミナイベント(5,610)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(4,218)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(3,658)
  9. 広報板カフェ(2,646 )
  10. 意見交換掲示板(1,154)
コンテンツ別アクセス数

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜2021年12月12日:オンライン
★〜2022年1月10日:オンライン
★12月12日:オンライン
★12月18日:オンライン
★2022年1月9日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
小動物臨床レクチャーシリーズ
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
★12月12日:東京
★12月16日:オンライン
★12月20日,1月24日,2月21日:オンライン
★2022年1月16日:オンライン
★2022年2月6日:東京都墨田区
★2022年3月18日,19日,20日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:兵庫県神戸市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★12月8日,12日:香川県高松市
★12月8日,15日:大阪府大阪市
★12月8日,15日:沖縄県南城市
★12月9日:千葉県松戸市
★12月11日:奈良県大和高田市
★12月11日:三重県鈴鹿市
★12月11日:埼玉県幸手市
★12月11日,12日:北海道札幌市
★12月11日:千葉県柏市
★12月11日:山梨県笛吹市
★12月11日:東京都日野市
★12月11日:愛知県名古屋市
★12月11日:福岡県北九州市
★12月11日,12日:岡山県瀬戸内市
★12月12日:三重県桑名市
★12月12日:茨城県土浦市
★12月12日:大阪府大阪市
★12月12日:京都府京都市
★12月12日:大阪府大東市
★12月12日:大阪府南河内郡
★12月12日:埼玉県三郷市
★12月12日:東京都中野区
★12月12日:兵庫県神戸市
★12月12日:広島県東広島市
★12月12日:高知県須崎市
★12月12日:岐阜県中津川市
★12月12日:茨城県ひたちなか市
★12月12日:愛知県名古屋市
★12月12日:秋田県秋田市
★12月12日:東京都中央区
★12月12日:東京都渋谷区
★12月12日:兵庫県加古川市
★12月12日:大阪府吹田市
★12月12日:神奈川県横浜市
★12月12日:東京都中央区
★12月12日:千葉県千葉市
★12月12日:神奈川県横浜市
★12月12日:東京都中野区
★12月12日:埼玉県さいたま市
★12月12日:東京都町田市
★12月12日:群馬県高崎市
★12月12日:三重県四日市市
★12月12日:新潟県新潟市
★12月12日:福井県福井市
★12月12日:東京都港区
★12月12日:兵庫県明石市
★12月12日:大阪府高槻市
★12月12日:岡山県岡山市
★12月12日:茨城県土浦市
★12月12日:愛知県名古屋市
★12月12日:愛知県豊橋市
★12月12日:大阪府堺市
★12月12日:千葉県船橋市
★12月12日:東京都葛飾区
★12月12日:愛知県名古屋市
★12月12日:兵庫県尼崎市
★12月12日:東京都葛飾区
★12月12日:埼玉県川越市
★12月12日:神奈川県川崎市
★12月12日:栃木県那須塩原市
★12月12日:大阪府大阪市
★12月12日:東京都台東区
★12月12日:岡山県玉野市
★12月12日:宮崎県宮崎市
★12月12日:東京都青梅市
★12月12日:千葉県千葉市
★12月12日:愛知県名古屋市
★12月12日:埼玉県坂戸市
★12月12日:東京都足立区
★12月12日:東京都渋谷区
★12月12日:愛知県名古屋市
★12月12日:熊本県熊本市
★12月12日:愛媛県松山市
★12月12日:岡山県岡山市
★12月12日:大阪府守口市
★12月15日:栃木県宇都宮市
★12月18日:神奈川県茅ヶ崎市
★12月18日:愛知県春日井市
★12月18日:埼玉県川越市
★12月18日:愛知県日進市
★12月18日:大阪府大阪市
★12月18日:埼玉県草加市
★12月18日:愛知県瀬戸市
★12月18日:愛知県豊明市
★12月18日:東京都中央区
★12月18日:埼玉県春日部市
★12月19日:新潟県長岡市
★12月19日:東京都中央区
★12月19日:三重県名張市
★12月19日:大阪府八尾市
★12月19日:東京都江戸川区
★12月19日:滋賀県甲賀市
★12月19日:大阪府堺市
★12月19日:東京都町田市
★12月19日:大阪府大阪市
★12月19日:三重県三重郡
★12月19日:東京都東村山市
★12月19日:茨城県土浦市
★12月19日:大阪府吹田市
★12月19日:埼玉県さいたま市
★12月19日:大阪府大阪市
★12月19日:奈良県奈良市
★12月19日:愛知県高浜市
★12月19日:東京都西東京市
★12月19日:岐阜県多治見市
★12月19日:兵庫県加古川市
★12月19日:大阪府高槻市
★12月19日:愛知県名古屋市
★12月19日:東京都板橋区
★12月19日:兵庫県神戸市
★12月19日:大阪府大阪市
★12月19日:埼玉県所沢市
★12月19日:青森県八戸市
★12月19日:岡山県倉敷市
★12月19日:和歌山県和歌山市
★12月19日:千葉県千葉市
★12月19日:東京都杉並区
★12月19日:埼玉県さいたま市
★12月19日:茨城県つくば市
★12月19日:埼玉県所沢市
★12月19日:東京都杉並区
★12月19日:東京都世田谷区
★12月19日:香川県高松市
★12月19日:千葉県千葉市
★12月25日:大阪府大阪市
★12月25日:埼玉県飯能市
★12月25日:埼玉県八潮市
★12月26日:大阪府河内長野市
★12月26日:東京都町田市
★12月26日:岐阜県土岐市
★12月26日:大阪府和泉市
★12月26日:東京都調布市
★12月26日:大阪府堺市
★12月26日:大阪府摂津市
★12月26日:岐阜県土岐市
★12月26日:東京都文京区
★12月26日:三重県四日市市
★12月26日:埼玉県蓮田市
★12月26日:兵庫県神戸市
★12月26日:高知県室戸市
★1月2日:東京都清瀬市
★1月2日:東京都町田市
★1月2日:茨城県つくば市
★1月2日:三重県亀山市
★1月8日:愛知県名古屋市
★1月9日:兵庫県神戸市
★1月10日:大阪府大阪市
★1月15日:大阪府池田市
★1月16日:兵庫県神戸市
★1月16日:神奈川県横浜市
★2月6日:大阪府大阪市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。