獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニューペット問題の諸悪の根源は需要側か供給側か
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんペット問題の諸悪の根源は需要側か供給側か
2022年1月22日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:276人,コメント:38件,シェア:15件(クリック)
諸悪の根源発言にこだわるが、本当にショーウィンドウ越しのペットの流通がなくなれば諸悪はなくなるのだろうか。
繁華街のペットショップでは、ドアの向こうに通されて、ペットを見ることになるだろうし、ネットは違法薬物のように隠語でペットが販売されるだろう。
だって、ペットが欲しい人(需要)は旺盛なのだから、供給が表立って出来なくなれば、闇でやる。
そうなれば動物取扱業の登録も必要ない。
今まで以上に動物の流通は法の外になる。
私は、諸悪どころか、違法行為のやり放題になるとしか思えない。
私自身は、ペットが欲しい人(需要)に問題を感じる。
テレビで白い犬がしゃべっているので購入したらしゃべらないので返しに来たそうだ。
嘘のようだが、ペットが欲しい人(需要)の動物に対する無知というのは恐ろしい。
大型犬の子犬を飼ったら大きくなった=保健所行き。
猫を飼ったら、うんこやおしっこをする=嫌になった。
本当にある話である。
確かにペットショップ(供給)は、うってくれと言われれば有料で譲渡する。
そんなお客さんだと調べようがない。
可能かどうかは別にして、犬猫の飼育を目指して購入される人に半日講習を義務づけるなんてこともいいかもしれない。
私は、あえて諸悪の根源なら、供給側より需要側に感じる。

元発言(facebook) いいね:254人,コメント:17件,シェア:2件(クリック)
需要と供給というのがよく理解されない人がいるようなので、少し説明します。
私が赤鉛筆を作るとします。
欲しい人がいたので、売れました。
私が供給側で、欲しい人が需要側です。
私が、たくさん赤鉛筆を作ったとしても、ほとんど売れなかった。
これが需要がない状態です。
そうなると供給している私としては、赤鉛筆の生産を絞るか辞めるしか無いです。
逆に、赤鉛筆が飛ぶように売れ、供給が間に合わないとします。
これが需要が旺盛の状態で、結果として、赤鉛筆の値段は上がります。
今、子犬の値段は過去に比べて上がっています。
これは需要が多い状態と考えていいと思います。
子犬の供給側は工場生産ではありませんので、足りないから値段が上がるわけです。
供給側を縮小させるのは簡単です。
だれも買わなくなればいい。
供給側はビジネスですので、廃業するか、縮小するかしかなくなります。
つまり、子犬の流通は需要と供給で成り立っていて、需要の強さが供給の経営に影響します。
供給側が何かまるで押し売りでもしているかのようにおっしゃる方がいらっしゃいますが、供給側は需要に応じているだけ。
表向きの供給に制限を加えれば、需要は同じですので、闇の供給が旺盛となり、結果として、今以上の無法地帯になると私は想像しています。
大事なのは子犬を欲しがる人(需要側)の問題で、昨日も書きましたが、購入に関して、半日講習でも義務づけたら、衝動的な購入やプレゼントはなくなり、不幸な流通は減らすことができるのではないかと私は考えています。
もちろん、保護動物の譲渡も同じ義務づけが必要となりますが。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


やっぱりおっぱいの方がいいな〜
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★〜4月30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。