獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュードイツの狩猟法による犬猫の殺処分数
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんドイツの狩猟法による犬猫の殺処分数
2021年10月18日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:39人,コメント:30件,シェア:9件(クリック)
ネットサ−フィンしていてドイツについてこんなペ−ジを読みました。
犬や猫を射殺してもよいというのは本当か?
−−−−−−−−
年間どのくらいの犬や猫が射殺されているのか?
 例えばノルトライン・ヴェストファ−レン州における2012年度の統計では、狩猟者による駆除頭数に関し野良猫10,047頭、野良犬77頭と発表されています。
 ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計はありませんが、動物福祉協会は年間10万頭、動物保護団体PETAは年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると推計しています。
−−−−−−−−
よくドイツは殺処分ゼロの国と言うひとがいますが、射殺は殺処分には入らないのでしょうか。
現実は夢のような国ではないようです。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 「小犬のへや」は、元々誤りが多いサイト。この記事は、環境省の資料をもとにしていると思われます。
https://www.env.go.jp/council/14animal/ref49_3.pdf
この資料にかかれていることはそもそも出典をしてしていませんし「関係者にヒヤリング調査を行った」としていますがほぼ誤りです。通訳がほぼ通じていないと思われます。この資料に関しては、私は環境省に誤りを数十回指摘し、出典を回答するよう求めるメールを送っていますが、一度も回答はありません。ごく一部の例ですが「ドイツでは数年前に犬を郵送することが禁じられた」?そのような法律はありません。またドイツは郵便事業は民営で郵便小包はなく、それに当たるものは民間企業のDHL等が行っています。犬の宅配は当たり前に行われています。「ドイツでは繁殖雌犬2頭以上でブリーダーの認可が必要?3頭以上です。これらは氷山の一角。「事故に遭った猫の手術費が1,500ユーロ(18万円)だとしても、治療が可能であるならば安楽殺してはならないという判決」?該当する判決はありません。環境省にも出典を求めていますが回答はありません。猫の時価を超える治療費が認められた判決はあります。「犬や猫が狩猟の対象動物を怒らせるなど危険な状態を生じさせる」?この誤訳はひどい。「猟師が飼い犬や飼い猫を撃ったとしても、『首輪をつけている』などペットであることが明白な場合を除き、処罰の対象になることはありません」?ペットであることが明白であっても処罰されません。複数の州では(バイエルン州など)は、ライブトラップで捕獲した後に、それが飼猫であっても殺害して良いと法律条文で明記されています。「ティアハイムにおいては基本的に殺処分が行われません」?2014年の大学の調査では犬の殺処分率は26.2%で日本の公的殺処分率より高いです。「日本の行政機関が行っている殺処分を、『狩猟法』という隠れ蓑を持ったハンター達が屋外で行っている」?「ドイツには公的殺処分がない代わりに狩猟で犬猫を狩猟している」と誤解を招く記述で問題。ドイツでは野良犬猫を行政が捕獲し公的動物収容所で殺処分も行います。また日本にない禁止犬種、咬傷犬、不適正動物飼育者の動物を行政が強制的に殺処分する権限があります。狂犬病規則による強制殺処分の規程は日本より厳格です。それと「ドイツは犬猫等の保護は民間主体で行政は行わない」と誤解する記述も問題。ドイツは野良迷い犬猫等の一次収容は行政の責務であり、行政の権限が極めて強い国です。例えば不適正飼育者から動物と取り上げて強制的に殺処分を行うには司法判断が不要で行政当局だけの判断で行なえます。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 このサイトの過去の記事も相当ひどいですが、そのようなサイトに限ってメール受信やコメント投稿がなく言いっ放し。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 「よくドイツは殺処分ゼロの国と言うひとがいますが、射殺は殺処分には入らないのでしょうか」〜ドイツには公的施設内での行政が行う殺処分があります。野良犬と猫も行政が捕獲収容します。日本にはない、咬傷犬や禁止犬種、不適正飼育者から動物を取り上げて強制的に殺処分する制度もあります。誤解しないで下さい。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://www.wp.de/region/sauer-und-siegerland/jaeger-erschiessen-rund-11-000-katzen-in-nrw-pro-jahr-id8919065.html
上記の数字を引用したマスコミの記事があります(有料記事で一部だけ表示)。犬猫の狩猟数の公的統計を公表しているドイツの州は、NRW州も含めて3州程度あったと記憶しています。公的統計は狩猟者の届け出数を根拠にしており、「氷山の一角」であるのはドイツでは周知の事実です。2014/1/27 -Sie fordern eine Novellierung des Bundesjagdgesetzes. 10.047 Katzen und 77 Hunde sind im Jagdjahr 2012/2013 in NRW geschossen worden. 「2014/1 / 27-彼らは連邦狩猟法の改正を求めています。 2012/2013年の狩猟年にノルトラインヴェストファーレン州で10,047匹の猫と77匹の犬が撃たれました」の記述は検索により表示されたもの。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://www.lieblingskatze.net/jagd-auf-katzen-schiessen-schaufeln-schweigen/
この資料は物議を醸した国立国会図書館の資料の、「ドイツでの猫狩猟数40万 犬6万5000」より新しく、2015年のものです。それによると猫〜50万、犬5万です。飼犬猫がハンターに撃たれたなどという動画やニュースは連日のようにありますし、州によってはライブトラップで捕獲した後に殺害しても良いと明記されています。なお犬猫の狩猟は他の狩猟鳥獣と異なり猟期がなく一年中できますので、レジャーハンターの標的になります。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://www.youtube.com/watch?v=c8pDkVgWoBw
ドイツバイエルン州。ライブトラップにかかった猫をピストルで射殺する女性ハンター。ハンターらは、狩猟鳥のキジが猫の犠牲になることで猫の放し飼いに警告するためにこのビデオを公開したと思われる。狩猟協会はお金をかけてキジを養殖して放鳥していますので。なおバイエルン州ではライブトラップで捕獲した後に猫を殺害することが合法です。飼い猫でもです。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 高位推計で55万の犬猫を射殺しているとは、ものすごい数です。警察官もよく撃ちますし。つまり犬猫の致死手段でのコントロールにはドイツは躊躇していないということです。それがなぜ施設内での殺処分はとことんしないというデマが日本で歪曲されて流布されてるのか。普通に考えればハンターが住宅地近くでペットをバカスカ撃っているような国は施設内での致死処分でも抵抗が無いと判断できるのでは、事実そうですし。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ミュンヘン駅前で大型犬が制御不能になり、飼主の目の前で警察官がその犬を射殺した。若い女性の飼主が必死に抵抗しているのに警察官が突き飛ばしてまさに目前で犬を射殺しています。このように致死手段で動物をコントロールすることを厭わない国が、施設に収容された動物はとことん殺さない、殺すことに抵抗があると思えますか。
https://www.youtube.com/watch?v=7d_WKfDh9ec

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 Koji Kawamura 様「野良犬野良猫」ではなく、外犬外猫です。飼犬猫であっても禁止する条文規定はありません。「許可を受けた使役犬」でなければ、飼犬であっても条件を満たせば狩猟での殺害が合法です。目立つ首輪をして飼主明示がある犬を射殺したハンターが略式で無罪になる、飼主の至近距離で犬が射殺されたが撃ったハンターは刑事訴追すらされませんでした。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 柳岡良明 さん、https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8748098_po_0830.pdfのことでしょうが。あなたのパソコンにダウンロードしたファイル名をそのまま貼ってもURLに飛びませんよ。この資料がお好きなようですが偏向誤りが多い問題資料です。それと図書館よりネットでドイツの論文などをお調べすることをおすすめします。大学教授の文献でも日本語のものは「ドイツでは動物実験を禁じている」というとんでもないものばかりですので。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 立法考査局にはしばしば抗議のメールを送っています。「ドイツでは家畜の屠殺で麻酔を用いなければならない」とか。そんな肉を流通させれば犯罪ですし、食べたら高確率で死ぬ。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 川村先生、いい加減にして下さい。ドイツ16州全ての狩猟法で犬猫の狩猟を「野良(無主物)犬猫に限る」という条文規定はありません。単に「犬、猫」で司法判断でもその犬猫に飼犬猫も含みます。ノルトラインーヴェストファーレン州の狩猟統計でも「犬、猫」です。そんなに「ドイツで狩猟が認められている犬猫は無主物に限る」というデマを広げたいのですか。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 Koji Kawamura 様、野良(無主物)以外の、飼犬猫も狩猟対象です。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 先生のこのタイムラインですが、先生は「ドイツでは野良犬野良猫の狩猟」と記述しています。野良犬猫は無主物と解されています。私は16州全てのドイツの狩猟法の原文を確認しましたが、「無主物に限る。飼い主がいる犬猫は狩猟してはならない」という記述はありません。「非占有」であれば狩猟が可能です。現にリードをしていない犬を飼主から3メートルしか離れていない状態で射殺したハンターは「犬が非占有状態だった」ために刑事訴追されていません。また猫はライブトラップで捕獲した後に飼い猫であっても殺害して良いと、バイエルン州などは見解を示しています。川村先生が「ドイツでは野良犬猫(無主物)に限り狩猟して良い」という記述にこだわるのならば、その法律の原文を明示して下さい。私はこの記述は日本でご牡蠣を招きますので、訂正されることを強く望みます。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1300.html
バイエルン州は、罠で捕まえた猫を殺害した後に、その猫の飼主がわかっていても(首輪などでの飼主明示)、飼主に知らせなくても良いと州政府が見解を示した。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1206.html
近所の猫を飼い猫と知りつつ射殺して何ら問題にならなかった例と、飼主からわずか3メートルの距離で飼犬を射殺したハンターは刑事訴追を受けなかった例。その他、目立つ首輪をして、過犬主明示をしていた犬を射殺してそのまま埋めて処分したハンターが略式で無罪になった例などがあります。このタイムラインの「ドイツでは野良犬猫は狩猟して良い」は野良犬猫(無主物に限ると誤解を招く記述です。訂正を強く望みます。法律に関する記述は正確性を期して下さい。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 例えばノルトライン・ヴェストファーレン州における2012年度の統計では、狩猟者による駆除頭数に関し野良猫10,047頭、野良犬77頭と発表されています。 〜誤りです。NRW州は過去に犬猫の狩猟統計を出していますが、単に犬(hund)、猫(Katze)です。野良犬野良猫(無主物)とはしていません。記述は正確にお願いします。ドイツでは連邦狩猟法、各州の狩猟法でも全て「犬猫の狩猟は無主物に限る」という条文の記述は一切ありません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


りんママさんちのりん
(生後3ヶ月の頃)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆新型コロナ関係外部リンク

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2022年12月期)
  1. トップページ(23,394)
  2. 管理人の独り言(10,778)
  3. 猫のカロリー計算(9,846)
  4. 動物よくある相談(6,352)
  5. 犬のカロリー計算(6,148)
  6. 譲渡会情報(3,997)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(2,920)
  8. 広報板カフェ(1,436)
  9. ペット動物獣医師セミナー(1,431)
コンテンツ別アクセス数

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜1月30日:オンライン
★〜2月5日:福岡県福岡市
★〜2月26日:東京都台東区
★〜3月30日:東京都港区
★〜4月20日
★2月10日:オンライン
★2月10日,11日:神奈川県横浜市
★2月17日:オンライン
★2月18日-3月5日:愛知県名古屋市
★2月21日:オンライン
★2月22日:長野県小諸市
★2月22日締め切り,3月26日開催:札幌,東京,名古屋,大阪,福岡,オンライン
★2月26日:兵庫県神戸市
★3月9日:オンライン
★3月12日:東京都豊島区
★3月30日-4月4日:東京都江東区
★4月23日:栃木県那須郡
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★6月16日-18日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
HORIBA Medical for VET
日本臨床獣医学フォーラム
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
WAHA-World Animal Hospital Association(世界動物病院協会)
日本動物病院協会
asck
動物の医療と健康を考える情報サイト
日本獣医輸血研究会
鳥類臨床研究会
日本獣医麻酔外科学会
VETS TECH
★1月30日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月8日:オンライン
★2月17日,3月17日:オンライン
★2月17日-3月21日:オンライン,2月26日:東京都千代田区
★2月22日:オンライン
★2月23日:大阪府大阪市
★2月24日開講:オンライン
★2月26日:東京都町田市,3月2日:東京都港区
★3月1日-3日:東京,3月5日-7日:大阪
★3月22日:オンライン
★2月22日:オンライン
★3月28日:オンライン
★4月6日,12日開講:オンライン
★4月6日,12日:オンライン
★7月5日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★毎月第2・第4水曜日土曜日,毎日曜日:東京都北区
★〜1月31日:岡山県岡山市
★2月1日,5日:香川県高松市
★2月1日,8日:大阪府大阪市
★2月1日,15日,18日,25日:大分県大分市
★2月2日:千葉県松戸市
★2月3日:宮城県仙台市
★2月4日:大阪府大阪市
★2月4日:千葉県船橋市
★2月4日:茨城県牛久市
★2月4日:埼玉県草加市
★2月4日:東京都渋谷区
★2月4日:神奈川県横浜市
★2月4日:愛知県高浜市
★2月4日:東京都日野市
★2月4日:山梨県笛吹市
★2月4日:千葉県柏市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日:愛知県瀬戸市
★2月4日:三重県鈴鹿市
★2月4日:埼玉県川越市
★2月4日:千葉県市原市
★2月4日:兵庫県明石市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日,5日:岡山県瀬戸内市
★2月4日,5日:北海道上富良野町
★2月4日,5日:愛知県名古屋市
★2月4日,5日:東京都渋谷区
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:東京都町田市
★2月5日:三重県亀山市
★2月5日:埼玉県北本市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:愛知県長久手市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府吹田市
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:香川県高松市
★2月5日:埼玉県さいたま市
★2月5日:東京都港区
★2月5日:神奈川県横浜市市
★2月5日:青森県八戸市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:茨城県つくば市
★2月5日:滋賀県近江八幡市
★2月5日:新潟県新潟市
★2月5日:愛知県名古屋市
★2月5日:東京都豊島区
★2月5日:兵庫県神戸市
★2月5日:京都府京都市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日:滋賀県甲賀市
★2月5日:滋賀県大津市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:愛知県みよし市
★2月5日:大阪府泉南市
★2月5日:愛知県小牧市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日 :埼玉県所沢市
★2月5日:埼玉県川越市
★2月5日:栃木県那須塩原市
★2月5日:宮崎県宮崎市
★2月5日:東京都青梅市
★2月5日:兵庫県尼崎市
★2月5日:東京都足立区
★2月5日:東京都荒川区
★2月5日:神奈川県川崎市
★2月5日:岡山県玉野市
★2月5日:東京都台東区
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:千葉県千葉市
★2月5日:東京都三鷹市
★2月5日:東京都世田谷区
★2月5日:東京都中央区
★2月5日:愛知県安城市
★2月5日:長野県上田市
★2月5日:大阪府豊中市
★2月5日:兵庫県加古川市
★2月5日:神奈川県横浜市
★2月8日:大阪府大阪市
★2月8日:大阪府泉大津市
★2月11日:愛知県名古屋市
★2月11日:奈良県大和高田市
★2月11日:大阪府枚方市
★2月11日:岩手県一関市
★2月11日:兵庫県姫路市
★2月11日:兵庫県神戸市
★2月11日:山口県山口市
★2月11日:埼玉県幸手市
★2月11日:埼玉県さいたま市
★2月11日:福岡県北九州市
★2月11日:東京都練馬区
★2月12日:兵庫県尼崎市
★2月12日:岡山県岡山市
★2月12日:大阪府河南町
★2月12日:大阪府大東市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:埼玉県三郷市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:大阪府八尾市
★2月12日:高知県高知市
★2月12日:千葉県市原市
★2月12日:東京都台東区
★2月12日:高知県須崎市
★2月12日:京都府京都市
★2月12日:茨城県ひたちなか市
★2月12日:東京都板橋区
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:東京都新宿区
★2月12日:福井県福井市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:東京都町田市
★2月12日:埼玉県蓮田市
★2月12日:千葉県千葉市
★2月12日:東京都中野区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:愛知県豊川市
★2月12日:兵庫県西宮市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都練馬区
★2月12日:東京都武蔵野市
★2月12日:三重県桑名市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:埼玉県さいたま市
★2月12日:愛知県刈谷市
★2月12日:岐阜県中津川市
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都文京区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:東京都世田谷区
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:大阪府堺市
★2月12日:広島県呉市
★2月12日:奈良県大和高田市
★2月13日-27日:オンライン
★2月16日:埼玉県さいたま市
★2月18日:神奈川県鎌倉市
★2月18日:大阪府大阪市
★2月18日:神奈川県茅ヶ崎市
★2月18日:大阪府堺市
★2月18日:神奈川県相模原市
★2月18日:茨城県つくば市
★2月18日:愛知県春日井市
★2月18日:千葉県千葉市
★2月18日:愛知県日進市
★2月18日:長野県長野市
★2月18日,19日:千葉県船橋市
★2月19日:東京都中央区
★2月19日:愛知県碧南市
★2月19日:福井県福井市
★2月19日:大阪府堺市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:三重県三重郡
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:東京都町田市
★2月19日:東京都足立区
★2月19日:大阪府吹田市
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:和歌山県和歌山市
★2月19日:東京都江戸川区
★2月19日:奈良県奈良市
★2月19日:愛知県名古屋市
★2月19日:東京都江東区
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:千葉県我孫子市
★2月19日:秋田県秋田市
★2月19日:茨城県水戸市
★2月19日:三重県津市
★2月19日:岡山県津山市
★2月19日:岐阜県多治見市
★2月19日:千葉県千葉市
★2月19日:兵庫県神戸市
★2月22日:栃木県宇都宮市
★2月25日:大阪府泉北郡
★2月25日:大阪府高槻市
★2月25日:埼玉県八潮市
★2月25日:大阪府大東市
★2月25日:岐阜県岐阜市
★2月26日:高知県四万十市
★2月26日:奈良県奈良市
★2月26日:千葉県東金市
★2月26日:東京都町田市
★2月26日:東京都西東京市
★2月26日:兵庫県加古川市
★2月26日:東京都調布市
★2月26日:茨城県土浦市
★2月26日:滋賀県大津市
★2月26日:茨城県牛久市
★2月26日:千葉県千葉市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:茨城県守谷市
★2月26日:大阪府堺市
★2月26日:兵庫県尼崎市
★2月26日:茨城県ひたちなか市
★2月26日:宮崎県都城市
★2月26日:神奈川県小田原市
★2月26日:神奈川県三浦市
★2月26日:大阪府寝屋川市
★2月26日:埼玉県さいたま市
★2月26日:岐阜県土岐市
★2月26日:神奈川県横浜市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:広島県福山市
★3月5日:京都府京都市
★3月12日:岡山県総社市
★3月12日:和歌山県海草郡
★3月18日:埼玉県熊谷市
★3月19日:大阪府泉南郡
★3月19日:兵庫県神戸市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。