獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニューミスをしないようにでは、ミスはなくならない
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんミスをしないようにでは、ミスはなくならない
2022年9月6日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:247人,コメント:13件,シェア:0件(クリック)
友人の動物病院で、院長が看護師に声をかけた。
「ミスをしないように」
看護師は「ハイ」と答えた。
私は奇異に感じた。
「ミスをしないように」と言われても具体的な指摘がない。
結局、精神論。
具体的に○○をチェックしてください。
この方が役に立つ。
昨日、幼児が送迎バスに取り残されて死亡した。
この場合、「ミスをしないように」では何の役にも立たない。
それよりも、「送迎スタッフは園児を降ろした後に車内を点検するように」が大事なのである。
ひとつひとつ確実に点検する。
結果として大変なミスを防ぐ。
ミスに繋がる箇所をひとつひとつ点検する作業を怠らない。
その作業を怠れば、大変なミスに繋がるのである。
亡くなられた園児のご冥福を祈ります。

元発言(facebook) いいね:271人,コメント:31件,シェア:2件(クリック)
園児バス事故の続話です。
この一年間にバス置き去りは15件だそうです。
これは慢性的な人手不足や慣れなどがあるとのこと。
海外の対策で園児バスの最後部に赤いベルを置くというのがあった。
園児を降ろした後、バスの最後部まで行ってこのベルを押さないでバスをロックすると、施設中に鳴り響くサイレンが鳴る。
これなら、必ずバスの最後部まで運転手が行く。
こんなシンプルな管理システムなら、誰でも守れる。
というか、守らざるを得ない。
今回の園が採用しているタブレットによる管理は、役に立っていない。
安全対策はシンプルがいいと思う。

元発言(facebook) いいね:230人,コメント:22件,シェア:0件(クリック)
園児バス事故の続話です。
昨日は、降車時に車の最後尾までチェックしなかった問題を取り上げましたが、園のバスのイラストについて書かせていただきます。
窓までイラストに覆われていて、外から容易に中が見えない。
あれでは、園児がいても分からないのではないか。
静岡県は定期監査で異常が無かったと言うが、あのバスは中が見えない。
バスの中の異常が周囲から容易に見えなくて、それで監査が通るのか。
私は、暴走族の車じゃあるまいし、中の様子が見えた方がいいのでは無いかと思いました。

元発言(facebook) いいね:107人,コメント:9件,シェア:1件(クリック)
この園長に管理能力は無い。
ーーーーーーーーーーー
会見でヘラヘラ笑いの“園児置き去り死亡”幼稚園にネット大激怒「はらわたが煮えくり返る」
ーーーーーーーーーーー
それは自覚されているようで、自分は実務に関わらないようにしているようにお見受けした。
でも、園長は最高責任者。
管理運営をしなければならない。
廃園か辞任を迫られているようだが、もっと早く行政が引導を渡すべきだった。
その為にも、抜き打ちチェックのような実際に即した監査が必要だと思う。
私自身は動物病院を経営しているが、アポなしで大阪府職員が監査に来る。
薬の管理はどうなっているか、台帳はチキンと記載されているか、そしてカルテと照合確認していく。
それがアポなしなのである。
そしてその結果逮捕された獣医師もいる。
そのくらい、行政は認定幼稚園を監査したらどうだろう。
結果、管理能力のない園長はクビにするくらいの権限を行使した方がよい。

元発言(facebook) いいね:234人,コメント:19件,シェア:1件(クリック)
あの園長、観光船の社長と
同じ臭いがする。

元発言(facebook) いいね:294人,コメント:6件,シェア:1件(クリック)
園児バス事故の続話です
私は、避妊手術の際にお腹を半分縫合したら、一度縫合する作業をやめ、未縫合の部分を広げてお腹の中を観察し、不正出血が発生していないか確認してから残りの部分を閉鎖します。
観察できる最後のチャンスにきちんと問題が無いか確認してから縫合しているのですが、あまりに若い頃からやっているので、誰に教わったか覚えていない。
指導教官かも知れないし、講習会かも知れない。
何にしても40年以上やっている。
で、この確認が役に立ったことは一度も無い。
でも無駄なことやったと後悔していません。
そして、残りの獣医師人生もこの作業は続けます。
安全確認なんて、そんなものだと思うのです。
園バスの運転手が必ず園児を降ろした後車内点検するような人なら、乗った園児の数と降りた園児の数をカウントしているでしょう。
それでも、降車後に確認するでしょう。
安全確認というのは、そんなものなのです。
無駄ではありませんしバカ正直でもありません。
大事なことなのです。
仕事は最後の確認までが仕事。
精神論みたいになってしまいましたが、誰にも見られことも無く、評価されることもなく多くの人が安全確認を確実にやっているから社会の安全が守られているんだと私は考えています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


すっかりお年頃になった
ピヨちん。
カメラに超接近!
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年4月のBest
  1. 大阪万博ペット同伴絶対反対(107)
  2. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(79)
  3. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(59)
  4. 動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる(53)
  5. 愛護芸人の言う海外とはどこのことだろ(51)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年4月期)
  1. 猫のカロリー計算(4,544)
  2. 犬のカロリー計算(3,890)
  3. 動物よくある相談(3,603)
  4. 管理人の独り言(3,600)
  5. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(3,045)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,838)
  7. 広報板カフェ(1,687)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜6月2日:東京都台東区
★5月31日:インターネット
★6月1日:和歌山県日高郡
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月10日-24日:オンライン
★6月15日:栃木県日光市
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月23日:北海道札幌市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月29日:長野県岡谷市
★6月30日:兵庫県神戸市
★6月30日 応募締め切り:ネット募集
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。