獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー人によって命を奪われる動物が一匹でもいるうちは、その死を安らかにするのも獣医師の仕事
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん人によって命を奪われる動物が一匹でもいるうちは、その死を安らかにするのも獣医師の仕事
2023年3月2日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:151人,コメント:17件,シェア:4件(クリック)
先程、私の個人サイト獣医師広報板の管理人の独り言の二月期一番読まれたのは以下のページだと紹介した。
「安楽死に利用されていたペントバルビタールの代替え薬」

このように私は動物の殺処分の方法について意見を言うことがある。
なぜならば私は獣医師だから。
ある種に人たちに獣医師のくせに安楽死の方法について意見を言うと言われることがある。
では聞く。
この世の中で動物(犬猫だけでない)の殺処分方法について、アニマルウエルフェアに即して研究・検討・議論するのは誰なのか。
私はそれは獣医師の仕事だと信じている。
少なくても、気の狂った感情的な人たちではない。
冷静な科学者が検討しなくてどうする。
しかし、日本ではこの話題について獣医師が意見を言うと前述した気の狂った感情的な人たちの攻撃の的になる。
それは威力業務妨害も伴うので利口な獣医師はこの問題について意見を差し控える。
私は意見が言えない世の中なら死んだ方がいいと思っているので、自由に意見を言う。
この世の中で人によって命を奪う動物が一匹でもいる限りは、その死を安らかにするように努力するのは獣医師の仕事のひとつであるから。

●Misako Yasuiさんのコメント
生活に欠かせない豚や牛、鶏等が日常的に虐待されても、無惨に屠殺されても「感謝していただく=殺しても構わない」と言うくせに、犬猫のさっ処分となると感情的になる人たち。
常軌を逸する行動に出る犬猫愛護者が決めることとは思いません。
ペットだけでなく、人間生活に関わる動物の生死に従する獣医師のみなさんにこそ、議論をお願いしたい課題です。

●Keiko Kateさんのコメント
安楽死には3つパターンが有るようですが、安らかな死では無いのなら、その選択は厳しい決断ですね。

●松田 早苗さんのコメント
Keiko Kate 様 「安らかでない死」=ネグレクト保管による殺さない程度の生かし方をして 死まで何もしないことが「殺さなかった」とされているこの頃の動物あいごはだれのためかと問いたいですよね

●Keiko Kateさんのコメント
松田 早苗 様。
動物の生体に相応しい福祉の愛護ではなく愛護法からの責任逃れの…愛護に思えます。

●松田 早苗さんのコメント
【---このように私は動物の殺処分の方法について意見を言うことがある。
なぜならば私は獣医師だから。------】
多くの獣医師の方々に問いたいですね
10年以上もホームドクターを務めて 飼主様も犬も高齢となり 十分な世話ができなくなったから安楽死をお願いされたが 自分にはできないからと断られて 行政機関に連れてこられたことがありました
飼い主様と行政機関の受付で話して 私が本当のやさしさを知っておられた獣医師のところへ同行案内し 安楽死処置をして頂いたことがありました
飼主様はとても喜んでおられました
ある獣医師会の高位にいる方と初めて出会ったいきさつが 「ペルシャ猫の安楽死を飼主様から頼まれたが 「私にはどうしてもできないから」と 私に引き取りを依頼されたことがありました
このまま断ればこの猫はネグレクト保管されるかもしれないと感じて 引き取りましたが おそらくは依頼者から無料で引き取りされたとは思えなかったが 私には無償で引き取らせました
その獣医師のところには 折り畳みの中型ケージに子猫が満載していたこともありました 
今もそのお方はご活躍です
獣医師のすべてのお方がこのようではないですが 獣医師に安楽死をさせない風潮を作っているのが「あいご」だと思います
私流に解釈すれば あいごのしごとがへるから 寄付がもらえないからかなー
と 失礼いたしました?

●Keiko Kateさんのコメント
松田 早苗 様。安楽死の正解は分かりませんが…生き地獄なら、あくまでも安らかな死限定の安楽死の選択なら有りだと理解出来るようになりました。

●川野名さんのコメント
日本において、唯一動物を「殺す」権限が与えられているのが獣医師です。
だからこそ、私は一人の獣医師として、すべての殺処分は「安楽な死」であってほしいと切に願います。
そのための現実的で最適な方法を議論するのが獣医師の役目でないとするなら、いったいその役目は誰のものなのでしょうか?
私は「動物を愛していないなら獣医をやめろ」という暴言を受けた事があります。
その人は「可哀想な動物を見て感情的になる事」が「動物を愛する事」と信じていました。
感情を抑え論理的な方法を考えようとする”科学者”としての獣医師の特性を否定して。

●松田 早苗さんのコメント
川野名 様
長い間 開業獣医師は行政機関の獣医師を蔑視されることが多々ありました
「あいつらは動物を殺している」と
開業の獣医師が安楽死処置さえも拒否されていたことは棚上げで 今のあいごと大差ない発想でした
開業獣医師で「安楽死処置」を実施してくださる先生に対しても蔑視しかできなかった 
多くの行政機関の獣医師にも動物に対する思いやりもなく 獣医師であることの自覚がなかった
現場の職員は任期が退職時までと長く 行政獣医師は2−3年という短期就業であり 現場の職員にすべてという程度に任せきりでした
行政獣医師は見て見ぬふりをすることが任務のうちであったと感じました
あまりにも無関心で上司である本庁にたいして動物の処遇を改善することを提言されたことはほぼなかったと思います
私が神戸市で『CCクロ』活動を始めたのも見て見ぬ振りができなかったからでもありました
兵庫県の行政獣医師は知事に働きかけるきっかけを私に求められて協力し 県下のすべての保健所を現地調査をして 知事へ報告書を上げ 現在の愛護センター建設に至りました
獣医師は本当に動物の見方であるとは言い切れない というのが私の正直な思いです
言いたい放題のようですが ごめんください 
川村幸治先生や貴女のような獣医師が増えることを念願いたします
ご自愛の上ご活躍くださいますようお祈りいたします?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


あふれる気品。
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース
ペット同伴OKの避難所開設 飼い主「お互いに安心」 能登半島地震
「避難所に連れていけない…」能登半島地震まもなく2か月「迷い猫」保護活動の現場と飼い主の備えとは
被災地で迷い猫保護、40匹を飼い主へ…朝市通り火災で飼い猫不明の漆芸家「再会させてあげたい」
<能登半島地震>石川県の被災地に獣医師を派遣 放浪する犬猫の対応や避難所巡回を行う 三重県
地域に少ない動物病院が被災でペット無料診療 県獣医師会|NHK 石川県のニュース
--------------------------------
令和6年能登半島地震動物対策本部募金募集
被災地・避難所でボランティアを計画されている皆様の 感染症予防について(令和6年能登半島地震関連)

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年1月のBest
  1. 航空機事故時のペット同伴議論について(234)
  2. 大阪万博ペット同伴絶対反対(121)
  3. ドイツの狩猟法による犬猫の殺処分数(109)
  4. 繁殖犬の年齢制限犬のみ扱う団体は動物保護団体か繁殖業界の下請けか(83)
  5. 迷子動物のマイクロチップ読み取り作業、警察官や保健所職員が出来るの?(76)
  6. 結果、鹿は苦しんで死ぬ(73)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年1月期)
  1. 管理人の独り言(16,174)
  2. 猫のカロリー計算(6,667)
  3. 犬のカロリー計算(4,379)
  4. 動物よくある相談(4,136)
  5. 広報板カフェ(2,105)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,905)
  7. ペット動物獣医師セミナー(1,196)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜3月10日:静岡県静岡市
★〜4月20日:募集期間
★3月8日:栃木県足利市
★3月8日-31日:愛知県名古屋市
★3月9日:オンライン
★3月10日:栃木県足利市
★3月10日:東京都三宅村
★3月11日-25日:オンライン
★3月16日:愛知県名古屋市
★3月16日:オンライン
★3月16日:秋田県大仙市
★3月16日:東京都三宅村
★3月17日:東京都豊島区
★3月17日:千葉県千葉市
★3月17日:大阪府大阪市
★3月23日:栃木県宇都宮市,3月24日:島根県出雲市
★3月24日:京都府京都市
★3月24日,4月7日:愛媛県伊予郡
★3月27日:大阪府守口市
★3月30日:東京都大田区
★4月4日-7日:東京都江東区
★4月13日:東京都武蔵野市
★4月14日:オンライン
★4月14日:東京都新宿区
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月28日:東京都台東区
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。