獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューあきらめないで!迷子動物・保護動物帰宅実例集メニュー実例集2
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんあきらめないで!迷子動物・保護動物帰宅実例集2
迷子イヌ>ノーリードで散歩中に不明、1週間後に怪我しているところを発見
編集−りんママ
初出:2006/11/09・改訂:2009/02/18
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


■迷子になった日 2006年3月12日
■帰宅した日 2006年3月18日
■状況 ノーリードでのお散歩中に不明
■届出先機関  警察・役場・保健所・愛護センター
■発見の決め手 配ったチラシを見た人からの情報
------------------------------
<プロフィール> マリン(♀)/パピヨン


マリンの発見は、本当に奇跡的なものだと思います。
そして、動物の生命力の強さを、あらためて思い知ることができました。
マリンは、大怪我をしていました。
体長40cmほどの大きさの犬ですが、そのうち、胸の内側(前足の間、心臓部付近)の皮の部分が約10cmほど縦に切り裂かれていて、肋骨周りの筋肉が見える状態でした。
発見当時は、そのめくれた皮が半乾きになっているほどでした。
(幸いにも、内臓への損傷はなかったようです。)

そして、そんな状態で6日間の間、たぶん食事もなく、水は雨水程度をなめてすごしていたのだと思います。
その6日間には寒波の到来で、雪も降った日があり、雨も降りすごく寒い1週間でした。
今まで一度たりとも、屋外ですごしたことがない、マリンです。
死んでいてもおかしくない状態でした。
よくがんばったと思います。

同じように迷い犬(ペット)の捜索をされている方に、何かの参考になればと思い、経過・反省点などをご報告させていただきます。

◆発見された場所は、
我が家から歩き距離で900mほど(直線で700mほど)、不明予想地点の公民館より、300mほどの地点でした。
(一人散歩コース沿いにほぼ近いところでした。)
民家の裏庭の小屋のそのまた裏側で、発見していただいた住人はおばあさんの一人暮らし。

◆発見していただいた通報の経緯は、
1.そのおばあさんは、さき一昨日(木)にちらりと見かけていたらしい。
一昨日(金)は見なかった。
そして発見当日(土、きのう)に、衰弱しているマリンをまた発見。
(夜や雨の日は、どこかに移動していたと思われます。)
2.でも何処の犬か解らず、隣の方に相談したらしい。
3.隣の方も、最初は何処の犬かわからなかったらしい。
4.そして、たまたま隣の方が飼っている犬を、発見当日の朝に動物病院に連れて行き、そこで、動物病院に掲示してあるマリンのチラシを見て判明。
5.そして通報をいただく。

◆発見が遅れたのは、
1.保護されたのが民家の裏庭のそのまた小屋の裏側だったこと。
 (そのため、捜索の際に、裏側まで回れなかったこと)
2.大怪我をして、呼びかけながら捜索した僕らに、返事も出来なかったこと。
3.その民家の方が、おばあさんで、あまり外に出歩かなかったこと。
 (チラシの存在に気がつかなかったらしい。)
4.同じく、家の裏側にもあまり出向かなかったこと。
 (もちろん、首輪などに識別票がなかったことですが・・・。)
・・・などが考えられます。

◆怪我の原因と思われることは、
傷の具合からすると、(半渇きの状態になっていたので、明確にはもうわかりませんが、)

1.発情期で、犬に近づき、噛まれた?
2.切りカブなどの鋭利なものに引っかかり、強引に抜けようとして裂けた?
・・・などが考えられます。

◆捜索方法への反省です。
1.一人散歩コース沿いで、何年も歩き回っていたので、ご近所さんはみんなマリンのことを知っていると思っていた。
2.チラシを、近所の人が必ず出向くであろう、ゴミ収集所に張っていたので、失踪当初から皆さんに伝わっていると思っていた。
3.田舎のご近所付き合いというネットワークで、失踪のことは少なからず伝わっていると思っていた。
4.民家の裏側のため、無断では入っていくことが出来ず、ちゃんと説明して裏側も捜索させていただくべきだった。
5.チラシの貼り付けの絶対数が少なかった。
(※捜索看板の近くを散歩している方に聞いた時でさえ、看板の存在を知らない方がほとんどだった。)
6.少なくとも、散歩コースの各家庭に、ポスティングをするべきだった。
7.(もし、裏側まで捜索していたとしても、)雨がかからないような床下とか、小屋の隙間などに入っていたと思われるので、疑わしきところは見させていただくべきだと思いました。
8.失踪3日目ぐらいから、「連れ去られていた」と思い込み、捜索方針をかえたので、近所捜索が手薄になった。
(保護した方が散歩でもさせているのではないか、と思い、車での捜索がメインになった。)

通報をしていただいた隣の方の発言の中で、一つだけ気になる言葉がありました。
(通報をしていただいた方とは、地域活動の中で懇意にしていた方です。)
「似たような犬で、”Tさんの犬”とわかったから連絡したよ。」という言葉でした。(言葉のアヤかもしれませんが・・・。)

裏を返して、少しだけ悪いほうに考えると、
他人の犬(ペット)に関して、他人はあまり関心がないし、懇意にしていない関係だったら連絡しなかったかもしれない、と思えることです。
つまり、
飼い主によってペットという存在への熱意や思い入れ(通報者も発見者にも犬を飼っておられました。)が違うし、ましてやペットを飼っておられない方はもっと希薄だと思えます。

探す方の人間はもちろん必死ですが、他人は本人が思うほどは関心が薄いので、かなりの、相当な熱意をもって捜索活動が必要だと感じました。

マリンは現在、麻酔や注射、1週間にわたる衰弱、ショックでモウロウとしていますが、発見当初よりは元気に歩けるようになりました。
そして少しづつ食欲もでてきました。
きっと前のように元気になってくれることだと、信じております。

今回のマリンの行方不明によって、いろいろなことを知ったり考えさせられました。

ネット上での捜索をしてみたら、相当な数のペットが行方不明になっていることを知りました。
そして少しでも多くの不明ペットを再会させようとご協力していただいている方が、たくさんいらっしゃることも解りました。
僕も、今後、何らかの形でご恩返しをしていきたいと思っております。
本当にありがとうございました。
そして、励まされ、とても感謝しております。

また、ペットという家族を通して、家族のあり方さえも考えさせられました。
生きている間に、もっともっとやさしさや思いやりをもって過ごすべきであり、また、なにがあっても家族は離ればなれはあってはならないと・・・・。

妻からぜひ皆さんへ、とのことで・・・。
我が家はクリスチャンです。
妻は強く神様のことを信じています。(僕はいまだにナンチャッテ!クリスチャンですが・・・^^。)
そして、不明の6日間の内、妻は4日間は用事で家にいませんでした。
でも、必ずマリンは戻って来ると、「強く」信じて、祈っていました。
そして妻が深夜に帰宅した次の日の朝にマリンは見つかりました。
妻は、不明のペットの捜索に、神様のことを信じて欲しい!と伝えて欲しい、と言っております。
今回の奇跡的な、生きたままの発見を見て、そう思います。

〔飼い主さんの了解の上頂いたメールを公開しています。〕

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

掲載期間:2019/01/15-2019/03/14
[広告]

◆獣医師広報板キャンペーン

◆第10回日本動物大賞社会貢献賞
主宰者が(公財)日本動物愛護協会様主催第10回日本動物大賞社会貢献賞を受賞しました。
これも、開設以来お手伝いいただいているボランティアスタッフさんや企業・個人サポータ様、また掲示板での返事付けなど応援・支援者さまのおかげだと思っています。
授賞式当日の様子はクリックです。

◆2019年4月13日(土)獣医師広報板大阪ナンバオフ
4月13日(土)午後7時に大阪ナンバにてオフ会を行います。
参加資格は何もありません。
あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
参加申込み・詳細

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
★2018年7月25日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(1月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(33,410)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(26,063)
  3. 動物よくある相談( 25,049)
  4. 猫のカロリー計算(15,994)
  5. 犬のカロリー計算(13,056)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(11,217)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(8,870)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(4,884)
  9. 野生動物保護窓口(2,102)
  10. 動物の愛護セミナイベント(1,956)
コンテンツ別アクセス数

◆新着動物よくある相談
「動物よくある相談」利用上の注意事項&メニュー
犬猫の殺処分数が多いのは、ペットショップがあるせい?
テレビなどマスコミでは動物愛護家はすべていい人、優しい人、正しい人などが前提で扱われることが多いように思います。私は人間ですが、私にも優しい人達ばかりなのでしょうか。
動物愛護団体のシェルターで収容動物が過多となり、不適切な扱いになることがニュースになることがあります。その際の擁護の言葉に「生きているだけいいんだよ」と言うのがあります。この言葉、皆さんはどう思いますか。
動物管理センターの名称が動物愛護センターやフレンドリーな名称に変わっています。何か違いがあるのですか。

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜2月24日:東京都台東区
★〜2月25日:兵庫県神戸市
★〜2月28日:北海道札幌市
★2月23日:東京都千代田区
★2月23日:東京都港区
★2月23日-24日:兵庫県神戸市
★2月24日:滋賀県草津市
★2月28日:東京都足立区
★3月2日:茨城県土浦市
★3月3日:大阪府大阪市
★3月9日:京都府京都市
★3月10日:東京都豊島区
★3月10日:東京都武蔵野市
★3月10日:千葉県白井市
★3月17日:東京都目黒区
★3月23日:大阪府大阪市
★3月24日:大阪府大阪市
★3月29日-31日:東京都江東区
★3月31日:締め切り
★4月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★4月20日:締め切り

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
「動物の譲渡会情報」利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★〜2月24日:愛知県名古屋市
★2月22日:東京都江東区
★2月23日:大阪府八尾市
★2月23日:埼玉県川越市
★2月23日:東京都渋谷区
★2月23日:兵庫県尼崎市
★2月23日:東京都江東区
★2月23日:愛知県豊川市
★2月23日,24日:大阪府大阪市
★2月23日,24日:東京都青梅市
★2月23日,24日:東京都渋谷区
★2月24日:神奈川県横須賀市
★2月24日:神奈川県横浜市
★2月24日:三重県四日市市
★2月24日:東京都町田市
★2月24日:神奈川県川崎市
★2月24日:東京都世田谷区
★2月24日:大阪府堺市
★2月24日:大阪府和泉市
★2月24日:三重県三重郡
★2月24日:福島県郡山市
★2月24日:東京都葛飾区
★2月24日:埼玉県所沢市
★2月24日:秋田県秋田市
★2月24日:兵庫県神戸市
★2月24日:東京都渋谷区
★2月24日:神奈川県横浜市
★2月24日:大阪府八尾市
★2月24日:三重県四日市市
★2月24日:神奈川県横浜市
★2月24日:東京都中野区
★2月24日:群馬県高崎市
★2月24日:東京都中央区
★2月24日:愛知県刈谷市
★2月24日:大阪府高槻市
★2月24日:東京都葛飾区
★2月24日:神奈川県横浜市
★2月24日:香川県高松市
★2月24日:千葉県千葉市
★2月24日:東京都杉並区
★2月24日:東京都新宿区
★2月24日:岡山県岡山市
★2月24日:埼玉県蓮田市
★2月24日:愛知県名古屋市
★2月24日:東京都新宿区
★2月24日:愛媛県松山市
★2月24日:東京都台東区
★2月24日:栃木県那須塩原市
★2月24日:東京都板橋区
★2月24日:埼玉県川越市
★2月24日:愛媛県松山市
★2月24日:宮崎県宮崎市
★2月24日:山梨県笛吹市
★2月24日:岡山県岡山市
★2月24日:山梨県甲府市
★2月24日:大阪府大阪市
★2月24日:三重県名張市
★2月24日:神奈川県川崎市
★2月24日:岡山県総社市
★2月24日:大阪府枚方市
★2月26日:東京都港区
★2月27日:大阪府大阪市
★3月2日:茨城県笠間市
★3月2日:大阪府門真市
★3月2日:大阪府大阪市
★3月2日,3日:北海道上富良野町
★3月3日:東京都八王子市
★3月3日:東京都港区
★3月3日:東京都清瀬市
★3月3日:東京都町田市
★3月3日:大阪府大阪市
★3月3日:茨城県つくば市
★3月3日:三重県亀山市
★3月3日:大阪府大阪市
★3月3日:三重県いなべ市
★3月3日:埼玉県草加市
★3月3日:東京都渋谷区
★3月3日:大阪府大阪市
★3月3日:東京都世田谷区
★3月3日:大阪府大阪市
★3月3日:東京都新宿区
★3月3日:兵庫県神戸市
★3月3日:岡山県倉敷市
★3月3日:愛知県名古屋市
★3月9日:三重県桑名市
★3月9日:福井県福井市
★3月9日:福岡県北九州市
★3月9日:奈良県大和高田市
★3月9日:三重県鈴鹿市
★3月10日:滋賀県野洲市
★3月10日:埼玉県川越市
★3月10日:埼玉県新座市
★3月10日:東京都台東区
★3月10日:東京都町田市
★3月10日:千葉県船橋市
★3月10日:京都府京都市
★3月10日:茨城県つくば市
★3月10日:東京都大田区
★3月10日:岡山県岡山市
★3月10日:大阪府大阪市
★3月10日:大阪府南河内郡
★3月10日:福島県須賀川市
★3月10日:大阪府大阪市
★3月10日:三重県四日市市
★3月10日:東京都江東区
★3月10日:愛知県名古屋市
★3月10日:東京都武蔵野市
★3月10日:奈良県大和高田市
★3月10日:東京都練馬区
★3月10日:愛知県名古屋市
★3月10日:大阪府南河内郡
★3月10日:福井県福井市
★3月14日:千葉県富里市
★3月16日:東京都豊島区
★3月16日:千葉県柏市
★3月16日:東京都港区
★3月16日:福井県敦賀市
★3月16日:神奈川県茅ヶ崎市
★3月16日:大阪府堺市
★3月17日:愛知県名古屋市
★3月17日:茨城県土浦市
★3月17日:東京都新宿区
★3月17日:東京都練馬区
★3月17日:三重県三重郡
★3月17日:東京都東村山市
★3月17日:千葉県野田市
★3月17日:滋賀県甲賀市
★3月17日:大阪府大阪市
★3月17日:大阪府高槻市
★3月17日:東京都江戸川区
★3月17日:大阪府吹田市
★3月17日:和歌山県和歌山市
★3月17日:神奈川県鎌倉市
★3月17日:東京都中央区
★3月21日:大阪府大阪市
★3月24日:東京都西東京市
★3月24日:茨城県土浦市
★3月24日:大阪府大阪市
★3月24日:奈良県奈良市
★3月26日,27日,30日:三重県亀山市
★3月31日:三重県桑名市
★4月7日:大阪府大阪市
★4月7日:大阪府大阪市
★4月7日:埼玉県所沢市
★4月14日:千葉県八千代市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。