獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー犬や毛皮動物の屠殺伝説
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん犬や毛皮動物の屠殺伝説
2021年10月25日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:112人,コメント:7件,シェア:0件(クリック)
以前はよくアップされていた写真に、某国の犬を生きたまま茹でるというのがあった。
写真があるのだから、やったのだろうけど、私のように畜産を学んだ人間には不自然さがある。
まず、犬を殺すことが目的ならば釜ゆでもありかもしれないが、食べるのなら普通やらない。
簡単に言えば、鍋を茹でていて、生きたハトが飛びこんだとして、そのまま茹でて食べられるかと言えば食べられた物ではない。
羽根はある、鍋の中に糞尿を垂れ流す、肉は死後硬直で硬く、放血をしていないのでうまくない。
同じく犬を鍋で生きたまま湯がいても、毛だらけだし、糞尿は垂れ流すし、肉は固く、放血をしていないのでうまくない。
これを、その後どう料理するのか考えつかない。
畜産を学んだ人間としては、放血して死んだ後、皮を剥ぎ、腸などのはらわたを抜き、一日くらい肉を置いて死後硬直を解除して後、食物となる。
同じように、毛皮動物を生きたまま皮を剥ぐという表現がある。
さて、仮死状態なら可能かも知れないが、毛皮動物の歯は武器である。
文字通り生きたまま毛皮を剥がすより、殺してからの方が作業は楽である。
なにか、マジシャンのような技術があれば、生きたまま毛皮を剥がすことはあるのかも知れないが、普通の作業員はとさつしてから作業にかかると思う。
ただ、頭部への一撃で死ねない動物は見たことがある。
40年以上前であるが、奄美大島の保健所でハブの殺処分を見学した。
次から次へと頭部をハンマーで一撃するのである。
即死できないハブもいて、飛び出した目の頭を持ち上げる。
一生忘れられないシーンであった。
今の殺処分方法は知らない。
多分二酸化炭素ガス注入ではないかと想像している。

奄美大島の名瀬保健所に電話を入れました。
現在はやはり二酸化炭素ガス注入だそうです。
何年くらい前に変わりましたかとお聞きしたのですが、その職員さんが勤める前と言うことでずいぶん前からのようでした。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 養殖された毛皮獣の屠殺方法は一酸化炭素か電気ショックのようです。ミンクは一酸化炭素、キツネは電気ショックとあります。電気ショックはブタなどの屠殺でも広く用いられています。
https://www.truthaboutfur.com/en/how-are-farmed-foxes-killed

元発言(facebook) いいね:9人,コメント:0件,シェア:0件(クリック)
先程、生きた動物の毛皮を剥ぐ話をしましたが、Megumi Takedaさんが以下のサイトを紹介してくれました。
https://fur.ca/news/notorious-skinning-fur-animals-alive-video-exposed-as-complete-fraud/
ーーーーーーーーー
Truth About Fur
“Finally! The infamous “skinning fur animals alive” video has been exposed as a complete fraud, orchestrated and paid for by animal activists to discredit the fur trade.
There is probably no single animal-rights lie that has done more harm to the reputation of the fur trade than this video, first released by a Swiss animal-rights group in 2005.
毛皮についての真実
ついに! 悪名高い、毛皮貿易の信用を傷つけるために動物保護活動家によって組織的に(制作されて)報酬が支払われたされ、「生きている毛皮の動物の皮を剥ぐ」ビデオは完全な詐欺として公開されました、
この2005年にスイスの動物の権利グループ(SAP)によって最初にリリースされたビデオほど、たった1つで毛皮貿易の評判に害を及ぼしたアニマルライツの嘘はおそらくないでしょう。
an investigation by the International Fur Federation (IFF) has revealed ? and documented with filmed confessions and signed affidavits ? that the horrible scenes shown in that disgusting video were, in fact, intentionally staged by professional activists who paid poor Chinese villagers to perform these cruel acts for the camera.
国際毛皮連盟(IFF)による調査は、その嫌悪すべきビデオに映っている恐ろしいシーンは、本当は貧しい中国の村人にこれらの残酷な行為を行わせるためにプロの動物愛誤活動??家がカネを支払うことによって意図的に演出されたことを明らかにしました-そして(意図的な演出の撮影の)カメラ撮影のためその行為を行ったことの撮影者の自白と、署名による宣誓供述書で文書化されました?が杉本彩氏が自慢気に紹介しているビデオの真実です。
ーーーーーーーーー
私は畜産科の出身です。
動物を利用していかに儲けるかが重要で、虐待することが目的ではありません。
スピーディーに作業を行わなければ、経営的に不利です。
生きている動物の皮を剥ぐことが経営的に有利とはとても思えない。
うまく皮が剥くどころか、皮を傷つけてしまいかねない。
上記のリンクを見る前から、生きた動物の毛皮を剥ぐ話は胡散臭く思っていました。

元発言(facebook) いいね:20人,コメント:14件,シェア:0件(クリック)
先日のドイツの狩猟法による犬猫の殺処分数についての続話です。
西日本担当のドイツ領事館にこの問題について、質問メールを送りました。
回答は犬猫の狩猟は一部の州では禁止だと言うことだそうです。
以下、転載します。
ーーーーーーー
Bundesjagdgesetz(連邦狩猟法)23条によれば、野生の鳥獣の保護とは密猟者、餌の不足、伝染病、野生の犬猫からの野性の鳥獣保護を意味しています。
担当の役所並びに狩猟許可のあるものは、猟区での鳥獣保護に配慮すべきであるとも書かれています。
ドイツは連邦制を取っており、16の州がありますが、一部の州では犬猫の狩猟は禁止されています。
実際年間にどれぐらい行われているかは不明です。
上記のBundesjagdgesetztの第23条から25条に詳しく書かれていますので、さらに知りたい場合は下記を御参照ください。
https://www.gesetze-im-internet.de/bjagdg/BJNR007800952.html

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 Koji Kawamura 様、この回答はいい加減でお話になりません。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ドイツ大使館でもこれですからね。あまりのいい加減さに呆れます。川村先生も無条件に信用せずに、各州の狩猟法の原典を確認して下さい。ドイツ16州のうち猫の狩猟を禁止しているのはノルトライン?ヴェストファーレン州とザールラント州の2州です。犬を禁止している州はありません。別途警察等に許可を受けることを要する州はあります。州の公的統計は、ノルトライン?ヴェストファレン州など複数の州が出していました(現在は出していないかもしれません)。ドイツの各州の狩猟法については私は原典を元にまとめています。日本の環境省でもメチャクチャな資料を出していますから。ドイツ大使館も犬猫の狩猟に関する問い合わせもほぼ無いから暗いということでしょう。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1735.html

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 チューリンゲン州は、狩猟免許保持者でも犬の狩猟に関して限り別途許可が必要。
https://landesrecht.thueringen.de/bsth/document/jlr-JagdGTH2006V5P42

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ザクセン州は、犬の狩猟に限り規制当局の許可が別途必要。
https://www.anwalt24.de/gesetze/saechsjagdg/27

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ザールラント州は犬の狩猟に限り、繰り返し害を及ぼすもののみ警察がハンターに狩猟駆除を命じることができる。
https://www.sadaba.de/GSLT_SJG.html

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ドイツ16州のうち2州は猫の狩猟を禁止。犬は3州で狩猟免許を所持しているだけでは狩猟はできず、警察等の許可が必要。犬の狩猟に関しては完全に禁止している州はない。ドイツ大使館、ゴミ回答をするなよ(笑)。

●一部コメント:
 実際年間にどれぐらい行われているかは不明です?これはドイツ連邦全土での犬猫の狩猟数の公的統計は無いということでしょう。それは真実です。ノルトライン?ヴェストファーレン州は2015年まで州統計で猫の狩猟数を公表していました。このサイトは、州の公式統計を引用しています。
https://nrw.nabu.de/natur-und-landschaft/landnutzung/jagd/jagdbare-arten/beutegreifer/06992.html

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 その他のドイツの犬猫狩猟法に関するデマですが、次のようなものがあります。「1野良犬猫(所有者なし)に限る」?「所有者があるものは狩猟してはならない」という規定がある州法の規定は1州もない。非占有であれば明らかに飼い犬猫とわかるものでも狩猟による殺害が合法。「2 狩猟区域内に限る」?狩猟区域外でも可能な州が複数ある。「3 狩猟期間に限る」?犬猫(猫は2州で狩猟禁止)は全州で通年狩猟が許可される。「4 民家から300m以上離れていれば」?全州犬では民家からの距離の規定はない、猫は州により異なり0?500mである。そもそも原典を一切読んでいない人が好き勝手妄想作文していますから(笑)。

元発言(facebook) いいね:86人,コメント:3件,シェア:2件(クリック)
ドイツの狩猟法による犬猫の殺処分数についての続話です。
昨日のドイツ領事館からの返事メールにあったように、ドイツでは野性鳥獣保護の為に狩猟法が定められており、一部の州を除いて犬猫の狩猟は行われている。
その狩には数的制限はないようで、狩猟数は不明だそうです。
よく動物愛護マスコミは、ドイツでは犬猫の殺処分はゼロだと言いますが、野外の犬猫は銃で撃たれているわけで、狩猟で動物管理が行われていると言ってもいいと思います。
「ドイツは犬猫の殺処分ゼロである」は、そうでは無いと私は断言します。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 川村先生、「野外の犬猫は銃で撃たれているわけで、狩猟で動物管理が行われている」は「ドイツは野外での動物管理しか行われていない」と誤解を招く記述です。特に動物愛護に関する情報は、タダでさえ自分の都合よく歪曲解釈する愛誤が多いのです。ドイツは行政が野良徘徊犬猫の捕獲を行い、公的動物収容所での殺処分が行われています。日本にはない、飼主の意思に反してでも行う、咬傷犬、禁止犬種の無許可飼育、不適正飼育者から動物を没収、狂犬病規則による狂犬病が疑われる犬猫を没収して強制的に殺処分もおこなわれています。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 「ドイツでは行政は犬猫の保護は行わず民間が行う(つまり公的な動物収容施設もそこでの殺処分もない)」というデマを環境省ですら広めていますが、荒唐無稽の大嘘です。ドイツでは法律で一次収容は行政の責務とされています。ドイツほど動物管理に関する行政の権限が強い国は少ないです。この点について証明になる、ベルリン州下院議会議事録があります。ここでは行政が欧州没収して公的動物収容所に収容した犬の数と根拠法、殺処分等の内訳と予算について審議されています。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1524.html

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 一部の州を除いて犬猫の狩猟は行われている?繰り返しますが、犬はドイツ16州全州で行われています。猫はノルトライン?ヴェストファーレン州とザールラント州の2州のみ禁止です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


一皿幾ら?(sutemaru)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆新型コロナ関係外部リンク

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2022年12月期)
  1. トップページ(23,394)
  2. 管理人の独り言(10,778)
  3. 猫のカロリー計算(9,846)
  4. 動物よくある相談(6,352)
  5. 犬のカロリー計算(6,148)
  6. 譲渡会情報(3,997)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(2,920)
  8. 広報板カフェ(1,436)
  9. ペット動物獣医師セミナー(1,431)
コンテンツ別アクセス数

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜1月30日:オンライン
★〜2月5日:福岡県福岡市
★〜2月26日:東京都台東区
★〜3月30日:東京都港区
★〜4月20日
★2月10日:オンライン
★2月10日,11日:神奈川県横浜市
★2月17日:オンライン
★2月18日-3月5日:愛知県名古屋市
★2月21日:オンライン
★2月22日:長野県小諸市
★2月22日締め切り,3月26日開催:札幌,東京,名古屋,大阪,福岡,オンライン
★2月26日:兵庫県神戸市
★3月9日:オンライン
★3月12日:東京都豊島区
★3月30日-4月4日:東京都江東区
★4月23日:栃木県那須郡
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★6月16日-18日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
HORIBA Medical for VET
日本臨床獣医学フォーラム
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
WAHA-World Animal Hospital Association(世界動物病院協会)
日本動物病院協会
asck
動物の医療と健康を考える情報サイト
日本獣医輸血研究会
鳥類臨床研究会
日本獣医麻酔外科学会
VETS TECH
★1月30日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月8日:オンライン
★2月17日,3月17日:オンライン
★2月17日-3月21日:オンライン,2月26日:東京都千代田区
★2月22日:オンライン
★2月23日:大阪府大阪市
★2月24日開講:オンライン
★2月26日:東京都町田市,3月2日:東京都港区
★3月1日-3日:東京,3月5日-7日:大阪
★3月22日:オンライン
★2月22日:オンライン
★3月28日:オンライン
★4月6日,12日開講:オンライン
★4月6日,12日:オンライン
★7月5日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★毎月第2・第4水曜日土曜日,毎日曜日:東京都北区
★〜1月31日:岡山県岡山市
★2月1日,5日:香川県高松市
★2月1日,8日:大阪府大阪市
★2月1日,15日,18日,25日:大分県大分市
★2月2日:千葉県松戸市
★2月3日:宮城県仙台市
★2月4日:大阪府大阪市
★2月4日:千葉県船橋市
★2月4日:茨城県牛久市
★2月4日:埼玉県草加市
★2月4日:東京都渋谷区
★2月4日:神奈川県横浜市
★2月4日:愛知県高浜市
★2月4日:東京都日野市
★2月4日:山梨県笛吹市
★2月4日:千葉県柏市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日:愛知県瀬戸市
★2月4日:三重県鈴鹿市
★2月4日:埼玉県川越市
★2月4日:千葉県市原市
★2月4日:兵庫県明石市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日,5日:岡山県瀬戸内市
★2月4日,5日:北海道上富良野町
★2月4日,5日:愛知県名古屋市
★2月4日,5日:東京都渋谷区
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:東京都町田市
★2月5日:三重県亀山市
★2月5日:埼玉県北本市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:愛知県長久手市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府吹田市
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:香川県高松市
★2月5日:埼玉県さいたま市
★2月5日:東京都港区
★2月5日:神奈川県横浜市市
★2月5日:青森県八戸市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:茨城県つくば市
★2月5日:滋賀県近江八幡市
★2月5日:新潟県新潟市
★2月5日:愛知県名古屋市
★2月5日:東京都豊島区
★2月5日:兵庫県神戸市
★2月5日:京都府京都市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日:滋賀県甲賀市
★2月5日:滋賀県大津市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:愛知県みよし市
★2月5日:大阪府泉南市
★2月5日:愛知県小牧市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日 :埼玉県所沢市
★2月5日:埼玉県川越市
★2月5日:栃木県那須塩原市
★2月5日:宮崎県宮崎市
★2月5日:東京都青梅市
★2月5日:兵庫県尼崎市
★2月5日:東京都足立区
★2月5日:東京都荒川区
★2月5日:神奈川県川崎市
★2月5日:岡山県玉野市
★2月5日:東京都台東区
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:千葉県千葉市
★2月5日:東京都三鷹市
★2月5日:東京都世田谷区
★2月5日:東京都中央区
★2月5日:愛知県安城市
★2月5日:長野県上田市
★2月5日:大阪府豊中市
★2月5日:兵庫県加古川市
★2月5日:神奈川県横浜市
★2月8日:大阪府大阪市
★2月8日:大阪府泉大津市
★2月11日:愛知県名古屋市
★2月11日:奈良県大和高田市
★2月11日:大阪府枚方市
★2月11日:岩手県一関市
★2月11日:兵庫県姫路市
★2月11日:兵庫県神戸市
★2月11日:山口県山口市
★2月11日:埼玉県幸手市
★2月11日:埼玉県さいたま市
★2月11日:福岡県北九州市
★2月11日:東京都練馬区
★2月12日:兵庫県尼崎市
★2月12日:岡山県岡山市
★2月12日:大阪府河南町
★2月12日:大阪府大東市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:埼玉県三郷市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:大阪府八尾市
★2月12日:高知県高知市
★2月12日:千葉県市原市
★2月12日:東京都台東区
★2月12日:高知県須崎市
★2月12日:京都府京都市
★2月12日:茨城県ひたちなか市
★2月12日:東京都板橋区
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:東京都新宿区
★2月12日:福井県福井市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:東京都町田市
★2月12日:埼玉県蓮田市
★2月12日:千葉県千葉市
★2月12日:東京都中野区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:愛知県豊川市
★2月12日:兵庫県西宮市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都練馬区
★2月12日:東京都武蔵野市
★2月12日:三重県桑名市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:埼玉県さいたま市
★2月12日:愛知県刈谷市
★2月12日:岐阜県中津川市
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都文京区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:東京都世田谷区
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:大阪府堺市
★2月12日:広島県呉市
★2月12日:奈良県大和高田市
★2月13日-27日:オンライン
★2月16日:埼玉県さいたま市
★2月18日:神奈川県鎌倉市
★2月18日:大阪府大阪市
★2月18日:神奈川県茅ヶ崎市
★2月18日:大阪府堺市
★2月18日:神奈川県相模原市
★2月18日:茨城県つくば市
★2月18日:愛知県春日井市
★2月18日:千葉県千葉市
★2月18日:愛知県日進市
★2月18日:長野県長野市
★2月18日,19日:千葉県船橋市
★2月19日:東京都中央区
★2月19日:愛知県碧南市
★2月19日:福井県福井市
★2月19日:大阪府堺市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:三重県三重郡
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:東京都町田市
★2月19日:東京都足立区
★2月19日:大阪府吹田市
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:和歌山県和歌山市
★2月19日:東京都江戸川区
★2月19日:奈良県奈良市
★2月19日:愛知県名古屋市
★2月19日:東京都江東区
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:千葉県我孫子市
★2月19日:秋田県秋田市
★2月19日:茨城県水戸市
★2月19日:三重県津市
★2月19日:岡山県津山市
★2月19日:岐阜県多治見市
★2月19日:千葉県千葉市
★2月19日:兵庫県神戸市
★2月22日:栃木県宇都宮市
★2月25日:大阪府泉北郡
★2月25日:大阪府高槻市
★2月25日:埼玉県八潮市
★2月25日:大阪府大東市
★2月25日:岐阜県岐阜市
★2月26日:高知県四万十市
★2月26日:奈良県奈良市
★2月26日:千葉県東金市
★2月26日:東京都町田市
★2月26日:東京都西東京市
★2月26日:兵庫県加古川市
★2月26日:東京都調布市
★2月26日:茨城県土浦市
★2月26日:滋賀県大津市
★2月26日:茨城県牛久市
★2月26日:千葉県千葉市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:茨城県守谷市
★2月26日:大阪府堺市
★2月26日:兵庫県尼崎市
★2月26日:茨城県ひたちなか市
★2月26日:宮崎県都城市
★2月26日:神奈川県小田原市
★2月26日:神奈川県三浦市
★2月26日:大阪府寝屋川市
★2月26日:埼玉県さいたま市
★2月26日:岐阜県土岐市
★2月26日:神奈川県横浜市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:広島県福山市
★3月5日:京都府京都市
★3月12日:岡山県総社市
★3月12日:和歌山県海草郡
★3月18日:埼玉県熊谷市
★3月19日:大阪府泉南郡
★3月19日:兵庫県神戸市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。