獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる
2024年4月5日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:69人,コメント:9件,シェア:5件(クリック)
ブリーダーの皆さんが法を守っていないというニュースがあった。
だから、ブリーダーさんが悪いと言いたいのだろうけど、守れない法改正をした方の責任はどうなんだろう。
事前にペット産業側に説明し、同意をもらっていたら改正法は守られるだろう。
しかし、ペット産業側の意見聴取には非常に高圧的だったと聞いている。
こうなると勝手に法改正すればいい、俺たちは勝手にやるになっていく。
次の法改正に向けて一部の愛護が根拠のないいわゆる「海外の法律」を参考にしようとしている。
海外にはいろんな国があるのはあるのは知っている。
しかし、日本と同様にその国の事情があって決まったことで、事情を無視して法律だけ持って来ても日本でうまく行かない。
実際日本の改正動物愛護法はアメリカにかつてあった禁酒法と同様に守られなくなってきている。
その上の頭ごなしの次改正である。
改正動物愛護法は禁酒法案同様に誰も守れない法になっていくのではないか。
なぜならば、禁酒法案を作っても誰も酒を求めるのをやめなかったように、どれだけ動物愛護法を厳しくしても子犬を欲しがる人は減らない。
何をしても手に入れようとする。
結局業界は闇化していき、アルカポネがそうだったように、むしろ悪い奴はどんどん法を厳しくすれば都合がいいと言うだろう。

●管理人のコメント
覚醒剤や大麻の流通は禁止されていますが、素晴らしい警察力をもってしても需要を断つことが出来ません。
せいぜい、使用者を逮捕する程度です。
子犬が欲しいという需要はなくなりません。
正規の供給は禁止することが出来ますが、薬物同様に闇社会の稼ぎになると考えています。

元発言(facebook) いいね:71,コメント:6件,シェア:1件(クリック)
ペットの生体流痛を禁止すれば闇化するの続話です。
私は開業獣医師であるが、50年近く前からやっている。
開業当時のペット生体流通であるが、当時は動物取扱業登録などなかった。
行政が登録時や更新時に立ち入り検査をすることや、一年に一回の講習もなかった。
つまり、ペットの生体流痛は今に比べてはるかに自由度が高い業種だった。
当時、闇社会の人と思われる人も業界にはいた。
そのような人は真面目に獣医師の話を聞かない。
ワクチンもうたずに子犬子猫を売る。
何が起こるかと言えば、家庭に迎えられた子犬子猫が潜伏期を経て感染症を発症する。
当然、町の獣医師に来るわけであるが、ジステンパーなどと診断すると当時そのような業者から脅しが入る。
診断を取り消せというのである。
嘘だと思われるかもしれないが、相手は闇社会の人間、脅しは常套手段である。
私達町の獣医師にとって、当時のペット流通業界は近づきにくい世界であった。
それが、動物取扱業登録され、行政の監査の元に置かれるようになった。
子犬を迎えたら感染症だったなんてことは本当になくなった。
むしろ今あるのは、保護動物の譲渡を受けたら酷い病気だったである。
なんにしても、ペットの生体流痛を規制すれば、子犬子猫を求める需要はそのままなので供給側は闇化する。
その被害はペット動物が受ける。
私は、今の問題点を改める改善は賛成だと考えているが、生体をお金でやりとりするのは鬼畜の行いなどとする考えには組しない。
極端なベストを望むのは禁酒法案の二の前、ベターが一番である。

元発言(facebook) いいね:51,コメント:1件,シェア:5件(クリック)
ペットの生体流痛を禁止すれば闇化するの続話です。
老舗の動物愛護団体が公共広告機構でペットショップでの衝動買いをやめましょうのような公共CMを流したことがある。
社会的に何か影響があったかは聞いていない。
同じように消費者金融会社がペットショップの店頭のチワワに心を奪われてしまうCMを流したことがある。
社会的なブームになりチワワが大流行した。
ペット生体流通をまるで供給だけで成り立っているように言う人たちがいるが、実際は需要があるから成り立っている。
誰も欲しがらない商品を供給してもビジネスにならないのである。
では、チワワを迎えた家庭で子供が子犬を抱く。
私はその姿そのものが動物愛護だと思っています。
自分より力の弱い者をかわいがる。
そのことによって、弱いものを守ろうという気持ちが育まれる。
動物愛護とはそのような徳育の一種だと私は考えている。
ペットの生体流通をまるで違法薬物のように取り締まれるという人たちがいる。
では、町で行動のおかしい人を職務質問するように、チワワの子犬を抱く子供を警官が取り調べできるのか。
そもそも、チワワの子犬を抱きたいという気持ちが法律で違法となり罰則を受けるようなものなのか。
たしかに、生体の供給側にはいろんな問題はあると思う。
しかし、それだから供給を止めてしまえはいかがなものか。
問題は動物取扱業一種販売の中で改善するべきで、動物取扱業一種販売をなくしてしまえば供給は闇組織が行うようになる。
それは歴史の必然だ。

元発言(facebook) いいね:22,コメント:0件,シェア:1件(クリック)
私は以前よりペットの流通を法規制しても、旺盛な需要はそのままなので、正規の流通に代わって違法な流通に代わるだけと言ってきた。
このようなニュースがあった。
ーーーーーーーーーー
ネット上で違法な売買も 犬や猫の「店頭販売禁止」後もフランスで減らない“捨てられるペット”
ーーーーーーーーーー
ペット生体の店頭販売を禁止したら違法な取引が横行しているというニュースである。
私は当たり前のことだと思う。
ペットの需要は旺盛。
ペットショップ店頭で購入できなければ他を探すだけ。
しかしそれは違法な取引となる。
日本でも、ペットの店頭販売を禁止しようという人たちがいる。
その人たちは町に酔っぱらいがいるから酒の流通を止めようという人と同じ。
結果は、流通は闇社会が仕切る。
私は動物取扱業なんて法律が無かった頃から獣医師をやっている。
当時は闇社会の人も業界にいて、とても怖かった。
もちろん、登録も立ち入り検査もなしだからアニマルウエルフェアなんてお構いなしだった。
私は動物取扱業一種販売をなくしてはいけないと考えている。
今の法律の縛りの中で改善を目指すべきだ。
言っておく、日本で正規のペット流通を禁止したら、闇社会の人の世界になる。
これは絶対である。

元発言(facebook) いいね:0,コメント:0件,シェア:0件(クリック)
昨日、以下のようなニュースがあった。
ーーーーーーーーーー
「正直者が馬鹿を見る」…ペット業界の自浄作用が働かないワケ 8週齢規制守らぬ悪質事業者【杉本彩のEva通信】
ーーーーーーーーーー
正直者が馬鹿を見るのであれば、みんなが違法業者にならなければ仕方が無いのではないか。
そもそも守れないような法律を作った人の責任はないのか。
今まさにより守れない法律を作ろうとしている人たちがいる。
結局、ペットの生体流痛側は法の外に行くだろう。
そして、そのことによってペットの立場は今よりも悪化する。
私はそう考えている。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


チャチャとクロ
春で4歳になる姉妹です。
野良ニャンから家ニャンに
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年4月のBest
  1. 大阪万博ペット同伴絶対反対(107)
  2. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(79)
  3. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(59)
  4. 動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる(53)
  5. 愛護芸人の言う海外とはどこのことだろ(51)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年4月期)
  1. 猫のカロリー計算(4,544)
  2. 犬のカロリー計算(3,890)
  3. 動物よくある相談(3,603)
  4. 管理人の独り言(3,600)
  5. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(3,045)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,838)
  7. 広報板カフェ(1,687)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜5月27日:オンライン
★〜6月2日:東京都台東区
★5月22日:インターネット
★5月25日-26日:神奈川県藤沢市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★5月31日:インターネット
★6月1日:和歌山県日高郡
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月10日-24日:オンライン
★6月15日:栃木県日光市
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月30日:兵庫県神戸市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。