獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー二酸化炭素ガス中毒で周囲の人も気がつかないうちに手遅れになった例
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん二酸化炭素ガス中毒で周囲の人も気がつかないうちに手遅れになった例
2023年1月6日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:35人,コメント:7件,シェア:0件(クリック)
二酸化炭素による殺処分は窒息で苦しむんだと主張される方が少なくないです。
このような事故が過去ありました。
ドライアイスの二酸化炭素中毒で死亡事故
お棺の中に入れられたドライアイスから二酸化炭素ガスが発生し、それがお棺の中に充満して、知らずにお棺の中に顔を入れた方が残念なことに亡くなった事故です。
周囲はただ亡くなった父に頬ずりしているものだと思っていたが、二酸化炭素の麻酔効果により昏睡状態になり、手遅れになった。
それほど二酸化炭素ガスは刺激性がなく、速やかに眠ってしまいます。
二酸化炭素ガスで本人が苦しむのなら、本人自身脱出する、ないしは周囲が気がつくでしょう。
残念な事故です。(合掌)

●一獣医師さんのコメント
1997年自衛隊訓練中、火山性二酸化炭素での死亡事故。
窪地にたまっていた二酸化炭素で瞬時に意識を失い、それを助けようとした上官が同じように足を踏み入れ、計三人が亡くなった事故。
当時の報道では、もがき苦しむのではなくバタっと倒れてそのままだったそうです。
学生時代よく遊びに行った田代平だったのでゾッとしました。
青森県八甲田山:自衛隊員集団酸欠事故

●一獣医師さんのコメント
こんななんてことない窪地なんですが、CO2は重いので高濃度で溜まっていたんでしょう。
濃度は15〜20%とのことです。
東八甲田の魔の窪地、10年前の陸自隊員の遭難事故

元発言(facebook) いいね:98人,コメント:12件,シェア:1件(クリック)
昨日、ドライアイスに起因する二酸化炭素ガス中毒例を紹介しましたが、周囲の人が気が付かないほど速やかに眠るガスです。
しかしこれが、愛護の世界となると苦しむと言う人が少なくない。
想像するしかないが、元気な犬や猫はガス室のような密室に入れられたら恐怖で暴れる個体がいる。
私などはTNRの捕獲器で連れてこられた猫が金属製の捕獲器に突進していて、顔をズタズタにしたケースに遭遇している。
では、捕獲器の中の空気は特別かといえば、ただの大気。
暴れたからと言って、それが周囲の気体の性とは限らないのである。
昨日の書き込みである獣医さんから貴重な例を教えていただいた。
自然界のくぼみにたまった二酸化炭素ガスでたくさんの人が暴れることなく倒れていった例である。
これは、二酸化炭素ガスが空気より重いので、下にたまる性質を表しているが、それならば、ガス室に滑り台を作り、下のくぼみに事前に二酸化炭素ガスを充満させておき、入り口から動物をくぼみに滑らせたら、暴れる時間もなく二酸化炭素ガス麻酔状態にすることが出来るのではないか。
現在のように、ガス室に入れてからガスを注入するのではなく、事前に高濃度のガスだまりを用意しておくのである。
そんなことも検討できるのではないかと考えています。

●武井さんのコメント
そもそも、殺処分は、畜産や動物の感染症パンデミックを阻止する為の手段であり、元からの野良犬猫と、ペットショップ出の犬猫を混同する愛護と、棄てる飼い主の撲滅が問題だと思います
まるで、昨今の不用品(動物ですが)処理場のように、使われるのではなく、本来の「必要最小限の殺処分」にする必要があると思います


●川村幸治(管理人本人)のコメント
武井さんへ
それは愛護の話で、私は獣医師。
動物のお医者さんのセリフで「安楽死も獣医師の仕事だ」とありましたが、まさにその通りで、動物を出来うるかぎり苦しめない安楽死の方法を検討するのも獣医師の仕事なのです。
殺処分するのかどうかの判断は行政です。
そして、アニマルウエルフェアに即した安楽死の方法を考えるのは獣医師です。
どのような動物を殺処分するかについては、行政に相談してください。
私は獣医師として、安楽死の方法について一般に誤解があれば解かなければならないし、誤解を生むような問題があれば改善を提案していきたいと思います。

●まゆみさんのコメント
まだCGなど普及していない時代に、CMの特殊効果にたずさわっていた友人から聞いた話ですが、雲海を作るのに密閉された空間で大量のドライアイスを使っていたそうですが、撮影時間が長引くとスタッフさんがみんなあくびをしだして危険な状態になったそうです。

●川村幸治(管理人本人)のコメント
二酸化炭素ガス中毒は私はなったことがないですが、眠くなったとすれば紙一重だったと思います。
一人倒れると助けに行きますから。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


ゴロちゃん大好き☆★
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★〜4月30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。