獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー仔猫の育て方ガイド
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん仔猫の育て方ガイド
文章:パールちゃん
初出:2006/06/15 改訂:2008/09/11
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


はじめに
仔猫を拾ってしまった、、、
飼い猫が出産したけれどまったく子育てをしない、、、
そんなときは緊急にあなたが仔猫の世話をしなければなりません。
目の前にいる仔猫の命をつなぎとめることが最優先です。
初めて仔猫の世話をする人のため、以下に仔猫の育て方ガイドをまとめました。

◆産まれてからどのくらい?
まず、生後何日くらい経っているのかを把握しましょう。
それによって必要な食べ物などを判断することができます。
健全に成長している仔猫の成長過程は次のとおりです。

・産まれたときの体重は平均80〜100グラム
・その後、1週間で100グラムくらいずつ体重増
・生後約4〜6日でヘソの緒が自然に取れる
・生後1週くらいに目頭の側から少しずつまぶたが開き始める
・生後約2週までに完全に目が開く
・生後2週過ぎに耳が聞こえるようになる
・生後3週くらいで乳歯が生える
・生後3週くらいで自分でちゃんと歩けるようになる
・生後4週くらいから離乳食を食べ始める

◆生後6週までの仔猫に必要なのは[授乳][排泄][保温]の3つ
授乳
授乳
市販の「仔猫用ミルク」を「仔猫用哺乳瓶」を使って飲ませてください。
「仔猫用ミルク」や「仔猫用哺乳瓶」は動物病院・ペットショップ・ホームセンターで販売しています。
牛乳は下痢の原因になるので緊急時以外は飲ませないでください。
ミルクの温度が低いと仔猫は飲みたがりません。
ミルクは人肌より少し高め、指で確認して『あたたかいと感じるよりほんの少し高めの温度』が仔猫の好みです。
飲み残したミルクは保管せずに捨て、授乳のたびに新しいミルクを作って与えてください。
仔猫がなかなか口を開けないときは口先に少しずつミルクを塗りつけて自然に舐めるのを待ちます。
またはミルクをつけた綿棒を仔猫の唇からそっと差し込み、歯茎に塗りつけます。
ミルクがあたたかくておいしいものとわかれば、じきに自分から哺乳瓶に吸いつくようになります。
ミルクの温度と本物の乳首に近い感触、この2つがミルクをよく飲むか飲まないかを左右します。
ミルクが気管に入ってむせたりしないよう、授乳時は仔猫をうつ伏せの姿勢または立たせた姿勢に保ってください。
理想的な授乳間隔は日齢(生まれてから何日か)で違います。
だいたいの目安は次の通り(夜間も授乳が必要です)
生後1週までは3時間毎に授乳
生後1週から2週までは約4時間毎に授乳
生後2週から3週までは約6時間毎に授乳
生後3週から4週までは約8時間毎に授乳
生後4週からは離乳食と併用して約8時間毎にミルクも与える
深夜に仔猫を拾うなど「仔猫用ミルク」も「仔猫用哺乳瓶」もすぐに入手できないときは、緊急的にスポーツドリンクをあたためたものや牛乳を与えます。
その際、牛乳は必ず一度沸騰させてから人肌まで冷ましたものにしてください。
そうしないと仔猫は牛乳を消化できず、ひどい下痢になって命を落としたりします。
哺乳瓶の代用としては清潔なガーゼやハンカチ、綿棒などを使用します。
ガーゼやハンカチは細くつまんで牛乳に浸し、それを仔猫に吸わせてください。
スポーツドリンクや牛乳、哺乳瓶の代用となるものは、あくまでも緊急用です。

排泄
産まれてしばらくの間の仔猫は自分では排泄ができないため手助けが必要です。
ティッシュでそっとお尻をツンツンと刺激して排泄をうながしてください。
なかなか出ないときはティッシュをぬるま湯に浸してあたためてみてください。
授乳前・授乳中・授乳後、おしっこをさせるのはいつでもかまいません。
むずがってミルクを飲まないときは、授乳前に排泄をさせれば仔猫はおなかがすっきりしてミルクをよく飲みます。
うんちは3日間くらいは出なくても心配ありません。
でも、おなかがパンパンに張っていたりミルクを飲みたがらないときは便秘の可能性があります。
便秘の心配があるときはすぐに動物病院に相談しましょう。
また、軟便や下痢が見られたら急いで動物病院へ。
特に下痢や便秘は対応が遅れると仔猫にとって命取りになります。
昼間に下痢をして様子を見ていたら夜にはぐったりということがよくあります。
仔猫の下痢は一刻を争う事態であることを覚えておいてください。

保温
仔猫にとって冷えは体力を失う一因になります。
授乳時は布で軽く包む、寝床にはふかふかに敷物を入れるなどして体温低下を防いでください。
お湯を入れたペットボトルなどを布で包んで寝床の保温に利用することもできます。
携帯カイロは酸素を奪って仔猫を酸欠にさせる恐れがあるので使わないでください。
保温の際、暑くなりすぎたときのためにあたたかくないスペースも作っておいてください。
仔猫は寒ければ保温のところへ、暑ければ保温していないところへ、自分で移動します。
なお、寝床の敷物や保温のための布は織り目の詰まったものを使ってください。
表面が輪になっているループ織りのタオルは仔猫の爪にひっかかり怪我の元となります。
フリース素材のものは長い繊維を乳首代わりに吸って飲み込むことがあるため使わないでください。

◆生後4〜6週で離乳
生後3週くらいで乳歯が伸びてくると哺乳瓶の乳首を噛むようになります。
哺乳瓶の乳首にキズが目立つようになったら離乳食を開始します。
離乳食は市販の「仔猫用離乳食」を使います。
最初はそれまで飲んでいたミルクに離乳食を混ぜてドロドロにしたものを与えてください。
そして少しずつミルクの量を減らして離乳食に慣らしていきます。
離乳食開始から3〜4週かけて離乳食を終了します。
早くて生後6週、遅めで生後8週が、完全離乳の目安です。
離乳の途中からは仔猫用の缶詰食やレトルトフードを混ぜ、離乳終了時には缶詰食やレトルトフードだけでも食べるようにします。
その後、粒状のドライフードをふやかしたものも少しずつ加えて慣れさせます。
ドライフードの量を少しずつ増やし、ふやかす水分量も減らしていき、だんだんに固いままも食べるようにしてください。
缶詰やレトルトを経ずに離乳開始直後から固いままのドライフードを平気で食べる仔猫もいます。
その場合、いいうんちが出ていれば問題ありません。
ただし、成猫用ではなく必ず仔猫用ドライフードにしてください。
成猫用と仔猫用とでは栄養成分が違います。
ドライフードを食べるようになってからはいつでも飲めるようきれいな飲み水も置いてあげてください。

◆トイレの練習
離乳期になると手助けをしなくても自分で排泄できるようになります。
離乳食を始めたら猫用トイレを用意してあげてください。
それまでの排泄のリズムに合わせ、頃合をみてトイレに連れていきます。
トイレでの排泄を何度か繰り返せば猫はすぐにトイレを覚えます。
トイレの排泄物は早めに片付けて常に清潔にしておきましょう。
猫用トイレは市販もされていますが、短期間だけ使うなら手作りすることもできます。
ダンボール箱にビニールを敷き、そこにちぎった新聞紙を入れておけばオーケーです。
トイレは仔猫が楽に出入りできるよう浅い形にしてください。

◆動物病院へ
初めて仔猫の世話をするときは疑問や悩みが必ず生まれます。
早めに動物病院へ連れていき、健康診断を受けるとともに育て方のアドバイスを受けましょう。
食欲や元気がない、うんちやおしっこが出ない、目やに・涙・くしゃみ・鼻水が出る、ふるえている、歩き方がおかしいなど気になることがあるときはすぐに動物病院へ。
ワクチン等の予防接種や避妊去勢手術の相談も兼ね、生後約8週までの間に少なくとも一度は動物病院で健康チェックを受けましょう。

さいごに
仔猫のときの適切な世話はその猫の一生の健康を左右します。
生まれてきた命・・・・・・愛情をもって大切に育てましょう
仔猫

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



ハクチョウ
秋田県角館付近
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 8月は「にゃんこ爪とぎタワー(ピンク)」です。
新発想!隠れ家付きのダンボール製爪とぎ☆
あるときは爪とぎ。あるときは秘密基地に。
寝起きにすぐバリバリ出来る1台二役の優れもの。
安心の日本製で細部までこだわりぎっしり!
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(7月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(35,143)
  2. 動物よくある相談(30,318)
  3. 飼い主募集セミナイベント(29,743)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(14,639)
  5. 犬のカロリー計算(13,873)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(12,067)
  7. 猫のカロリー計算(11,499)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,315)
  9. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(6,077)
  10. 動物の愛護セミナイベント(3,185)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★WEB講座
★栃木県那須郡
★〜8月27日:東京都台東区,〜8月28日:新潟県新潟市
★〜8月31日:山口県周南市
★〜9月3日:京都府京都市
★〜9月20日
★〜10月8日:京都府京都市
★8月17日:東京
★8月18日:東京都世田谷区,8月19日:東京都日野市
★8月19日:東京都文京区
★8月19日,20日:大阪府大阪市
★8月20日:兵庫,8月26日:兵庫,8月27日:大阪,9月7日:千葉
★8月22日:東京都文京区
★8月25日:北海道札幌市
★8月25日-27日:神奈川県相模原市
★8月27日:愛知県刈谷市
★8月29日:東京都港区
★9月1日:東京都文京区
★9月16日-9月24日:京都府京都市
★9月18日:東京都世田谷区
★9月23日,24日:東京都台東区
★9月24日:東京都豊島区
★10月7日・8日:東京都新宿区
★10月28日-29日:東京都文京区
★11月1日〜:アメリカ

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★8月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★8月19日:大阪府高槻市
★8月19日:大阪府堺市
★8月19日:大阪府枚方市
★8月19日:愛知県名古屋市
★8月19日:東京都青梅市
★8月19日,20日:東京都新宿区
★8月19日,20日:神奈川県茅ヶ崎市,8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:三重県三重郡
★8月20日:東京都東村山市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:茨城県土浦市
★8月20日:東京都江戸川区
★8月20日:東京都中央区
★8月20日:岡山県倉敷市
★8月20日:山梨県甲府市
★8月20日:愛知県名古屋市
★8月20日:熊本県八代市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:東京都葛飾区
★8月20日:山梨県笛吹市
★8月20日:東京都葛飾区
★8月20日:栃木県那須塩原市
★8月20日:岡山県岡山市
★8月23日,30日:沖縄県南城市
★8月26日:東京都渋谷区
★8月27日:神奈川県横浜市
★8月27日:神奈川県川崎市
★8月27日:大阪府堺市
★8月27日:東京都葛飾区
★8月27日:東京都清瀬市
★8月27日:東京都中央区
★8月27日:神奈川県横浜市
★8月27日:東京都中野区
★8月27日:群馬県高崎市
★8月27日:千葉県流山市
★9月2日:茨城県笠間市
★9月2日:茨城県つくば市
★9月2日,3日:北海道上富良野町
★9月3日:東京都板橋区
★9月3日:千葉県市川市
★9月3日:東京都港区
★9月3日:兵庫県神戸市
★9月3日:東京都清瀬市
★9月9日:福岡県北九州市
★9月10日:千葉県船橋市
★9月10日:茨城県つくば市
★9月10日:大阪府大阪市
★9月10日:東京都大田区
★9月10日:埼玉県新座市
★9月10日:東京都町田市
★9月17日:東京都練馬区
★9月23日,24日:東京都世田谷区
★9月24日:千葉県富里市
★9月24日:東京都世田谷区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。