獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー動物管理センターと動物愛護センター
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん動物管理センターと動物愛護センター
2018年12月12日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:73人,コメント:9件,シェア:3件(クリック)
昨日のニュース配信で、ある地方都市の動物愛護センターの保護猫が限界を超えたので緊急に譲渡会をするというのがあった。
動物愛護センターという名称ではあるが、本来の業務は動物管理。
元々は動物管理センターとよばれていたところが多いと思う。
動物管理の仕事は、町の安心安全を守る基地。
管理する動物の範囲は大は熊から小はヒアリまで。
動物による脅威を取り除き、子ども達が安心して登校できるようにしておくのが本来の仕事である。
しかし最近は、動物愛護センターと名称を変え、まるで動物愛護団体のシェルター状態になっているところもある。
昨日のニュースのようにキャパを超えているところもある。
あのー、何がしたいのでしょうか。
動物愛護団体もどきのことをしたいのであれば、公務員を辞め、団体を立ち上げたらいい。
公務員としての仕事は本来何なのでしょうか。
私は、行政が動物愛護団体もどきの活動をすることについて、疑念を持っています。

元発言(facebook) いいね:165人,コメント:36件,シェア:5件(クリック)
昨日、とある地方の動物愛護センターの収容が限界となり、緊急譲渡会を開くことについて意見を書き込んだところ、多くのいいねやコメントを頂戴してありがとうございます。
私は、動物管理センターが動物愛護センターに名称変更していることについて深刻に感じています。
以前、東京で開かれた狂犬病のシンポジウムに参加したことがあります。
その際に、厚生労働省の担当者から、町の獣医師で狂犬病の疑いをもたれた犬は、動物愛護センターで殺処分の上、脳を取り出して検査センターに送っている。
一年で6例ほどあったと説明があった。
質問タイムで、私質問したのです。
現在の動物愛護センターの一部は、愛護団体のシェルター化していて、その上動物があふれて、とてもそのような作業が出来る状態でないところもあります。
それをどう思われますかと質問したところ、厚生労働省の担当者は非常に機嫌が悪くなり、まともな返事が返ってこない。
元動物愛護センターの職員だった人も、現在は殺処分ゼロの圧力が強くて、そのようなことがしにくいところもあると質問しても、返事無し。
見かねて、シンポジウムの主宰者が、人畜共通感染症を主管する厚生労働省と動物愛護を主管する環境省が話し合ったらどうだろうと提案しようとしたのですが、司会者から×が出た。
これやばい。
日本で狂犬病が発病する確率は5万年に一度だという説がある。
つまり、確率はあるわけで、疑わしい動物は検査をしなければならない。
5万年に一度だから症状的に疑わしい犬を検査しなくてもいいというのは、運を天に任せる事になる。
県によっては、ガス室を作らないという方針もあるという。
狂犬病の疑いのある犬に、誰が静脈注射をするのだろう。
咬傷事件の場合、人命がかかっている。
つまり、疑いがある犬はすみやかに検査しなくてはならない。 それが今、危うく私は感じている。
私は、心配性だからかもしれないが、本当に心配しています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


二代目クーちゃんです。
先代を亡くして涙の我が家に
三重の保護団体からやって
きました。このこもいい子です。(笑)
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月30日:オンライン
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月11日-19日:大阪府大阪市
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月13日-27日:オンライン
★5月17日-6月2日:東京都台東区
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★5月31日:インターネット
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。