獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー狂犬病予防法と町の獣医師と獣医師会と
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん狂犬病予防法と町の獣医師と獣医師会と
2017年8月17日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:236人,コメント:48件,シェア:4件(クリック)
ここ数日盛り上がっている狂犬病ワクチン接種について、毎日多くのコメントやいいねを頂戴しております。
ありがとうございます。
私の獣医師歴は40年です。
獣医師になった時には狂犬病予防法はありました。
その間に獣医師会に入り、集合注射に参加し、獣医師会を退会し、集合注射には縁がなくなり、この夏獣医師会に再入会しました。
そのような人間から言えることは、狂犬病予防の仕事というのは、その他の獣医師の仕事としては異色であると言うことです。
以前にも書きましたが、例えば犬の混合ワクチンなら各社毎に仕入れ価格が異なり、シーズンオフにはセールがあり、まとめて購入して、儲けを狙うことも出来ます。
しかし、狂犬病ワクチンは、確かに複数社が作っていますが、製造法も同じ、仕入れ価格も同じ、セールなど聞いたことがありません。
そして接種価格ですが、混合注射なら自由価格です。
好きに価格が決めることが出来ます。
しかし、狂犬病は、行政が獣医師会に提示する、ないしは話し合う、その結果決まった集合注射の価格を獣医師会未入会の獣医師も意識せざるを得ないのが実態です。
病院で、診察して、健康状態をチェックして接種するのですから、集合注射より高くてもいいような物なのですが、それもしづらいのが実態です。
一部の地方で、企業動物病院や獣医師グループが大形スーパーの駐車場などで行政と話し合った価格より安売りしているのは聞いています。
これは、おそらく行政はいい気分はしていないでしょうね。
ただ、規制する法律もないので、どうしようもないという所でしょうか。
良く言われるのに、まるで獣医師会が狂犬病予防をやめさせないというような話がありますが、獣医師会に入ってなかった人間としてはっきり言えます。
それはデマです。
日本は法治国家で、狂犬病予防法という法律があり、それに従って行政が動き、獣医師に協力を求めるというのが実態でしょう。
私の住んでいる大阪では、近年獣医師会未入会の獣医師も行政から協力が求められるようになり、私も協力していました。
ですので、狂犬病予防法の廃止要求などは、所管している厚生労働省に陳情すべきことで、最終的には国会の議決を経て国会議員が決めることとなります。
なにか、獣医師会が大きな力で狂犬病予防法を存続させているように思われている方もいらっしゃるようですが、獣医師会にそんな力はないように思っています。
私は30年近く未入会でしたが、何の不自由もありませんでした。
獣医師会に力があれば、未入会の開業者こそ、圧力を受けそうなものですが、何も無いです。
ただ狂犬病だけは、行政が地域獣医師会の協力を得ているという状況がありましたので、未入会のものには不利益な扱いはありましたが、絶対的な不利と言うほどのことは無かったです。
狂犬病は日本ではほとんど再発生する心配ないという意見をよく読みます。
私は、ほとんど発生することが無いのなら、やはりリスクはあるんだと理解しています。
狂犬病臨床研究会に参加し、アジアの狂犬病施設の狂犬病特有の症状を映したDVDを時々診て、常に見落とさないようにしております。
ほとんど再発生する心配がないのと、現場で最前線に立つ人間が万が一の際の備えをしないのとは違うと考えています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


キャバリアの♀ チャムです♪
2ヶ月です
スクスク育っていま-す
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年4月のBest
  1. 大阪万博ペット同伴絶対反対(107)
  2. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(79)
  3. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(59)
  4. 動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる(53)
  5. 愛護芸人の言う海外とはどこのことだろ(51)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年4月期)
  1. 猫のカロリー計算(4,544)
  2. 犬のカロリー計算(3,890)
  3. 動物よくある相談(3,603)
  4. 管理人の独り言(3,600)
  5. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(3,045)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,838)
  7. 広報板カフェ(1,687)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜5月27日:オンライン
★〜6月2日:東京都台東区
★5月25日-26日:神奈川県藤沢市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★5月31日:インターネット
★6月1日:和歌山県日高郡
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月10日-24日:オンライン
★6月15日:栃木県日光市
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月30日:兵庫県神戸市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。