獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューあきらめないで!迷子動物・保護動物帰宅実例集メニュー実例集12
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんあきらめないで!迷子動物・保護動物帰宅実例集12
迷子イヌ>獣医師広報板で情報が合致し、無事帰宅
編集−パール
初出:2007/04/16・改訂:2009/02/18
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


■迷子になった日 2007/04/14
■帰宅した日 2007/04/15
■届出先機関  警察(交番へ届出)・保健所(メールで届出)
■状況 門扉が開いていてそこから出てしまったと思われる
■発見の決め手 獣医師広報板の迷子保護イヌ掲示板への投稿
------------------------------
<プロフィール> ポッチ/シー・ズー(♂ 10才)
体長が、約40センチ。白内障により左目が白濁
------------------------------

迷子の犬(ポッチ)が戻るまで

◆第一日 (2007.4.14)
「ポッチ」が生まれたばかりの子犬のときに我が家のメンバーになって約10年になります。
その間、ほとんどを家の中と庭(子犬にとってはそれなりの広さがあるので)で暮らしていて、病院やトリミングに行くとき以外、外出することのない、典型的な内犬です。
そんな事情で、首輪はしていませんでした。
一時はめさせていたのですが、首輪の下あたりに湿疹が出たりしたこともあって、今は使っておりませんでした。
その日(2007.4.14)の朝も、いつものように(7時頃でしたでしょう)まず庭に出しました。
この日は、朝から植木屋さんが来るというので、ガレージの門扉を開けておきました。
庭とガレージは二つの戸で仕切られており、ポッチが一人でガレージに行くはずはないのですが、この日は運悪く、一方の戸が、少し開いていたのです(後から気がついたことですが)。
8時頃、朝食を摂っていて、少しおかしいと思いました。というのは、いつもはパンのにおいをかぐと(パンが大好物です)、「入れてくれ」と、食堂と庭を仕切るドアの前にきて騒ぐのですが、その日は姿を見せません。気になって庭に出てみて、戸が少し開いているのを見つけました。
ポッチが好きな、庭の日当たりのいいところにもいないので、ここからガレージを通って、外に迷い出たのだろうと判断しました。
そこで朝食もそこそこに、近所を(名前を呼びながら)歩き回りましたが、姿を現しません。
庭であれば、呼べば必ず寄って来ますから、近所にはいないらしいと気がつきました。
迷子になったのは間違いないと判断し、さっそく張り紙を10枚ほど作り、近所の電柱に貼りつけて回り、また一番近い交番にも届けました。
ビラを添付しておきます。目立つように大きなフォントを使い、蛍光ペンでマークしました。
土曜日だったので保健所への届けはできませんでした(後でメールによる届けは出しましたが)。
午後になってもまだ帰ってきません。
植木屋さんの相手をしながら庭で心待ちにしていましたが、とうとう夕方になり、植木屋さんも帰りました。
これはもう迷子になっている、と考えざるを得ませんでしたが、万一夜に帰ってくることを考えて、ガレージの門扉や庭に通じる戸は、ポッチが通れる程度に開けておきました。
どこかに保護されていることを祈りながら一夜を明かしました。

◆第二日 (2007.4.15)
翌朝(15日の日曜)、起きて一番に庭の小屋をのぞいてみましたが、戻ってはいません。
交番に電話しましたが、情報は無いようでした。
どうしたらいいだろうとあれこれ考えてみましたが、普通に思いつくことはすべてやってあるので、後はどなたかが情報を提供してくださるのを待つのみという、心もとない状況です。
その時、ふと思いついたのはインターネットです。
もしかしたら、ペットが迷子になったとき、どうすればよいか、といった情報が得られるのではないか、と。そこでグーグルから「迷子 犬」と入力してみました。
そうしたら、なんとびっくり、迷子のペットに関する情報が100万以上もあるではないですか。
しかも、迷子犬掲示板といったタイトルのサイトもたくさんあることがわかりました。
それらの掲示板を開いてみると、双方向システムとなっていることがわかりました。
つまり、迷子のペットの飼い主、迷子のペットを保護した保護者がそれぞれに所定の形式で情報を提供し、飼い主は検索エンジンを使って、自分の迷子ペットが掲示板に出ているかどうかを調べるという仕組みです。
たくさんあるサイトから、いくつかを選んで投稿をするのが先決と、朝食もそこそこに、まず「獣医師広報板」を選びました。
獣医師という名前に惹かれ、また安心感を持ったのだと思います。
そこに入力を済ませ(難しいというほどではないが、やはり初めてなのでいろいろ読んだりします)、さらにもう一つ二つ投稿してみようと作業を続けているうちに、電話が鳴りました。
なんと、つい1時間前に情報を入力した「獣医師広報板」のスタッフ、パールさんという方からでした。
それだけでも驚きなのに、「ポッチらしい迷子犬が千代田区富士見町の方に助けられて、いま麹町警察署に保護されているから、チェックされては」、というご助言にますますたまげました。
入力したばかりの情報に対するレスポンスの早さと、私ともの家と千代田区富士見町との距離にたまげたのです。
おそらく2キロ近いでしょう。
体長40センチかそこらの犬にとっては大変な距離です。
麹町警察署に連絡をとり、ほぼ間違いないという感触を得たので、タクシーで駆けつけました。
ありがたいことに、確かにポッチでした。
所定の手続きを終えて引き取り、無事に帰宅したのは午前11時ころ、推定失踪開始時間から約28時間後でした。

◆感謝
幸いな結末を迎えることができたのは、ポッチにとっても、私どもにとっても、「ラッキー!」としか言いようのない、いくつかの幸運が重なったおかげです。
1・ポッチが無事に千代田区富士見町までたどりついたこと 飯田橋の大きな交差点をどうやって渡れたのか、いまだに信じられないのです。
2・午後3時過ぎ、富士見町のとあるマンションの階段でへたりこんでいたとき、ポッチを見つけて助けてくださったマンションの住人の方が、とりわけ親切な方であったこと 近所を尋ねてくださり、近所に飼い主がいないとわかると、わざわざ交番まで連れて行ってくださったのです。
3・さらにその方が、迷子犬保護の情報を、「獣医師広報板」に投稿してくださったこと
4・私がまったく偶然に、同じ「獣医師広報板」にポッチの情報を投稿したこと
5・「獣医師広報板」のスタッフさんが、二つの情報の関連をすぐに見抜き、そのことを私どもにただちにメールと電話でご連絡くださったこと
6・これは不幸中の幸いというべきでしょうが、ポッチが白内障を患っていて(治療中です)左目が白濁しており、これがよい目印になったこと

このどれが欠けても、ポッチの生還は難しかったのではないか、と感謝の気持ちで一杯です。このような幸運が6つも続く確率は恐ろしく低いはずですから。
また、麹町警察署が、ポッチのために、立派な檻を用意してくださり、中にタオルなどを敷いて居心地がいいようにご配慮くださったこともありがたいことでした。
餌も十分にいただいたようでした。ポッチにとっては不安な一夜だったと思いますが、ご配慮のおかげで、何とか過ごせたのだと思います。

◆学んだこと
今度のことで、私どもも多くのことを学びました。
・犬の行動力 内犬で、外を歩いた経験といえば、500メートルほど先の動物病院に診察やトリミングに行くだけの経験しかありません。それが2キロも歩いたのには驚きでした。近所の電柱にビラを貼るだけでは不十分だったことがわかりました。
・犬の好奇心の大きさ 「好奇心は猫をも殺す」というようですが、同じことが犬にも当てはまるようです。ほんのちょっとの隙間を見つけて、そこを通って外界に出てみる、といった行動は、好奇心以外では説明できません。
・犬の帰巣性の弱さ これはポッチが内犬であるためかも知れません。私どもは、始めの数時間は、自力で戻ってくるばかりと思っていました。住んでいる家に戻るというのは、本能ではなく、訓練の結果得られる能力ということでしょうか。
・インターネットの威力 買い物、飛行機や音楽会の切符の購入などで頻繁に利用していますから、インターネットの威力はこれまでも体験しています。しかし、これらの場合は、先方が「利用しなさい」と積極的に働きかけているケースです。私どもはいわば受動的な立場です。しかし、今度の場合は、私どもが積極的に働きかけるケースとでも言うのでしょうか、立場が逆です。それにもかかわらず、同じようにきわめて有効であることを実感しました。
・人間の善意 しかし、そのインターネットが威力を発揮できるのは、人間の善意がそれを動かすからです。今回の場合では、ポッチを保護してくださった千代田区富士見町の住民の方、「獣医師広報板」のスタッフさんの善意が無ければ、いくらインターネットのシステムが完備していても、ポッチの生還は実現しなかったと思います。後で知ったことですが、「獣医師広報板」さんでは、週末、休日でも投稿される情報に大勢のスタッフが目を光らせておられ、情報や気がついたことをスタッフ間で共有するシステムになっているようです。結局はものを言うのは人間なのだ、と痛感しました。
人間の善意という点では、小日向から飯田橋までの長い道中、ポッチは大勢の方の善意に包まれて旅をしたのだと気がつきました。交差点を渡るときなど、きっと声をかけて、安全に気を配ってくださった方がおられたのでしょう。道中を見守ってくださった方々にも感謝します。

改めて助けてくださった皆様に感謝いたします。本当にありがとうございました。

〔飼い主さんの了解の上頂いたメールを公開しています。〕

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 7月は「ご飯がおいしい傾斜食器台」です。
首の筋肉が落ちた高齢犬も、頭がまっすぐで楽な姿勢で食べられる!
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆獣医師広報板開設20周年記念東京新宿オフ
●日時:2017年7月29日(土) 19:00〜21:00
●会場:東京新宿界隈を予定しております。
●参加資格:何もありません。
 あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
 ご自身のペット写真などを持ってきて、ペット自慢をする人も少なくないです。
 *ペットの持参は、会場の都合上お断りします。
●申し込み:参加してみたい方は仮登録をメールでお願いします。
 E-mail:info@vets.ne.jp

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(6月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(36,930)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(36,203)
  3. 動物よくある相談(29,532)
  4. 犬のカロリー計算(14,936)
  5. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,833)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(11,345)
  7. 猫のカロリー計算(11,178)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(8,750)
  9. イヌセミナイベント(3,093)
  10. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(2,671)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★栃木県那須郡
★〜7月30日:大阪府大阪市
★〜7月31日:兵庫県神戸市
★〜7月31日:東京都江戸川区
★〜7月31日:北海道江別市
★〜8月2日
★〜8月27日:東京都台東区,8月9日-28日:新潟県新潟市
★〜8月31日:山口県周南市
★〜9月3日:京都府京都市
★〜10月8日:京都府京都市
★7月29日:東京都新宿区
★7月29日:大阪府大阪市
★7月29日,30日,8月5日,6日,11日-14日,19日,20日:大阪府大阪市
★8月3日-4日,7月27日-28日,8月1日,8月2日:京都市左京区
★8月4日-8月12日:東京都港区
★8月5日:大阪開講
★8月5日:神奈川県川崎市
★8月5日:埼玉,8月11日:兵庫,8月13日:京都,8月20日:兵庫,8月26日:兵庫,8月27日:大阪,9月7日:千葉
★8月13日:愛媛県松山市
★8月17日:東京
★8月22日:東京都文京区
★9月18日:東京都世田谷区
★9月24日:東京都豊島区
★10月7日・8日・9日:東京都新宿区
★10月28日-29日:東京都文京区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★7月30日:愛知県名古屋市
★7月30日:山梨県笛吹市
★7月30日:東京都葛飾区
★7月30日:栃木県那須塩原市
★7月30日:東京都葛飾区
★7月30日:東京都杉並区
★7月30日:東京都荒川区
★7月30日:岡山県岡山市
8月2日:沖縄県南城市
★8月5日:茨城県笠間市
★8月5日:茨城県つくば市
★8月5日,6日:北海道上富良野町
★8月6日:東京都港区
★8月6日:兵庫県神戸市
★8月6日:東京都清瀬市
★8月6日:岡山県倉敷市
★8月6日:山梨県甲府市
★8月6日:東京都葛飾区
★8月6日:茨城県つくば市
★8月6日:大阪府大阪市
★8月7日:愛知県名古屋市
★8月9日,13日:千葉県流山市
★8月12日:福岡県北九州市
★8月13日:東京都大田区
★8月13日:埼玉県新座市
★8月13日:東京都町田市
★8月13日:東京都渋谷区
★8月13日:神奈川県横浜市
★8月13日:東京都中野区
★8月13日:群馬県高崎市
★8月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★8月19日:大阪府高槻市
★8月19日:大阪府堺市
★8月19日,20日:特別実施会場
★8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:三重県三重郡
★8月20日:東京都東村山市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:茨城県土浦市
★8月20日:東京都江戸川区
★8月20日:東京都渋谷区
★8月27日:神奈川県横浜市
★8月27日:神奈川県川崎市
★8月27日:大阪府堺市
★8月27日:東京都葛飾区
★8月27日:東京都清瀬市
★9月3日:東京都板橋区
★9月3日:千葉県市川市
★9月10日:千葉県船橋市
★9月23日,24日:東京都世田谷区
★9月24日:千葉県富里市
★9月24日:東京都世田谷区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。