獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューインドって動物愛護の偉大な国なの?
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんインドって動物愛護の偉大な国なの?
回答:ムクムク・megumi takeda
初出:2018/12/24
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
★飼育方法の質問は意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

<質問>
マハトマ・ガンジーの「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」ですが、インドって動物愛護の偉大な国なのですか。


<回答:ムクムク>
以下は日本の外務省のインドについての注意です。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/india.html
インドは狂犬病で年間2万人以上が死亡していると書かれています。
その原因は95%が犬からで、野犬が放置されていると書かれています。
野犬が放置されている理由は「インド人は宗教上の理由で殺生を好まないため」です。
インドの多数派の宗教はヒンズー教徒で、ヒンズー教徒は特定の動物を神聖視したりします。
その為に以下のような事件も起こっています。
https://www.sankei.com/world/news/170706/wor1707060076-n1.html
つまり、インドでは宗教で動物の殺生を好みませんが、狂犬病で年間2万人以上死亡しますし、異教徒を動物食を理由に殺すような事件もあります。
このように動物の扱いが多数派の宗教の教えに基づく国と、そうでない日本と同様にあてはめることが出来るかと言えば無理です。
日本は、野犬が子どもを死に至らしめたことがありますが、裁判で行政の動物管理を問われています。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail3?id=20480
つまり、年間2万人以上狂犬病で人が死亡しても殺生を好まないという考えはインドの多数派の宗教であり、日本では通用しない。
もちろん、ガンジー氏も多数派の宗教教徒です。
日本とインドでは、動物に関して国民の基本的な意識が違いすぎて、偉大かどうかは別にして、参考にはできないと私は考えます。


<回答:megumi takeda>
あなたが「動物愛護」の定義を、多くの日本人が思っているように、「犬猫と言う愛玩動物をことさら殺さない。大事にする」と理解されているならば、インドは「動物愛護の偉大な国」とは正反対の動物虐待国家です。

インドでは宗教上の理由から、憲法48条で牛の殺害を禁じています。
https://indiankanoon.org/doc/1452355/
48 prohibiting the slaughter, of cows and calves and other milch and draught cattle.
48条 牛と子牛、その他の乳牛と使役牛の屠殺を禁止する。

またインドでは、刑法で牛などの特定の動物を経済的価値の有無にかかわらず、殺害や傷害は最高で懲役5年と罰金の併科で処罰されます。
しかし経済的価値がない、野良犬猫などは、殺害や傷害に対する処罰規定すらありません。
https://indiankanoon.org/doc/3563/
429 Mischief by killing or maiming cattle, etc., of any value or any animal of the value of fifty rupees.
Whoever commits mis?chief by killing, poisoning, maiming or rendering useless, any elephant, camel, horse, mule, buffalo, bull, cow or ox, whatever may be the value thereof, or any other animal of the value of fifty rupees or upwards, shall be punished with imprisonment of either description for a term which may extend to five years, or with fine, or with both. 
429条 牛などと、任意のそのほかの50ルピー以上の経済的価値があるいかなる動物を殺害する、もしくは後遺障害を与え他人に被害を与えること。
何人であっても、すべての象、ラクダ、ウマ、ラバ、水牛、野牛、雌牛、雄牛はその経済的価値にかかわらず、または経済価値が50ルピー以上のすべての動物を殺害、毒を与える、後遺障害を与える、または無用な死体の利用をした者は、5年間までの懲役刑か罰金、またはその両方が科されます。

事実インドは一部の州で狂犬病対策として、州政府自ら野犬を大量に殺害しています。
また狂犬病の脅威から、住民が私的に大量に殺害していますが、処罰される法的根拠がありません。
人口約350万人のケララ州では、2015年に狂犬病対策として、州政府が公的事業として4万頭を殺処分したとのイギリスのメディアの報道があります。
なおこの数字は州政府による事業のみの数字で、民間の犬殺害を含めれば、50万頭が殺害されたとの推計もあります。
https://www.ibtimes.co.uk/eyewitness-why-southern-indian-state-kerala-killing-thousands-stray-dogs-1512745

ケララ州政府による、野犬殺害の公的事業は、それが違法であるとの提訴が行われ、2015年に最高裁判所での判決が確定しました。
最高裁判所の判決は、「経済的価値がない犬(野犬)の殺害は刑法で処罰できない」とし、「ケララ州の大量野犬殺害を合法」としました。
https://www.quora.com/Is-it-legal-to-kill-a-street-dog-in-India
Supreme court has not banned killing of dogs altogether.
As the Supreme Court observed, “There can be no trace of doubt that there has to be compassion for dogs. and they should not be killed in an indiscriminate manner, but indubitably the lives of the human beings are to be saved, and one should not suffer due to dog bite because of administrative lapse.”
Killing a house pet can attract a jail term of up to five years.
But stray dog is not a pet dog, it is nuisance which pause threat to humans .
The Indian Penal Code does not specifically recognize offences against animals and crimes like killing or maiming, which are dealt under the category of offences against "property" of people and this excludes stray animals as they are not "assets".
最高裁判所は犬の殺害を完全に禁止していません。
最高裁判所が認めたとおり、「犬には同情が必要であることは間違いありません。 無差別に殺されるべきではありませんが、人の生命は救われるべきであり、行政上の過失のために犬の咬傷によって人が苦しんではなりません」。
家庭(人が飼育している)のペットを殺すことは、最高5年間の刑期をもたらす可能性があります。
しかし、野良犬(飼い主がいない、無主物)はペットの犬ではありません、人間に脅威を与える迷惑な存在です。
インドの刑法は、動物に対する犯罪を特に認めていません。
人の「財産(つまり飼育動物、経済的価値がある動物)」に対する、犯罪の範疇で扱われている殺害や傷害のような行為は犯罪ですが、野良(人に飼われていない、無主物。経済的価値がない)の動物は「財産」ではないので、(刑法上の処罰から)除外されています。

先の回答で引用されている外務省の資料、「インド人は宗教上の理由で殺生を好まないため,野犬がそのまま放置」は、インドの法令や最高裁の判決、メディアの報道を鑑みれば、正確とは言えません。
インドでは、ケララ州に限らず、野犬の私的な駆除は盛んにおこなわれています。
なおインドでは牛のと殺は厳しく禁じられていますが、ナーガランド州など複数の州では、安価な肉として犬肉が一般に食べられています。
もしあなたが、「動物愛護」を犬猫の愛護と理解されているのであれば、インドは「動物愛護の偉大な国」ではありません。
牛愛護の偉大な国ではあるでしょう。
日本で流布されている「インドは殺処分ゼロ」ですが、犬猫に関すれば真逆の大嘘です。
*敬称を略させていただきます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


ルリカさんちのアルフレッド君2歳
画像募集中!!(無料)
画像集

◆新型コロナ関係外部リンク

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2022年4月期)
  1. トップページ(35,843)
  2. 猫のカロリー計算(10,531)
  3. 犬のカロリー計算(7,545)
  4. 管理人の独り言(7,045)
  5. 動物よくある相談(5,959)
  6. 譲渡会情報(4,230)
  7. ペット動物獣医師セミナー(3,906)
  8. 迷子動物、保護動物掲示板(3,317)
  9. 広報板カフェ(1,387)
コンテンツ別アクセス数

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜7月10日:東京都台東区
★6月30日,7月12日:オンライン
★7月2日:オンライン
★7月9日:オンライン
★7月9日-31日:オンライン
★7月11日:オンライン
★7月11日-25日:オンライン
★7月13日:徳島県徳島市
★7月15日:大阪府大阪市
★7月16日-8月14日:東京都台東区
★7月16日-9月11日:東京都港区
★7月22日:オンライン
★7月22日-8月28日:長崎県佐世保市
★7月23日開講:オンライン
★7月23日-24日:山梨県南都留郡
★8月19日-9月11日:東京都台東区
★8月21日:京都府京都市
★9月10日:大阪府大阪市
★9月18日:東京都豊島区
★10月1日,2023年2月21日:オンライン
★2023年1月23日,3月9日:オンライン
★2023年3月30日-4月4日:東京都江東区
★2023年6月16日-18日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
HORIBA Medical for VET
小動物臨床レクチャーシリーズ
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
WAHA-World Animal Hospital Association(世界動物病院協会)
日本動物病院協会
★〜6月27日(各論),6月20日〜7月4日(総論):オンライン
★〜8月23日:オンライン
★〜8月31日:オンライン
★〜10月31日:オンライン
★〜10月31日:オンライン
★6月27日,7月25日:オンライン
★6月28日,7月26日:オンライン
★7月1日,15日:オンライン
★7月5日:オンライン
★7月5日:オンライン
★7月5日,7日,14日:オンライン
★7月5日開講:オンライン−
★7月6日,10月5日:オンライン
★7月7日:オンライン
★7月8日-8月14日:オンライン
★7月11日,8月29日,9月26日:オンライン
★7月12日開講,7月13日開講:オンライン
★7月20日:オンライン&東京都港区
★7月21日:オンライン&東京都港区
★7月22日,23日,24日(見逃し配信期間:8月8日まで):オンライン
★7月24日:オンライン−餌付けの美学2022
★7月28日,8月4日,8月18日:オンライン
★8月21日:京都府京都市
★8月28日(見逃し配信9月4日まで):オンライン
★11月11日-13日:福岡県福岡市
★11月11日-13日:福岡県福岡市
★11月19日,20日:大阪府大阪市
★12月7日,2023年2月1日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:兵庫県神戸市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★随時:宮城県仙台市
★〜7月10日:岐阜県各務原市
★6月29日,7月3日:香川県高松市
★6月29日,7月6日:大阪府大阪市
★6月29日:沖縄県南城市
★6月30日:千葉県松戸市
★7月2日:埼玉県川越市
★7月2日:大阪府大阪市
★7月2日:埼玉県草加市
★7月2日:愛知県名古屋市
★7月2日:山梨県笛吹市
★7月2日:東京都日野市
★7月2日:千葉県柏市
★7月2日:埼玉県春日部市
★7月2日,3日:北海道上富良野町
★7月2日,3日:岡山県瀬戸内市
★7月2日,3日:埼玉県戸田市
★7月3日:埼玉県川越市
★7月3日:栃木県那須塩原市
★7月3日:東京都足立区
★7月3日:宮崎県宮崎市
★7月3日:東京都青梅市
★7月3日:兵庫県尼崎市
★7月3日:東京都足立区
★7月3日:神奈川県川崎市
★7月3日:岡山県玉野市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:東京都府中市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:長野県上田市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:東京都町田市
★7月3日:茨城県つくば市
★7月3日:三重県亀山市
★7月3日:埼玉県北本市
★7月3日:滋賀県米原市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:三重県いなべ市
★7月3日:兵庫県神戸市
★7月3日:大阪府豊中市
★7月3日:茨城県牛久市
★7月3日:愛知県名古屋市
★7月3日:埼玉県さいたま市
★7月3日:兵庫県神戸市
★7月3日:大阪府大阪市
★7月3日:青森県八戸市
★7月3日:岡山県倉敷市
★7月3日:和歌山県和歌山市
★7月3日:千葉県千葉市
★7月3日:埼玉県所沢市
★7月3日:東京都杉並区
★7月3日:東京都中央区
★7月3日:岐阜県中津川市
★7月3日:愛知県名古屋市
★7月3日:兵庫県加古川市
★7月3日:大阪府高槻市
★7月3日:埼玉県蓮田市
★7月3日:新潟県新潟市
★7月3日:東京都葛飾区
★7月3日:愛知県名古屋市
★7月3日:茨城県かすみがうら市
★7月3日:東京都杉並区
★7月3日:石川県金沢市
★7月3日:香川県高松市
★7月3日:岡山県岡山市
★7月6日:大分県大分市
★7月9日:愛知県名古屋市
★7月9日:奈良県大和高田市
★7月9日:三重県鈴鹿市
★7月9日:京都府京都市
★7月9日:三重県津市
★7月9日:埼玉県幸手市
★7月9日:福井県福井市
★7月9日:秋田県横手市
★7月9日:東京都武蔵野市
★7月9日:北海道札幌市
★7月9日,10日:埼玉県さいたま市
★7月9日,10日:東京都江東区
★7月10日:大阪府堺市
★7月10日:神奈川県横浜市市
★7月10日:茨城県土浦市
★7月10日:大阪府大阪市
★7月10日:京都府京都市
★7月10日:大阪府大東市
★7月10日:大阪府河南町
★7月10日:東京都中野区
★7月10日:兵庫県神戸市
★7月10日:埼玉県三郷市
★7月10日:東京都港区
★7月10日:茨城県ひたちなか市
★7月10日:滋賀県野洲市
★7月10日:高知県高知市
★7月10日:東京都渋谷区
★7月10日:群馬県高崎市
★7月10日:東京都中央区
★7月10日:神奈川県横浜市
★7月10日:愛知県名古屋市
★7月10日:千葉県千葉市
★7月10日:東京都中野区
★7月10日:東京都町田市
★7月10日:東京都東村山市
★7月10日:三重県四日市市
★7月10日:福井県福井市
★7月10日:茨城県土浦市
★7月10日:岡山県岡山市
★7月10日:兵庫県明石市
★7月10日:大阪府大阪市
★7月16日:神奈川県茅ヶ崎市
★7月16日:愛知県日進市
★7月16日,17日:千葉県船橋市
★7月17日:兵庫県神戸市
★7月17日:滋賀県甲賀市
★7月17日:東京都港区
★7月17日:東京都町田市
★7月17日:大阪府堺市
★7月17日:大阪府大阪市
★7月17日:三重県三重郡
★7月17日:茨城県土浦市
★7月17日:埼玉県さいたま市
★7月17日:大阪府大阪市
★7月17日:岐阜県多治見市
★7月17日:愛知県名古屋市
★7月17日:大阪府大阪市
★7月17日:大阪府八尾市
★7月17日:東京都渋谷区
★7月18日:東京都文京区
★7月18日,23日:岐阜県岐阜市
★7月23日:大阪府泉北郡
★7月23日:大阪府高槻市
★7月23日:大阪府大東市
★7月24日:兵庫県神戸市
★7月24日:東京都町田市
★7月24日:新潟県長岡市
★7月24日:兵庫県加古川市
★7月24日:東京都調布市
★7月24日:大阪府堺市
★7月24日:東京都西東京市
★7月24日:滋賀県甲賀市
★7月24日:岐阜県土岐市
★7月24日:神奈川県横浜市
★7月24日:兵庫県神戸市
★7月31日:大阪府大阪市
★7月31日:東京都豊島区
★7月31日:東京都板橋区
★8月7日:大阪府大阪市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。