獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー呼吸がおかしい動物を病院に連れて行ったら診察中に死んだ。
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん呼吸がおかしい動物を病院に連れて行ったら診察中に死んだ。
文章−プロキオン(獣医師)
初出:2006/08/23
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


私も「動物病院で殺された」という言葉を目にするたびに不幸なことであり、悲しいことだと感じています。
当事者の中の片方の意見しか聞くことができませんので、できるだけ客観的にと心がけてレスを書くようにしていますが、それでも「獣医師同士がかばいあっている」というような受け取り方をされてしまうことは大変に残念なことです。
飼い主さんには、飼育している動物を守る責務があります。
ある日突然に何の理由もなく死が迎えに来るわけではありません。
必ずや、その原因が存在し、徴候があるわけです。
そのことを突き詰めようとすると、どうしても飼い主さん自身を責めるようになってしまいがちなのですが、決してそういう意図ではありません。
ひとえに「繰り返さないため」なのです。

獣医師は、動物と関わりあいたくて、皆、この仕事を志望してきています。
とりわけ、診療医の道を選択した者であれば、よりその気持ちは顕著と言えます。
重篤な状態の動物を前にして、「どれだけ手を抜けるか」とか、「さっさと片付けて飯にしようか」などとは決して考えないものです。
もっぱら、救命・延命に努力するものなのです。
それが力及ばず、救うことができなかった場合、その結果をもって「殺された」と表現されてしまうことは、はなはだ不本意なことと言えます。

私は、かつて娘(次女)の飼育していたハムスターに手術中に死なれたことがあります。
別にミスがあったわけでもないし、手術に踏み切る判断が遅かったわけでもありません。
でも結果は、術中死であり、とても悲しい想いをしました。
何故、こんな結果になったのかといろいろ考えました。そういう時にただの飼い主であれば、獣医師を恨めたのになとも思いました。
でも、飼い主が獣医師本人であれば、飼い主としての責任と獣医師としての責任の両方に向き合わざるをえません。
娘も私を責めませんでした。獣医師である父親が自分のハムスターを救おうと頑張っている場面を直接見ていたからです。
それでも、私はハムスターの診療は、もう辞めようと考え、加入していたMLでも、そう発言しました。
娘のハムスターも救えない者が他人のハムスターの診療など、おこがましいと考えたからです。
しかし、そこでは、逆に、ハムスターを診療してくれる獣医師を探して困っているのが現状なのだから、飼い主の気持ちを理解してくれる獣医師に診療を辞められては困るという意見が寄せられました。
悲しくても辛くても診療は続けて欲しい、それがハムスター飼育している者の願いだとも言われました。
実際問題として、私が辞めようと考えたその日のうちに、ハムスターを抱えた飼い主さんが来院されました。
私は、かなり迷い、ためらいましたが、結局、診察しました。
救いを求めている者を目の前にして、自分がつらいからという理由で何もしないことがはたして通用するのかということです。
死んでしまったハムスターが「道連れができた」と喜ぶとは思えなかったからです。
小学生だった長女が、後で見てねと手紙をくれました。手紙を開くと、そこには亡くなったハムスターが「ありがとう」と言ってお辞儀をしている絵が描いてありました。
( この絵は、今でも大切にしまってあります )

私は、多くの動物を死なせてきました。知識が足りなかったもの、技術がなくて手を出しかねたもの、勇気がなくて決断が遅れたもの、さまざまな理由からです。
そして、これらとは別にあまりにもろい命ゆえにというものもありました。

獣医師も結構動物を飼育していますから、当然、自らの動物の死を経験せざるをえません。
動物に死なれた飼い主さんの気持ちは理解できますし、経験もしています。
臨床医として、毎日診療に携わる獣医師であれば、患者の死を経験していない者はおりません。
誰しもが悲しい想い、辛い想いを経験しています。
動物の死をより多く経験しているのです。
死に至る動物は、1頭でも少ない方がよいのに決まっています。
それは獣医師自身が一番身にしみています。

昨今、動物病院とのトラブルということで、訴訟も見られるようになっています。
すべての動物病院が善良であって、問題とされるような病院は皆無とは申しません。
確かに耳に入ってくる中には、どうかと思う病院もあります。
しかし、最初から「動物病院だから怪しい」とか、「動物が相手だから、いいかげん」とかで疑ってかかるくらいであれば、動物病院へ行く必要はないでしょう。
患者に死なれたことでは、獣医師だって悲しいのです。
「病院に殺された」と評されることは、それに輪をかけることになります。
多くの場合が、獣医師と飼い主との事前のコミュニケーションが不足していてということのように想像しています。
動物は機械仕掛けで動いているわけではありません。
自ら生きています。
簡単なことであれば、自分自身に治癒する力もあります。
その力が及ばないことが起きているからこそ、「人間の助け」が必要なのです。
治療が早ければ、注射の1〜2本で改善することもありますが、いくら手を尽くしても及ばないこともあるのです。
すべての命を助けることができれば、何も問題とはなりません。
助けることのできない場合があるからこそ、できるだけ早く治療にとりかかる必要があるのです。
私の病院でも最近は、なにかとても動物の命を軽く見ている、扱っているという飼い主さんが見受けられるようになってきました。
なんか、ものすごく簡単に考えているようなのです。
診察室で行き違いが起きる場面というのには、そのような遠因もあるのではないかと考えたりしています。

名医というのは、なにかしら有名であることでもないし、特別な技術を宣伝するものでもないように思います。
何事も無く無事に過ごしていくことができるということの方がずっと望ましいことなのです。
そして、そのような地味な名医というのは、飼い主さんが育てていると言えるのではないでしょうか。
それを自覚している獣医師であれば、おごり高ぶるということもないはずです。
私は、動物病院は、病気になってからいく所ではなく、病気にならないためにこそ来て欲しいと願っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



からたちの木にいる揚羽の幼虫
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 5月は「フラットボード」です。
助手席が広くなってフセもラクラク♪
高齢犬もヨロけない!
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆獣医師広報板開設20周年記念東京新宿オフ
●日時:2017年7月29日(土) 19:00〜21:00
●会場:東京新宿界隈を予定しております。
●参加資格:何もありません。
 あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
 ご自身のペット写真などを持ってきて、ペット自慢をする人も少なくないです。
 *ペットの持参は、会場の都合上お断りします。
●申し込み:参加してみたい方は仮登録をメールでお願いします。
 E-mail:info@vets.ne.jp
 なお、参加登録は仮登録で、7月になれば確認のメールを当方から送ります。
 それに、返信していただいて当方が会場などの詳細を連絡し正式登録となります。
 仮登録は気軽に行ってください。

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(4月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(35,880)
  2. 飼い主募集セミナイベント(35,793)
  3. 動物よくある相談( 30,644)
  4. 犬のカロリー計算(15,438)
  5. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,560)
  6. 犬・猫と人間の年齢換算表(12,266)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(10,363)
  8. 猫のカロリー計算(9,799)
  9. 動物の愛護セミナイベント(3,014)
  10. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(2,276)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★栃木県那須郡
★〜6月6日:群馬県
★5月27日:東京都文京区
★5月27日:北海道千歳市
★5月28日:兵庫県神戸市
★6月3日・4日:北海道札幌市
★6月4日:東京都豊島区
★6月4日-10日:大阪府大阪市
★6月9日締め切り:環境省
★6月10日:東京都豊島区
★6月24日-25日:大阪府大阪市
★7月1日:東京開講,8月5日:大阪開講
★7月9日:東京都中野区
★7月19日-8月2日
★7月25日-26日,8月3日-4日,7月27日-28日,8月1日,8月2日:京都市左京区
★7月29日:東京都新宿区
★7月29日:大阪府大阪市
★8月17日:東京
★9月18日:東京都世田谷区
★10月7日・8日・9日:東京都新宿区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★5月27日:東京都港区
★5月27日:東京都渋谷区
★5月27日:愛知県名古屋市
★5月28日:東京都葛飾区
★5月28日:神奈川県川崎市
★5月28日:東京都世田谷区
★5月28日:大阪府堺市
★5月28日:東京都葛飾区
★5月28日:三重県三重郡
★5月28日:東京都清瀬市
★5月28日:神奈川県横浜市
★5月28日:東京都中野区
★5月28日:群馬県高崎市
★5月28日:神奈川県横浜市
★5月28日:愛知県名古屋市
★5月28日:東京都葛飾区
★5月28日:岡山県岡山市
★5月28日:山梨県笛吹市
★5月28日:東京都葛飾区
★5月28日:東京都板橋区
★5月28日:山梨県甲府市
★5月28日:栃木県那須塩原市
★5月31日:沖縄県南城市
★6月:東京都中央区
★6月3日:茨城県笠間市
★6月3日:茨城県つくば市
★6月3日:東京都江東区
★6月3日,4日:北海道上富良野町
★6月3日,4日:東京都世田谷区
★6月4日:神奈川県鎌倉市
★6月4日:東京都港区
★6月4日:兵庫県神戸市
★6月4日:東京都清瀬市
★6月4日:岡山県倉敷市
★6月4日,18日:茨城県土浦市
★6月10日:福岡県北九州市
★6月10日,14日,18日,25日:千葉県流山市
★6月11日:大阪府大阪市
★6月11日:東京都大田区
★6月11日:埼玉県新座市
★6月11日:東京都町田市
★6月11日:茨城県つくば市
★6月11日:千葉県船橋市
★6月11日:東京都目黒区
★6月11日:東京都渋谷区
★6月11日:東京都中央区
★6月17日:神奈川県茅ヶ崎市
★6月17日:大阪府高槻市
★6月17日:大阪府堺市
★6月17日:東京都渋谷区
★6月18日:東京都練馬区
★6月18日:三重県三重郡
★6月18日:東京都東村山市
★6月18日:大阪府大阪市
★6月18日:東京都江戸川区
★6月25日:東京都豊島区
★6月25日:神奈川県横浜市
★7月30日:東京都杉並区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。