獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー動物実験反対?
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん動物実験反対?
2016年1月16日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:221人,コメント:18件,シェア:6件(クリック)
醤油や豆乳のためじゃないです。
それを食する私達のためです。
キッコーマン:醤油や豆乳のために動物を犠牲にしないで!
食の安心安全を確保するのは重要な仕事で、獣医師が関わっている場合もあります。 これからも、なくなることはないと私は考えています。

元発言(facebook) いいね:142人,コメント:6件,シェア:1件(クリック)
昨日、食料品の安全確保のための動物実験について話題にしたところ、多くのコメントやいいねを頂戴しました。
いつもありがとうございます。
感じたことは、価値観の違いでした。
それぞれの人にそれぞれの価値観がある。
そして大事にしているものが違う。
私にとってこの世で一番大事な物は家族です。
奥さんや子ども達に安心安全な暮らしを過ごしてもらいたい。
その為には私自身頑張って働きますし、少々値が張っても安全を確保された商品を手に入れる。
大手食品メーカーが食品の安全性を動物実験で確保しているとすれば、私はそのメーカーを評価し、そのメーカーの商品を家族に食べさせますし、化粧品も安心安全な商品を利用させます。
実際、カネボーの美白化粧品では深刻な皮膚障害がありましたし、お茶のしずく石けんでは、小麦に対するアナフィラキシーショックを起こしている人もいる。
テレビでがんがん宣伝している商品が安心安全な商品ではなかったのです。
私は愛する家族のために十分な安全性の確保を各メーカーに求めます。
その為に必要な実験を行って欲しい。
それが動物を利用するかどうかなどは、愛する家族の安心安全にとってささいなことだと私は判断します。
私にとって大事なことは家族の安心安全ですから。

元発言(facebook) いいね:196人,コメント:12件,シェア:4件(クリック)
動物実験第三話です。
コメントを読んでいると、動物実験が狭い分野で行われている特殊な検査と考えられている方が少なくないと感じました。
薬品・食料品・化粧品の毒性試験にイメージが限定されている。
実は身近で毎日の生活に欠かせない物も動物によって安心安全を確保されている実例を紹介します。
それは水道水です。
水道水は川などの自然水を取り込み、浄水し、殺菌して水道水として送り出されています。
取水口や浄水場で適時サンプリング検査を受けていますが、例えばテロリストが毒物を川に流し、それを浄水場が取り込んでしまった場合、検査が間に合いません。
極端な場合、水道水を飲んだ人に異常が出て初めて毒物混入が分かります。
そこで取り入れられている方法が金魚や鯉など淡水魚を使った試験です。
トピック第16回 魚による水質監視!?
浄水場で完成した水をお魚のいる水槽に流す。
水が飲用に適している場合、魚に異常はありません。
でも、毒物が混入していると魚は下流に逃げたり、極端な場合死にます。
この魚の動きをセンサーで感知して、異常があればすぐさま水道を止めるわけです。
つまり、水道の安心安全は、金魚による動物実験によって保たれているわけです。
動物による社会の安心安全を守る取り組みは、実に身近で特別なことではないのです。

元発言(facebook) いいね:138人,コメント:6件,シェア:3件(クリック)
動物実験第四話です。
第一話はある動物実験反対団体が企業名を明記して食品の安全性試験を糾弾しました。
その是非から話を展開しています。
そして第三話で毎日使っている水道水も金魚の命を使った安全性試験で社会の安心安全を守っているお話をさせていただきました。
で、最初の話に戻させていただきます。
食品の安全性の確保は特別ではないのに、なぜ特定企業名を挙げて攻撃するのか。
それが社会的平等や社会正義に本当に基づく行動なのか。
私は、そうは感じない。
むしろ、うさんくささを感じる。
よく政治団体の街宣車が社会正義をうたって特定企業を攻撃する。
大抵裏にお金の要求が絡んでいる。
みんなそれを知っているが、社会正義を標榜している限り取り締まれない。
今回の動物愛護団体による企業名を明記しての糾弾は社会的平等や正義なのか。
であるのなら、第三話で紹介した水道局も平等に扱うべきであろう。
そうではなく、特定の企業である。
社会的平等や正義に則っとらず、企業名を挙げて攻撃していいのか。
動物愛護を標榜すれば、何をしてもいいわけではない。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


ドゥドゥです
ベッドの上を散歩中
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★4月15日-30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。