獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー不幸な動物を減らすには
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん不幸な動物を減らすには
2018年12月8日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:160人,コメント:20件,シェア:15件(クリック)
昨日紹介した動物ネットニュースの中に、大型シェルターの問題を扱ったニュースが2つあった。
行政と引き受け動物愛護団体の関係であるが、大きく分けて2タイプある。
一つは、動物愛護団体はボランティア団体であるから、行政は引き渡しっぱなしで、医療費を初め飼育費を一切負担しない方式。
神奈川県の動物愛護団体からは、負担に対して悲鳴を聞くことがある。
この方法は、当然長続きはしないのでは無いかと思うし、破綻の際は多くの動物が路頭に迷うと考えている。
もう一つは、行政が引き渡しについてふるさと納税など金銭を付けているケース。
ただし、全頭引き受けである。
引き受けた団体は動物が増える一方で、それに伴うトラブルがマスコミ報道されることがある。
ここが破綻した際も、多くの動物が路頭に迷うことが想像されている。
この2ケース以外に方式があるのかもしれないが、目立つのはこのケースだろう。
どちらも危うい状態に立っている。
これが殺処分0なのかもしれないが、私には双方ともうまくいっているようには思えない。
批判は簡単であるが、解決法は難しい。
私は以下のような考えを持っている。
殺処分ゼロではなく、不幸な動物を減らすという考えである。
その為には、譲渡を増やさなければならない。
譲渡を増やすには、譲渡を受けて良かった、幸せになったという人を増やさなければならない。
譲渡を受けた動物が、多額の治療費用が必要な老齢動物であったなどと言うことが普通にあるようなら、譲渡が増えるとは思えない。
譲渡を増やすためには、行政は譲渡に不向きな動物は引き渡さないことだと思う。
健康で、フレンドリーな動物だけ団体個人に引き渡す。
そうすれば、社会は譲渡を受けることが普通になるだろう。
鬼は行政が引き受け、仏は民間が引き受ける。
もちろんマスコミは、殺処分数をワーストなどといわない。
このままでは、行政は任務放棄、民間は地獄。
そんな絵柄が私には見えている。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ドイツのように、民間団体でも普通に殺処分(安楽死)するべきです。ティアハイムの上部団体である、ドイツ動物保護連盟は「ティアハイム運営指針」で、一定の場合は収容動物を殺処分しなければならないとしています。日本の保護団体自ら殺処分するのであれば、協力する獣医師が必要。と言うより公の施設で殺処分制度があるのだから、譲渡に不向きな個体は公的施設であらかじめ殺処分するのが現実的でしょう。なお、ドイツのティアハイムの犬の平均殺処分率は、日本の公的殺処分より高いです。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://www.bremer-tierschutzverein.de/fileadmin/user_upload/checklisten/Tierheimordnung_DTSchB.pdf

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 ドイツ動物保護連盟による「ティハイム運営指針」(Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien f?r die F?hrung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.) VII. Einschl?fern von Tieren
1. Grundsatz
a) Grunds?tzlich darf im Tierheim kein Tier eingeschl?fert werden.
b) Die Einschl?ferung (Euthanasie) unheilbar kranker Tiere, die nur unter Schmerzen, Leiden oder
Sch?den weiterleben k?nnten, ist ein selbstverst?ndliches Gebot des Tierschutzes.
Die schmerzlose Einschl?ferung ist nur vom Tierarzt zu entscheiden und durchzuf?hren.
2. Ausnahmen
In folgenden Ausnahmef?llen ist, nach Aussch?pfung aller anderen M?glichkeiten, in ?bereinstimmung mit
den Bestimmungen des Tierschutzgesetzes die Einschl?ferung unumg?nglich:
a) Bei Tieren, die starke, nicht behebbare, konstante Verhaltensst?rungen zeigen, und deren Weiterleben mit schweren Leiden verbunden w?re, oder
b) bei Tieren, die infolge abnormer und nicht behebbarer Verhaltensst?rungen eine akute Gefahr f?r sich oder ihre Umwelt darstellen.
動物の安楽死
第一原理
a)基本的には、ティアハイムでは動物を安楽死をさせないこと。
b)苦痛や症状が継続する可能性がある、苦しんでいるだけの終末期の動物の安楽死は、動物福祉上必要なのは明らかです。
苦痛回避の安楽死は、獣医師のみにより決定され実行されます。
2.例外
次のような例外的なケースでは、他のすべての可能性を実行したのちであれば、動物保護法の規定により安楽死は不可避です。
a)重度の回復不能な、一定の行動障害を示す動物において、それがその動物にとって生きる上で深刻な苦しみをもたらすと思われる動物において、または、
b)異常かつ回復不能な行動障害の結果として、その動物自身、またはその環境にたいして緊急な危険ををもたらす動物。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://elib.tiho-hannover.de/dissertations/mischkekoningu_ws14

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 https://elib.tiho-hannover.de/dissertations/mischkekoningu_ws14
Preview 5.3.2. Euthanasie 95ページ の記述をご覧ください。
ハノーファー大学による、ドイツのティアハイムの学術調査Tier?rztliche Hochschule Hannover Bedeutung der Pflege- und Haltungsbedingungen f?r Gesundheit und Wohlbefinden von Hunden als Fund- und Abgabetierein Tierheimen des Landes Nordrhein-Westfalen 2014年 Die vom DEUTSCHEN TIERSCHUTZBUND E. V. (1995) erstellte Tierheimordnung hat klare Kriterien f?r das T?ten von Tieren in Tierheimen festgelegt. dies ist nur in Ausnah- mef?llen zul?ssig.
Wie im Falle einer massiven ?berbelegung,verur- sacht durch Langzeitinsassen, verfahren werden soll.
RUPPERT stellte , dass 26,20% aller aufgenommenen Tiere in Tierheimen euthanasiert wurden.
In 32% dieser F?lle er-folgte die Euthanasie auf Grund unheilbarer Krankheiten, in 68% lag ?ein anderer vern?nftiger Grund“ wie Bissigkeit, hohes Alter, ?ngstlichkeit, langer Aufenthalt oder Platzmangel vor .
ドイツ動物保護連盟E. V.によるティアハイム規則(1995年)は、ティアハイムにおける動物の殺処分のための明確な基準を定めています。
殺処分は、例外的な場合にのみ許可されています。
しかし著しい過剰収容の場合と同様に、動物の長期の収容によってもその基準は徐々に緩和されます。
ルパートは、記録されたすべての動物(犬)のうち、26.20%がティアハイム内で安楽死させられたことを発見しました。
これらの例の32%では、難病が原因で安楽死に処せられました。
別の安楽死の原因の68%は、非人道的な「別の合理的な原因」であり、犬が高齢であること、行動上の問題に不安があること(攻撃性か)、長期の収容期間や収容スペースの不足などが続きます。

●一部コメント:Megumi Takedaさん
 環境省 犬猫殺処分統計 犬の殺処分率は22%程度
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


病気を抱えているけど、
ガンバローね!
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆新型コロナ関係外部リンク

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2022年12月期)
  1. トップページ(23,394)
  2. 管理人の独り言(10,778)
  3. 猫のカロリー計算(9,846)
  4. 動物よくある相談(6,352)
  5. 犬のカロリー計算(6,148)
  6. 譲渡会情報(3,997)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(2,920)
  8. 広報板カフェ(1,436)
  9. ペット動物獣医師セミナー(1,431)
コンテンツ別アクセス数

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜1月30日:オンライン
★〜2月5日:福岡県福岡市
★〜2月26日:東京都台東区
★〜3月30日:東京都港区
★〜4月20日
★2月10日:オンライン
★2月10日,11日:神奈川県横浜市
★2月17日:オンライン
★2月18日-3月5日:愛知県名古屋市
★2月21日:オンライン
★2月22日:長野県小諸市
★2月22日締め切り,3月26日開催:札幌,東京,名古屋,大阪,福岡,オンライン
★2月26日:兵庫県神戸市
★3月9日:オンライン
★3月12日:東京都豊島区
★3月30日-4月4日:東京都江東区
★4月23日:栃木県那須郡
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★6月16日-18日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
HORIBA Medical for VET
日本臨床獣医学フォーラム
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
WAHA-World Animal Hospital Association(世界動物病院協会)
日本動物病院協会
asck
動物の医療と健康を考える情報サイト
日本獣医輸血研究会
鳥類臨床研究会
日本獣医麻酔外科学会
VETS TECH
★1月30日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月1日:オンライン
★2月8日:オンライン
★2月17日,3月17日:オンライン
★2月17日-3月21日:オンライン,2月26日:東京都千代田区
★2月22日:オンライン
★2月23日:大阪府大阪市
★2月24日開講:オンライン
★2月26日:東京都町田市,3月2日:東京都港区
★3月1日-3日:東京,3月5日-7日:大阪
★3月22日:オンライン
★2月22日:オンライン
★3月28日:オンライン
★4月6日,12日開講:オンライン
★4月6日,12日:オンライン
★7月5日:オンライン

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★毎月第2・第4水曜日土曜日,毎日曜日:東京都北区
★〜1月31日:岡山県岡山市
★2月1日,5日:香川県高松市
★2月1日,8日:大阪府大阪市
★2月1日,15日,18日,25日:大分県大分市
★2月2日:千葉県松戸市
★2月3日:宮城県仙台市
★2月4日:大阪府大阪市
★2月4日:千葉県船橋市
★2月4日:茨城県牛久市
★2月4日:埼玉県草加市
★2月4日:東京都渋谷区
★2月4日:神奈川県横浜市
★2月4日:愛知県高浜市
★2月4日:東京都日野市
★2月4日:山梨県笛吹市
★2月4日:千葉県柏市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日:愛知県瀬戸市
★2月4日:三重県鈴鹿市
★2月4日:埼玉県川越市
★2月4日:千葉県市原市
★2月4日:兵庫県明石市
★2月4日:兵庫県神戸市
★2月4日,5日:岡山県瀬戸内市
★2月4日,5日:北海道上富良野町
★2月4日,5日:愛知県名古屋市
★2月4日,5日:東京都渋谷区
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:東京都町田市
★2月5日:三重県亀山市
★2月5日:埼玉県北本市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:愛知県長久手市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:大阪府吹田市
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:香川県高松市
★2月5日:埼玉県さいたま市
★2月5日:東京都港区
★2月5日:神奈川県横浜市市
★2月5日:青森県八戸市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:茨城県つくば市
★2月5日:滋賀県近江八幡市
★2月5日:新潟県新潟市
★2月5日:愛知県名古屋市
★2月5日:東京都豊島区
★2月5日:兵庫県神戸市
★2月5日:京都府京都市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日:滋賀県甲賀市
★2月5日:滋賀県大津市
★2月5日:岡山県倉敷市
★2月5日:愛知県みよし市
★2月5日:大阪府泉南市
★2月5日:愛知県小牧市
★2月5日:東京都葛飾区
★2月5日:東京都杉並区
★2月5日 :埼玉県所沢市
★2月5日:埼玉県川越市
★2月5日:栃木県那須塩原市
★2月5日:宮崎県宮崎市
★2月5日:東京都青梅市
★2月5日:兵庫県尼崎市
★2月5日:東京都足立区
★2月5日:東京都荒川区
★2月5日:神奈川県川崎市
★2月5日:岡山県玉野市
★2月5日:東京都台東区
★2月5日:岡山県岡山市
★2月5日:大阪府大阪市
★2月5日:千葉県千葉市
★2月5日:東京都三鷹市
★2月5日:東京都世田谷区
★2月5日:東京都中央区
★2月5日:愛知県安城市
★2月5日:長野県上田市
★2月5日:大阪府豊中市
★2月5日:兵庫県加古川市
★2月5日:神奈川県横浜市
★2月8日:大阪府大阪市
★2月8日:大阪府泉大津市
★2月11日:愛知県名古屋市
★2月11日:奈良県大和高田市
★2月11日:大阪府枚方市
★2月11日:岩手県一関市
★2月11日:兵庫県姫路市
★2月11日:兵庫県神戸市
★2月11日:山口県山口市
★2月11日:埼玉県幸手市
★2月11日:埼玉県さいたま市
★2月11日:福岡県北九州市
★2月11日:東京都練馬区
★2月12日:兵庫県尼崎市
★2月12日:岡山県岡山市
★2月12日:大阪府河南町
★2月12日:大阪府大東市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:埼玉県三郷市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:茨城県土浦市
★2月12日:大阪府八尾市
★2月12日:高知県高知市
★2月12日:千葉県市原市
★2月12日:東京都台東区
★2月12日:高知県須崎市
★2月12日:京都府京都市
★2月12日:茨城県ひたちなか市
★2月12日:東京都板橋区
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:東京都新宿区
★2月12日:福井県福井市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:東京都町田市
★2月12日:埼玉県蓮田市
★2月12日:千葉県千葉市
★2月12日:東京都中野区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:兵庫県神戸市
★2月12日:愛知県豊川市
★2月12日:兵庫県西宮市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都練馬区
★2月12日:東京都武蔵野市
★2月12日:三重県桑名市
★2月12日:大阪府大阪市
★2月12日:東京都渋谷区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:東京都中央区
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:愛知県名古屋市
★2月12日:埼玉県さいたま市
★2月12日:愛知県刈谷市
★2月12日:岐阜県中津川市
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:神奈川県横浜市
★2月12日:東京都文京区
★2月12日:千葉県柏市
★2月12日:東京都世田谷区
★2月12日:三重県四日市市
★2月12日:大阪府堺市
★2月12日:広島県呉市
★2月12日:奈良県大和高田市
★2月13日-27日:オンライン
★2月16日:埼玉県さいたま市
★2月18日:神奈川県鎌倉市
★2月18日:大阪府大阪市
★2月18日:神奈川県茅ヶ崎市
★2月18日:大阪府堺市
★2月18日:神奈川県相模原市
★2月18日:茨城県つくば市
★2月18日:愛知県春日井市
★2月18日:千葉県千葉市
★2月18日:愛知県日進市
★2月18日:長野県長野市
★2月18日,19日:千葉県船橋市
★2月19日:東京都中央区
★2月19日:愛知県碧南市
★2月19日:福井県福井市
★2月19日:大阪府堺市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:三重県三重郡
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:東京都町田市
★2月19日:東京都足立区
★2月19日:大阪府吹田市
★2月19日:茨城県土浦市
★2月19日:大阪府大阪市
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:和歌山県和歌山市
★2月19日:東京都江戸川区
★2月19日:奈良県奈良市
★2月19日:愛知県名古屋市
★2月19日:東京都江東区
★2月19日:埼玉県さいたま市
★2月19日:千葉県我孫子市
★2月19日:秋田県秋田市
★2月19日:茨城県水戸市
★2月19日:三重県津市
★2月19日:岡山県津山市
★2月19日:岐阜県多治見市
★2月19日:千葉県千葉市
★2月19日:兵庫県神戸市
★2月22日:栃木県宇都宮市
★2月25日:大阪府泉北郡
★2月25日:大阪府高槻市
★2月25日:埼玉県八潮市
★2月25日:大阪府大東市
★2月25日:岐阜県岐阜市
★2月26日:高知県四万十市
★2月26日:奈良県奈良市
★2月26日:千葉県東金市
★2月26日:東京都町田市
★2月26日:東京都西東京市
★2月26日:兵庫県加古川市
★2月26日:東京都調布市
★2月26日:茨城県土浦市
★2月26日:滋賀県大津市
★2月26日:茨城県牛久市
★2月26日:千葉県千葉市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:茨城県守谷市
★2月26日:大阪府堺市
★2月26日:兵庫県尼崎市
★2月26日:茨城県ひたちなか市
★2月26日:宮崎県都城市
★2月26日:神奈川県小田原市
★2月26日:神奈川県三浦市
★2月26日:大阪府寝屋川市
★2月26日:埼玉県さいたま市
★2月26日:岐阜県土岐市
★2月26日:神奈川県横浜市
★2月26日:大阪府高槻市
★2月26日:広島県福山市
★3月5日:京都府京都市
★3月12日:岡山県総社市
★3月12日:和歌山県海草郡
★3月18日:埼玉県熊谷市
★3月19日:大阪府泉南郡
★3月19日:兵庫県神戸市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。