獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニューそれなら繁殖業の規格を動物愛護団体が作ったら
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんそれなら繁殖業の規格を動物愛護団体が作ったら
2023年9月30日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:64人,コメント:12件,シェア:1件(クリック)
今夜このようなニュースがあった。
ーーーーーーーーーー
法律が強化されてもなくならない繁殖業者の虐待事案 改めてペットの流通問題を考える
ーーーーーーーーーー
日本は法治国家で殺人の最高刑は死刑である。
では、殺人はなくなったのか。
最高刑が死刑なのになくなっていない。
ペット産業に重罰を適応してよくなるのか。
私は殺人と同じようにペット産業の行儀はよくならないと考えている。
ではどうしたらいいか。
叱ってもだめなら褒めるのですよ。
私がマスコミウケする動物愛護団体を運営しているとします。
例えば名前はOBAとします。
OBAで繁殖サイクルや方法、ケージの規格や運動方法など繁殖犬の福祉の規格を作ります。
その規格は親犬から離す時期やワクチネーションなども企画します。
その子犬はOBA子犬として販売・よい家庭に届けられます。
いや、そんな力は一動物愛護団体にはないと言われそうだが、その企画に沿った業者を認定することは出来る。
ペット産業にしても、動物愛護には興味はなくてもお金儲けには興味がある。
是非、OBA規格の流通をやりたいという業者は出てくるのではないか。
もちろん、協定業者からは数パーセントの認定料プラス二万円を頂戴する。
このプラス二万円は生後6ヶ月から一年以内に避妊去勢を受けた飼い主にOBAからキャッシュバックする。
このようにすればペット流通業者はwin、OBAも運営費が入ってwin、飼い主さんも良好な子犬を入手出来、避妊去勢料金まで助成されてwin。
夢のような話ですが、動物福祉で儲けになるならやる業者はいると考えています。

元発言(facebook) いいね:93人,コメント:9件,シェア:7件(クリック)
昨日、犬猫の繁殖業者を重罰化で健全化するのではなく、指導することで健全化を目指したらどうだと書きました。
その続話です。
アニマルウエルフェアは社会の流れで、例えば鶏卵は平飼いが推奨されています。
で、そのような動物福祉にそった鶏卵はコスト高になるのだから、そのような鶏卵であることを訴えて高めに価格が設定されている。
私はそのような鶏卵を選ぶ消費者がいれば、アニマルウエルフェアにそった養鶏はなり立つと思っている。
犬猫の繁殖もアニマルウエルフェアにそった飼育法で生まれた子犬は高めでもいいのでは無いか。
問題は何がアニマルウエルフェアにそった飼育法か、そして、その規格が繁殖業者には不明なこと。
重罰化ではなく、こういう風にして欲しいと規格を生産者も交えて作ったらどうだろう。
そして、そのような企画に沿った子犬には評価を付ける。
社会に認知されたら極端な話高い目の価格でも、アニマルウエルフェアにそった飼育法の子犬は売れるのではないか。
昨夜の話はそういう意図で書きました。
現在、動物愛護団体の一部からは感情的な声は聞こえます。
しかし、建設的な意見は聞こえない。
同じテーブルにつき、話し合って、アニマルウエルフェアにそった飼育法の規格を作ったらどうだろう。
繁殖業者も目標がなければ困ります。

元発言(facebook) いいね:96人,コメント:19件,シェア:2件(クリック)
犬猫の繁殖業者を重罰化で健全化するのではなく、指導することで健全化を目指すの続話です。
確かに、アニマルウエルフェアは繁殖業者と愛護団体が話し合って規格を作るのが一番だと思うけど、もし獣医師団体が加われば方針は変わる。
私も獣医師だが、私の希望はブルセラの検査を繁殖犬に毎年実施して欲しい。
あと、犬種別遺伝疾患チェック済みの犬のみ繁殖に用いる。
こうすれば、健康で安心安全な家庭犬が提供されるわけで、付加価値が上がる。
アニマルウエルフェアも遺伝病対策もお金がかかる。
それを欲しがる人に提供するのはいいことではないかな。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


三階立てです(sutemaru)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年4月のBest
  1. 大阪万博ペット同伴絶対反対(107)
  2. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(79)
  3. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(59)
  4. 動物愛護法が厳しくなれば悪い奴らが益々はびこる(53)
  5. 愛護芸人の言う海外とはどこのことだろ(51)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年4月期)
  1. 猫のカロリー計算(4,544)
  2. 犬のカロリー計算(3,890)
  3. 動物よくある相談(3,603)
  4. 管理人の独り言(3,600)
  5. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(3,045)
  6. 迷子動物、保護動物掲示板(1,838)
  7. 広報板カフェ(1,687)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜5月27日:オンライン
★〜6月2日:東京都台東区
★5月22日:インターネット
★5月25日-26日:神奈川県藤沢市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★5月31日:インターネット
★6月1日:和歌山県日高郡
★6月1日-2日:大阪府大阪市
★6月2日:東京都豊島区
★6月8日:オンライン
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月10日-24日:オンライン
★6月15日:栃木県日光市
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月30日:兵庫県神戸市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。