獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー次の動物愛護法改正は小動物臨床獣医師業界も議論に加わるべき
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん次の動物愛護法改正は小動物臨床獣医師業界も議論に加わるべき
2024年3月7日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:63人,コメント:7件,シェア:1件(クリック)
かつて、私が属している小動物臨床獣医師の世界では2020年問題というのがあった。
2020年頃に多くの犬猫が寿命を迎え、小動物臨床獣医師は大きな影響を受けると言われていた。
しかし、2020年に新型コロナが流行し、外出が控えられ、楽しみは内向きになった。
ペットを迎える家庭が増えたと言われている。
実はその年、私は開業以来の営業成績となった。
そのようにペットは社会情勢に影響される。
今、一部の愛護家は次の動物愛護法改正に向けて気炎を上げている。
私には、小動物臨床獣医師業界はそのことに対して無視しているように思える。
でも、前の改正はどうだったんだろう。
マイクロチップの義務化といっても、ブリーダーだけ。
結果、何の効果もなし。
ブリーダーのケージサイズ規制&年齢、繁殖回数制限。
結果、10万頭の繁殖犬が行き場を失っているという報道がある。
また、河原に純粋犬種が多数放棄された報道もある。
次の愛護法改正では益々ペットショップ憎し、ブリーダー憎しの改正が起こりえる。
ペットショップの生体流通がなくなり、ブリーダーも採算が合わなくなるなんて事になりかねない。
そのようになれば、その影響は小動物臨床獣医師業界にとっては2020年問題どころではない。
小動物臨床獣医師業界は次の動物愛護法改正を真面目に考えた方がいいと思う。

元発言(facebook) いいね:14人,コメント:2件,シェア:1件(クリック)
次の動物愛護法改正に向けて一部の愛護が気炎を上げている件の続話である。
以下のようなニュースがあった。
ーーーーーーーーーーー
ペット出生日の偽装、横行か=初の立ち入り調査で判明―環境省
ーーーーーーーーーーー
このニュースを一部の愛護は法律を守らない、もっと厳しく対応するべきだととらえる。
でもね、法律を厳しくすればするほど法律を守らなくなり、ペットの生体流痛業者は闇に流れる。
なぜならば、ポメラニアンやマルチーズ、チワワ、ミニダックスの子犬を欲しがる人は法律なんて関係なく欲しがる。
これを需要という。
この需要を禁止することは出来ない。
供給だけに法律を厳しくしても、子犬を欲しい人がいる限り、法律外の取引が増える。
この理屈が分からない人が一部の愛護には多いように思う。
問題の根源は欲しがる人なのですよ。
実際、希少動物など空港の旅行鞄から救い出されるが、欲しがる人がいるから、ビジネスになるのである。
需要を抑制するのは難しい。
昔、アメリカで酒供給を禁止した。
でも消費者の需要は同じ。
結局、供給は非合法のマフィアがになった。
子犬の流通を厳しくすればするほど法律を守る業者は採算が合わず撤退するだろう。
でも、需要は同じだから、供給は闇社会がやるようになる。
結局、アニマルウエルフェアは今より悪くなる。

元発言(facebook) いいね:0人,コメント:0件,シェア:0件(クリック)
ペット産業の市場規模をググってみた。
ーーーーーーーーーーーー
市場の規模 株式会社矢野経済研究所の調査によると、2018年度のペット業界の市場規模は1兆5,442億円であり、毎年1%のスピードで緩やかに成長している。 さらに同社は、2019年度のペット業界の市場規模の見込みが1兆5,700億円であり、2020年度には1兆5,978億円と予測している。
ーーーーーーーーーーーー
一兆円を超えたら一人前の産業と言われると聞いたことがある。
ペット産業の中にはペットフード業界や我々のようにペットの診療を行う動物病院業界もあるが、子犬を供給して、欲しがる人に流通させる部門はペット産業の一丁目一番地である。
私はそれが危なくなっていると考えている。
それは、単なる危惧ではなく、実は現実味を帯びてきているように思う。
それに対して、一兆円産業に属している人の危機感は薄い。
気がついたら仕事がなくなっていた、昔はよかったねになりかねないと心配している。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


ジャガー
断じて巨大な黒猫ではない
野毛山動物園
saito
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★〜4月30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。