獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー保護動物の譲渡に避妊・去勢は必ず必要か
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん保護動物の譲渡に避妊・去勢は必ず必要か
2017年5月29日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:181人,コメント:86件,シェア:7件(2022/11/25現在)
先日、週刊雑誌にある動物愛護団体の活動に批判的な記事が出ました。
私は、ふるさと納税自体の異常性を訴え、ふるさと納税の撤廃ないしは改善を呼び掛ける書き込みをしましたが、記事の中の「避妊手術の是非」について書かせていただきます。
ずいぶん、避妊手術せずに譲渡していることを絶対悪のように書かれていましたが、だとすれば行政の譲渡は許されざるものですね。
避妊手術してから渡していません。
また、そのことを非難している動物愛護団体も避妊手術をせずに譲渡したことが無いですか。
私も、動物愛護団体から成猫の譲渡を受けたことがあるが、睾丸が付いていた。
去勢手術をしてから居間に移動させたが、手術前は入院室であった。
そんな感じで、動物愛護はやってきたわけで、何か今になって避妊手術をせずに譲渡することが絶対悪のように言われるのは違和感がある。
印象操作だと考えています。

●一部コメント:
 Megumi Takedaさん:Miho Saitoh のコメントに対して、一部注釈させていただきます。日本では誤解されていますが、ドイツでは犬猫の去勢はそれほど熱心ではありません。しかし近年(2013年に連邦動物保護法で猫の繁殖制限が盛り込まれた)こともあり、猫では、去勢は重要視されています。ティアハイムでは譲渡する猫では全て去勢してから譲渡する方針のところが多いと思います。例えばリンクのティアハイムのHP(2015年の記述)から。W?hrend bei Katzen die Kastration beider Geschlechter ein absolutes ?Mu?“ ist, sieht die Situation bei Hunden vollkommen anders aus.オスメスとも去勢手術は猫では絶対に「必須」ですが、犬の状況は全く違って見えます。 つまり犬と猫では、ドイツのティアハイムではかなり考え方に違いがあるということです。しかし犬においても、必ずしも去勢しないで譲渡しているわけではありません。私の記憶では、6割が去勢されているという統計があったはずです。私見ですが、私は保護犬猫を譲渡する場合は、日本では去勢済みであることが望ましいと思います。なぜならば、日本は諸外国と異なり、一度望まない繁殖が起きれば、生まれた犬猫の殺処分のハードルが極めて高いからです。だからこそ、事前に繁殖制限することが、日本ではより重要です。ドイツのように、不要犬猫などを年間50万頭も捨てて、50万頭近くを民間人ハンターが射殺して、警察官も職務で射殺するなんてことは日本ではできないでしょう。全ドイツのティアハイムでの犬の平均殺処分率は東京都の2倍以上ですし
https://www.tierheim-vielau.de/?page_id=1037

●一部コメント:
 Megumi Takedaさん:現在アメリカでは、むしろ早期の去勢手術を推奨しています。For decades, veterinarians have been taught to wait until a dog or cat is 6 months of age before performing ovariohysterectomy or castration. Today, many shelters and high-volume shelter clinics perform sterilization sur- geries in puppies and kittens as early as 6 to 8 weeks of age. 数十年来獣医師は、犬または猫が6カ月齢に達するまで卵巣摘出術または去勢を行うまで待つように教えられてきました。今日では、多くのアニマルシェルターや大規模アニマルシェルターの獣医クリニックでは、早い時期の6?8週齢の子犬や子猫で不妊去勢術を行っています(2017年)。
https://www.petmd.com/dog/care/evr_determining_best_age_to_spay_or_neuter

●一部コメント:
 Megumi Takedaさん:個人的には、6週齢とは随分早いとは思いますが。しかし最初の発情が来るまでに不妊去勢は済ませておいたほうが良い言うのは通説だと思います。なぜならば、一度でも発情を経験すれば、不妊去勢しても発情行動が起きることが多いからです。発情が最初に来るのは猫で生後半年前後、犬はもう少し遅いといった感じでしょうか。不妊去勢が遅れるという点でも、私は元野良猫の一般譲渡は難しいと思う理由の一つです。成猫で何度も発情を経験していると、不妊去勢しても発情行動が残る場合が多いからです。たとばオス猫のスプレーやオスメスとも発情期特有の鳴き声などです。それは多くのケースで見ています。

●一部コメント:
 Megumi Takedaさん:ついでに、不妊去勢手術に適した週齡に関する、ヨーロッパの文献も調べてみました。Als Fr?hkastration wird die Kastration einer Katze oder eines Katers bezeichnet, die zwischen der 6 und 14. Lebenswoche stattfindet. 早期の去勢として、オス猫もしくはメス猫の去勢手術が求められ、6週から14週の間で行われます。(ドイツ)。2015年1月22日。
https://www.katzen-fieber.de/kastration.php

●一部コメント:
 Megumi Takedaさん:そうそう、理想は立派なシェルターがたくさんあることではなく、保護すべき犬猫がいないことです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


しろクン!ボクは人間の
ゆきちゃんに恋して
るんだ(照)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆新型コロナ関係外部リンク

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2022年10月期)
  1. トップページ(27,249)
  2. 猫のカロリー計算(12,964)
  3. 管理人の独り言(9,540)
  4. 犬のカロリー計算(7,324)
  5. 動物よくある相談(6,853)
  6. 譲渡会情報(3,773)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(3,306)
  8. ペット動物獣医師セミナー(1,496)
  9. 広報板カフェ(1,376)
コンテンツ別アクセス数

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆獣医師広報板の主張
★猫は飼っても産ませるな。
猫の多頭飼い崩壊予防啓蒙ポスター(pdfファイル)
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜11月27日:福岡県福岡市
★〜12月4日:愛知県名古屋市
★〜12月4日:オンライン
★〜12月18日:東京都豊島区
★11月14日から2週間配信:オンライン
★11月27日:未定
★11月27日:オンライン
★11月27日,12月25日:島根県出雲市,
★12月3日:神奈川県横浜市
★12月3日-2023年1月15日:福岡県福岡市
★12月3日,10日:オンライン
★12月4日:東京都豊島区
★12月4日:愛知県刈谷市
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:兵庫県尼崎市
★12月9日:オンライン
★12月10日,2023年2月26日:兵庫県神戸市
★12月11日:オンライン
★12月11日:兵庫県神戸市
★12月23日,2023年2月10日:オンライン
★12月18日:オンライン
★2023年1月23日,3月9日:オンライン
★2023年2月21日:オンライン
★2023年2月22日締め切り,3月26日開催:札幌,東京,名古屋,大阪,福岡,オンライン
★2023年3月30日-4月4日:東京都江東区
★2023年4月23日:栃木県那須郡
★2023年6月16日-18日:大阪府大阪市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
HORIBA Medical for VET
日本臨床獣医学フォーラム
HJS(Hyper Joint Seminar)
東京農工大学動物医療センターセミナー
NVCシリーズセミナー
学際企画(株)セミナー
VSJ COLLEGE
VSECセミナー
日本獣医眼科カンファランスJVOC
ロイヤルカナンアカデミー
DVMs Academy
WAHA-World Animal Hospital Association(世界動物病院協会)
日本動物病院協会
asck
動物の医療と健康を考える情報サイト
★〜11月27日:オンライン
★〜12月30日:オンライン
★11月27日:オンライン
★11月28日,12月26日:オンライン
★11月29日:オンライン
★11月30日,12月20日:オンライン
★11月30日:オンライン
★12月2日-4日:東京,12月8日-10日:大阪
★12月3日,10日:オンライン
★12月5日:オンライン
★12月7日,2023年2月1日:オンライン
★12月7日:オンライン
★12月15日:オンライン
★12月15日:オンライン
★12月23日:オンライン
★12月23日,24日,25日:福岡県福岡市
★2023年2月22日:オンライン
★2023年3月1日-3日:東京,3月5日-7日:大阪

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★予約制:東京都日野市
★11月27日:神奈川県横須賀市
★11月27日:滋賀県長浜市
★11月27日:埼玉県戸田市
★11月27日:岡山県瀬戸内市
★11月27日:東京都八王子市
★11月27日:大阪府大阪市
★11月27日:滋賀県甲賀市
★11月27日:大阪府大阪市
★11月27日:東京都町田市
★11月27日:兵庫県加古川市
★11月27日:東京都調布市
★11月27日:大阪府堺市
★11月27日:東京都西東京市
★11月27日:茨城県土浦市
★11月27日:滋賀県大津市
★11月27日:茨城県守谷市
★11月27日:兵庫県神戸市
★11月27日:茨城県牛久市
★11月27日:神奈川県小田原市
★11月27日:宮崎県都城市
★11月27日:大阪府高槻市
★11月27日:東京都渋谷区
★11月27日:福岡県北九州市
★11月27日:兵庫県明石市
★11月27日:大阪府寝屋川市
★11月27日:兵庫県加古川市
★11月27日:東京都八王子市
★11月27日:愛知県名古屋市
★11月27日:新潟県長岡市
★11月27日:岐阜県土岐市
★11月27日:兵庫県明石市
★11月27日:大阪府高槻市
★11月27日:岩手県一関市
★11月27日:東京都中央区
★11月27日:神奈川県横浜市市
★11月27日:茨城県土浦市
★11月27日:神奈川県横浜市
★11月27日:千葉県千葉市
★11月27日:東京都中野区
★11月27日:神奈川県横浜市
★11月27日:東京都町田市
★11月27日:千葉県流山市
★11月27日:埼玉県蓮田市
★11月27日:三重県四日市市
★11月27日:東京都世田谷区
★11月27日:東京都葛飾区
★11月27日:千葉県千葉市
★11月27日:兵庫県尼崎市
★11月27日:東京都中央区
★11月27日:宮城県仙台市
★11月27日:愛知県名古屋市
★11月27日:高知県香南市
★11月27日:愛知県高浜市
★11月27日:福井県福井市
★11月27日:埼玉県川越市
★11月27日:大阪府枚方市
★11月27日:埼玉県川越市
★11月27日:栃木県那須塩原市
★11月27日:東京都台東区
★11月27日:宮崎県宮崎市
★11月27日:東京都青梅市
★11月27日:兵庫県尼崎市
★11月27日:東京都足立区
★11月27日:神奈川県川崎市
★11月27日:大阪府大阪市
★11月27日:岡山県玉野市
★11月27日:愛知県名古屋市
★11月27日:愛知県豊橋市
★11月27日:愛媛県松山市
★11月27日:岡山県岡山市
★11月27日:三重県四日市市
★11月27日:埼玉県さいたま市
★11月27日:広島県呉市
★11月27日:兵庫県芦屋市
★11月27日:東京都葛飾区
★11月27日:香川県高松市
★11月30日,12月7日:大阪府大阪市
★11月30日:沖縄県南城市
★11月30日:大分県大分市
★12月1日:千葉県松戸市
★12月2日:宮城県仙台市
★12月3日:神奈川県海老名
★12月3日:愛知県名古屋市
★12月3日:大阪府大阪市
★12月3日:愛知県小牧市
★12月3日:愛知県豊明市
★12月3日:愛知県瀬戸市
★12月3日:茨城県牛久市
★12月3日:大阪府大阪市
★12月3日:山梨県笛吹市
★12月3日:東京都日野市
★12月3日:千葉県柏市
★12月3日:三重県名張市
★12月3日,4日:北海道上富良野町
★12月3日,4日:東京都渋谷区
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:京都府京都市
★12月4日:京都府京都市
★12月4日:東京都豊島区
★12月4日:埼玉県さいたま市
★12月4日:千葉県船橋市
★12月4日:岡山県倉敷市
★12月4日:埼玉県入間市
★12月4日:愛知県名古屋市
★12月17日:神奈川県茅ヶ崎市
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:長野県上田市
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:東京都町田市
★12月4日:茨城県つくば市
★12月4日:三重県亀山市
★12月4日:埼玉県北本市
★12月4日:滋賀県米原市
★12月4日:三重県いなべ市
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:東京都港区
★12月4日:兵庫県西宮市
★12月4日:大阪府吹田市
★12月4日:新潟県新潟市
★12月4日:兵庫県神戸市
★12月4日:三重県鈴鹿市
★12月4日:埼玉県さいたま市
★12月4日:千葉県柏市
★12月4日:青森県八戸市
★12月4日:岡山県倉敷市
★12月4日:和歌山県和歌山市
★12月4日:東京都杉並区
★12月4日:千葉県千葉市
★12月4日:島根県出雲市
★12月4日:愛知県名古屋市
★12月4日:神奈川県横浜市
★12月4日:熊本県合志市
★12月9日,10日:奈良県奈良市
★12月10日:奈良県大和高田市
★12月10日:大阪府枚方市
★12月10日:福井県福井市
★12月11日:岡山県岡山市
★12月11日:兵庫県尼崎市
★12月11日:愛知県名古屋市
★12月11日:大阪府豊中市
★12月11日:大阪府河南町
★12月11日:大阪府高槻市
★12月11日:大阪府大東市
★12月11日:大阪府大阪市
★12月11日:京都府京都市
★12月11日:埼玉県三郷市
★12月11日:高知県須崎市
★12月11日:兵庫県神戸市
★12月11日:茨城県土浦市
★12月11日:茨城県ひたちなか市
★12月11日:茨城県ひたちなか市
★12月11日:大阪府泉南市
★12月11日:愛知県名古屋市
★12月11日:大阪府八尾市
★12月11日:愛知県刈谷市
★12月11日:兵庫県宝塚市
★12月11日:高知県高知市
★12月11日:東京都中央区
★12月11日:東京都渋谷区
★12月15日:埼玉県さいたま市
★12月17日:愛知県春日井市
★12月17日:宮城県仙台市
★12月17日,18日:千葉県船橋市
★12月18日:東京都中央区
★12月18日:神奈川県鎌倉市
★12月18日:和歌山県和歌山市
★12月18日:大阪府堺市
★12月18日:大阪府大阪市
★12月18日:三重県三重郡
★12月18日:茨城県土浦市
★12月18日:東京都町田市
★12月18日:東京都足立区
★12月18日:大阪府吹田市
★12月18日:三重県津市
★12月18日:奈良県奈良市
★12月18日:茨城県土浦市
★12月18日:東京都板橋区
★12月18日:大阪府大阪市
★12月18日:東京都文京区
★12月24日:大阪府泉北郡
★12月24日:大阪府高槻市
★12月24日:大阪府大東市
★12月24日:千葉県流山市
★12月24日:埼玉県八潮市
★12月25日:大阪府河内長野市
★1月8日:岡山県総社市
★1月8日:大阪府大阪市
★1月15日:兵庫県神戸市
★2月26日:高知県四万十市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。