獣医師広報板トップページ獣医師広報板管理人の独り言メニュー二酸化炭素ガスよりも苦しまない殺処分方法はないですか
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん二酸化炭素ガスよりも苦しまない殺処分方法はないですか
2023年5月21日:ムクムク(川村幸治)
◆「獣医師広報板管理人の独り言」利用についての注意事項
★本文記事は獣医師広報板管理人ムクムク(川村幸治)の今日の気分を文字にした物です。
★あくまでもfacebookに書いた独り言なので、どなたかとディスカッションする気持ちはありません。何らかの形でメッセージを送られても返事はいたしません。
★記載されている記事は自己責任でご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

元発言(facebook) いいね:118人,コメント:21件,シェア:0件(クリック)
ネットをぶらぶらしているとこんな質問を見た。
二酸化炭素ガスよりも苦しまない殺処分方法はないですか。
私なりに、説明したいと思います。
まず、死にいたる障害が起こった場合、動物は普通苦しみます。
例えば、激しく吐くとか、著しい呼吸困難とか、全身のけいれんとかです。
筋弛緩剤などは呼吸筋が活動しませんので、呼吸できなくて苦しむわけです。
では、そのような苦しみを感じさせない方法が大きく二通りあります。
ひとつは脳を銃撃するとか、首をへし折るような一瞬にして死に至らせる方法です。
もうひとつは、まず麻酔をかけて動物の意識を消失させ、その上で死に至らせる方法です。
意識がないので、何をしても動物は苦しまずに死に至ります。
この二通りの方法が、あると言うことをまず理解してください。
で、主題の「二酸化炭素ガスよりも苦しまない殺処分方法はないですか。」ですが、動物の条件は同じではないです。
例えば犬でも、へその緒がまだぶら下がっているような子犬と先程人に大けがさせた筋肉質の大型犬では条件が違います。
猫でも同じように、ベイビーと歯と四本の足の爪で抵抗する人慣れしていない猫では条件が違います。
双方ともベイビーの場合は頸椎脱臼(首をへし折る)のも速やかな死に至りますし、何らかの麻酔薬を過量腹腔注射しても、数分で死に至るでしょう。
問題は、全身で抵抗してくる咬傷大型犬や人慣れしていない成猫です。
何かというと静脈注射が最上とおっしゃる自称愛護家がいらっしゃいます。
では、私から質問します。
どうやって静脈注射するのですか?
やれる物ならやってみてほしいくらいです。
例えば、網でもかぶせて器具や多人数で押さえつけて静脈注射したとします。
それ安楽死ですか?
それ虐待ですよ。
現場はいろんなことを考えます。
例えば、麻酔の吹き矢で眠らせて、それから静脈注射する。
または、ごちそうに睡眠薬を入れて眠らせ、それから静脈注射する。
これなら出来ますが、問題はひとつあります。
動物はいきなりは寝ないのです。
だんだん眠くなる。
しかし動物は興奮していますので、必死になって暴れ、体を打ち付けたりします。
落ち着いている動物は割と静かに寝ていきますが、興奮している動物は暴れることもあります。
落ち着いている動物には、老齢動物や病気で弱っている動物が代表的です。
興奮して暴れる動物は、怖いです。
うかつに近づくことが危ない。
私は、もう寝ただろうと思って手を出して大けがしたことがあります。
ベイビーや老齢動物、病気で弱っている動物はどのような処置でも暴れることは少なく、元気な動物は脳への銃撃のような一瞬の処置でない限り、暴れることがある。
で、私なりに考えてみました。
二酸化炭素ガスを密室に注入する方法というのは、十分の濃度になるまで元気な動物は暴れる時間がある。
二酸化炭素ガス自体は刺激性がないガスなので、存在に気がつかないのですが、元気な動物を密室に入れたら普通暴れる。
ならば、このような方法はどうか。
野外訓練でくぼみに入った隊員がそのまま眠り死に至ったり、お棺に充満したドライアイスからの二酸化炭素ガスで顔を故人にすり寄せた方がそのまま死んでしまった事件があります。
つまり二酸化炭素ガスは空気より重い。
くぼみにたまりますし、くぼみにおちた動物はそこが十分な濃度の二酸化炭素ガスが存在すれば、速やかに眠ります。
であるのなら、事前に箱の底に十分な濃度の二酸化炭素ガスを充満させておき、動物をスロープでくぼみに滑らすのはどうだろうと思う。
二酸化炭素ガス濃度検知器はレストランなどの人の集まる所なら大抵ある機械。
その機械をくぼみに設置すれば濃度は分かる。
この方法なら、動物を暴れさせずに意識喪失に持ち込めるように考えています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


手作りお洋服!
似合ってるかにゃ?
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆令和6年能登半島地震動物関連ニュース

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年3月のBest
  1. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(194)
  2. 譲渡犬をもらったら大変な状態だった(91)
  3. 大阪万博ペット同伴絶対反対(78)
  4. 保護動物譲渡前調査の個人情報保護ポリシーについて(78)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年3月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,574)
  2. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(5,248)
  3. 管理人の独り言(5,202)
  4. 犬のカロリー計算(4,076)
  5. 動物よくある相談(3,593)
  6. 広報板カフェ(1,812)
  7. 迷子動物、保護動物掲示板(1,787)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜4月20日:募集期間
★〜4月30日:オンライン
★4月20日:愛知県名古屋市,栃木県宇都宮市,4月21日:島根県松江市
★4月20日-21日:神奈川県横浜市
★4月20日-21日:新潟県上越市
★4月21日:埼玉県さいたま市
★4月21日:兵庫県尼崎市
★4月24日:インターネット
★4月24日:広島県広島市
★4月25日-5月7日:大阪府守口市
★4月27日:北海道旭川市,栃木県鹿沼市,4月28日:島根県出雲市
★4月27日:神奈川県横浜市
★4月27日-5月19日:愛知県名古屋市
★4月28日:東京都台東区
★4月28日:福岡県北九州市
★4月28日-29日:大阪府大阪市
★5月3日-4日:大阪府大阪市
★5月3日-5日:千葉県千葉市
★5月6日:北海道苫小牧市,栃木県矢板市
★5月10日-16日:オンライン
★5月11日:東京都大田区
★5月12日:栃木県日光市,鳥取県鳥取市,鳥取県湯梨浜町,鳥取県大山町
★5月12日,6月23日:鳥取県倉吉市
★5月18日:愛知県長久手市
★5月18日:オンライン
★5月19日:佐賀県佐賀市
★5月19日:栃木県那須塩原市
★5月25日:栃木県栃木市,5月26日:島根県出雲市
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:佐賀県武雄市
★6月15日:栃木県日光市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★10月27日:兵庫県神戸市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。