獣医師広報板トップページ獣医師と動物愛好家のコミュニケーション広場意見交換クラッシック掲示板 ニュータイプ掲示板 RSSバナー
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん意見交換掲示板
この掲示板のお世話係はチーちゃんのママさん(joe@wweebb7.com)です。
投稿の仕方など掲示板利用上のわからないことは、気軽にメールで相談してください。。

獣医師や動物を愛される方の意見交換の場です。
★獣医師の皆さんへ

興味のある話題だけでも結構ですし、レスはダブルでもトリプルでも構いませんので、
気軽にご参加ください。
★動物愛好家の皆さんへ
動物愛好家ならではのアドバイスも歓迎ですので遠慮無くご参加ください。
ただし、お薦めの医療機関名はメールでお願いします。

注意1:お世話係はボードの盛り上げ役で掲示板やメールでの医療相談はお受けしません。
注意2:スパムメール・ウイルスメール対策のためメールアドレスは@を★に変換しています。

利用上の注意(必ず読んでください。)
意見交換掲示板過去発言集
動物よくある相談
(定番質問の回答集)
質問する前に掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
フリートークは広報板カフェに!!

◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

[セミナー・イベント]

[発言一覧を見る] [記事を書き込む] [更新] [終了]

削除   
Re:何の動物の糞か教えてください返事を書く
投稿日 2024年6月17日(月)22時16分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

猫の糞には思えません。
では犬かと言えばそうとも思えるくらいの感じです。

削除   
何の動物の糞か教えてください返事を書く
投稿日 2024年6月17日(月)09時54分 投稿者 amu

こんにちは、よろしくお願いします。

下記の画像の糞は、犬か猫かどちらかお聞きしたいです。
こちらに質問する件では無いのではと思いましたが、書き込んでみました。
お願いいたします。

クリックするとオリジナル画像:

削除   
Re:殺処分数とペットショップの関係返事を書く
投稿日 2024年3月24日(日)22時17分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

殺処分の多数は猫であり、その多くはミルク猫です。
犬で愛護センターに収容されているのは雑種が主で、純粋種は少ない。
つまり、殺処分数とペット産業は関連していないと私は考えています。

削除   
Re:犬の門脈体循環シャント返事を書く
投稿日 2024年3月24日(日)22時13分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

現在は門脈シャントがあるイヌを繁殖に使わないことが推奨されています。
遺伝子検査は私は知りません。
症状を発症した子孫があるのであるなら、親犬も繁殖に使わないことが推奨されると思います。

削除   
犬の門脈体循環シャント返事を書く
投稿日 2024年3月24日(日)13時18分 投稿者 まめ

犬の先天性門脈体循環シャントは、親犬の遺伝子検査で発症の可能性の有無がわかる病気なのでしょうか?
また、特に症状が無い親犬から生まれた子犬が門脈体循環シャントを発症した場合、親犬はどのような検査をするのが良いのでしょうか。

削除   
殺処分数とペットショップの関係返事を書く
投稿日 2024年3月23日(土)10時11分 投稿者 シェリリン e-mail: a.tanaka0923★gmail.com
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

動物愛護活動について疑問があり、投稿させていただきました。

よく犬猫の殺処分とペットショップを関連づけて批判している方がいますが、調べてみると、事実は以下のような状況です。

・保健所に収容される犬の70%は雑種
・殺処分は9割が雑種
・近年飼われている犬の85%が純血種で、雑種は15%
・愛護活動が活発化する前から犬の収容数や殺処分数は激減

これらのことから、殺処分は雑種のワンちゃんを無料または安価でもらってきたような人達が雑種の犬を捨てたり、避妊手術虚勢せずに繁殖させ、殺処分に繋がっていそうです。

むしろ、ペットショップの普及でお金を出して純血種の犬を買う人が増えてから殺処分は激減しているので、ペットショップは殺処分を減らした最大の要因な気がしています。

私自身は犬猫をペットショップで買ったことはなく、以前はブリーダーさんから直接お譲りいただき、今は雑種の元保護犬と元野良猫と暮らしていて、別にペットショップを特別支持している訳ではありません。

でも、愛護活動家の皆様が事実に基づかない主張で、過度にペットショップを批判しているのであれば、それは違うと思います。

ペットショップではなく、雑種の犬の繁殖や安易な入手をさせないような方向に活動するほうが、殺処分を減らすには効果的な気がしました。

皆様のご意見をお伺いしたいです。

削除   
Re2:猫の食欲不振返事を書く
投稿日 2024年2月25日(日)00時22分 投稿者

ムクムク様
ご回答ありがとうございます
糞便検査までは出来ていませんでした
下痢になってからは対応に追われて検便を採取するまで至らず
写真をお医者様に見せる程度に留まっていました

なお、現在の状況ですが
投稿当日の昼から徐々に食欲が回復
土曜日かけて食欲不振や水分摂取量が徐々に回復し普段通りまでになり
今は元気いっぱいです
便も快便とまてはいっていませんが固形で出てきています
この投稿を見てくださった方々にご心配をお掛けして申し訳ありませんでした

また、もし似たような機会が再発しましたらムクムク様のアドバイスを参考に
早急対応するようにします

削除   
Re:猫の食欲不振返事を書く
投稿日 2024年2月23日(金)22時56分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

ご心配ですね。
各種の臨床検査をしても原因が分からない胃腸炎は経験あります。
糞便検査は特に寄生虫などは陰性なのですよね。
ただ、何度目かの検査で原因が分かったりすることも経験しています。
今は、体力維持の為の保存療法がなされているようですが、獣医師のすすめがあれば反復する検査もお薦めします。
寄生虫などは何度目かの検査で原因が判明するようなことを多くの先生方が経験されていますので。

削除   
猫の食欲不振返事を書く
投稿日 2024年2月22日(木)07時28分 投稿者

ノルウェージャンフォレストキャットのオス4歳(去勢済み)です。
一月末の吐き戻しくらいからを皮切りに食欲不振が続いています。
始めは食べてはいましたが、徐々に量が減っていき数日前には大好きなオヤツも口にしなくなりました。
昨日はチュールも嫌々口にするくらいです。
やむを得ずドライフード数粒を強制給餌しました。
水分摂取量も通常時は200〜300ml、先週末には200mlも飲まなくなり、昨日には遂に0ml
スポイトでの強制補水も拒否です。
現在、吐き気はなく下痢のみ。
また、一昨日には病院で細かな検査をして頂きました。
体重は一月末診察時の6.2kgから5.85kgに減少ですが、
レントゲン、エコー問題なし。腹部触診も嫌がらず、口内周りもおかしい所はないとのこと。
血液検査も全て標準値、血圧はストレスの所為か標準値内やや高めです。
栄養が取れていないので点滴と栄養剤を入れてもらい、
併せてディアバスターを処方してもらい、先日の夜から副作用の黒い便(下痢ですが)が出ています。
尿は一昨日一回、昨日一回で共に黄色目(栄養剤の影響?)
かかりつけ医からも原因不明で処方での様子見と診断ですが。
不安が拭えず投稿させて頂きました。
どうすれば良いのか、どうなっているのか、知見がある方がいましたら
アドバイスを頂きたいです。

削除   
Re:猫の血糖測定器について返事を書く
投稿日 2024年2月10日(土)21時05分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

以下のメーカーサイトに問い合わせ先の電話番号があります。
https://www2.zoetis.jp/species/diagnostics/at3
直接メーカーに聞いていただくのが一番だと思います。
私は特にお薦めの測定機器はありません。

[発言一覧を見る] [記事を書き込む] [更新] [終了]

削除パスワード
(またはマスターキー)
新着順 1 - 10
最大記録件数

■過去の投稿文は発言集に収録されています。
■獣医師広報板に対するご意見・ご要望は意見・要望フォームをご利用ください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くの企業や個人サポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。


病気が治ったオスカー(岩魚)
画像募集中 !!(無料)
画像ライブラリー

◆獣医師広報板の主張

◆獣医師広報板管理人の独り言
利用上の注意事項&メニュー
2024年5月のBest
  1. 愛護破綻者の言葉(131)
  2. 大阪万博ペット同伴絶対反対(125)
  3. 杉本彩氏を訴える名誉毀損裁判について(89)
  4. レース鳩の足輪を付けているドバトを見つけたら(60)
  5. 獣医師でない無資格者による手術(56)
  6. 動物愛護は自分のしたいことをやっているのではないか(55)
  7. 思う通りに行かないとだだをこねる大人(55)

◆獣医師広報板よくある質問(FAQ)

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆PC版コンテンツ利用数ベスト7(2024年5月期)
  1. 猫のカロリー計算(5,013)
  2. 管理人の独り言(6,954)
  3. 動物よくある相談(3,789)
  4. 犬のカロリー計算(3,742)
  5. 迷子動物、保護動物掲示板(1,761)
  6. 広報板カフェ(1,552)
  7. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(1,519)
コンテンツ別アクセス数

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2022年2月23日より第四版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版、第三版を読まれた方も、是非第四版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第四版2022/02/23公開

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
★WEB講座
★〜6月24日:オンライン
★〜7月7日:東京都渋谷区
★6月23日:鳥取県倉吉市
★6月23日:北海道札幌市
★6月25日:鹿児島県奄美市
★6月28日-7月7日:愛知県名古屋市
★6月28日-7月15日:東京都台東区,7月20日-8月18日:愛知県名古屋市
★6月29日:長野県岡谷市
★6月30日:兵庫県神戸市
★6月30日 応募締め切り:ネット募集
★7月6日:オンライン
★7月6日:東京都千代田区
★7月13日:東京都武蔵野市
★7月13日-15日:愛知県名古屋市
★7月13日-9月1日:長崎県佐世保市
★7月13日-9月23日:大阪府大阪市
★7月15日:東京都大田区
★7月21日:香川県丸亀市
★7月21日:大阪府大阪市
★7月28日:大阪府大阪市
★7月29日-8月1日:北海道夕張郡栗山町,北海道浦河郡浦河町
★8月3日-5日:宮城県仙台市
★8月4日:福島県いわき市,愛知県名古屋市,鳥取県琴浦町,鳥取県米子市,香川県高松市
★8月17日:石川県河北郡,島根県出雲市,8月18日:広島県広島市
★8月25日:長野県軽井沢町
★8月25日:東京都新宿区
★8月31日:佐賀県佐賀市
★9月7日:茨城県日立市
★9月7日:佐賀県佐賀市
★9月20日-22日:大阪府大阪市
★9月22日:東京都豊島区
★10月26日-27日:兵庫県加西市
★10月27日:兵庫県神戸市
★11月2日-4日:大阪府大阪市
★11月10日:宮城県仙台市
★2025年4月3日-6日:東京都江東区

◆ペット動物獣医師&動物看護師向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー

◆経済動物獣医師向けのセミナー・イベント

◆公衆衛生獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

◆実験動物獣医師獣医師向けのセミナー・イベント

[セミナー・イベント]

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。

CGIレスキュー掲示板
改変 PetCommunications