獣医師広報板トップページ獣医師と動物愛好家のコミュニケーション広場意見交換クラッシック掲示板 ニュータイプ掲示板 RSSバナー
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん意見交換掲示板
この掲示板のお世話係はチーちゃんのママさん(joe@wweebb7.com)です。
投稿の仕方など掲示板利用上のわからないことは、気軽にメールで相談してください。。

獣医師や動物を愛される方の意見交換の場です。
★獣医師の皆さんへ

興味のある話題だけでも結構ですし、レスはダブルでもトリプルでも構いませんので、
気軽にご参加ください。
★動物愛好家の皆さんへ
動物愛好家ならではのアドバイスも歓迎ですので遠慮無くご参加ください。
ただし、お薦めの医療機関名はメールでお願いします。

注意1:お世話係はボードの盛り上げ役で掲示板やメールでの医療相談はお受けしません。
注意2:スパムメール・ウイルスメール対策のためメールアドレスは@を★に変換しています。

利用上の注意(必ず読んでください。)
意見交換掲示板過去発言集
動物よくある相談
(定番質問の回答集)
質問する前に掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
フリートークは広報板カフェに!!

◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム

◆モバイル◆
意見交換掲示板
モバイル
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応

[人と動物の健康・科学リンク集] [お薦め本] [セミナー・イベント]

[発言一覧を見る] [記事を書き込む] [更新] [終了]


削除   
Re:検査を薦める獣医師への断り方返事を書く
投稿日 2017年12月17日(日)09時07分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

現在はインフォームドコンセントが重視されます。
インフォームドコンセントとは、医療を行う側は説明する。
患者側は説明を受けて同意するという流れです。
ですので、獣医師側は治療のためにいいと思うことを説明します。
それに同意するかどうかは飼い主さんです。
医療に関する疑問は聞かれたらいいですし、結果拒否されることも自由です。
ただし、決定は飼い主さんが行われるので、その結果は飼い主さんの責任となります。
獣医師は説明する。 飼い主さんはその説明を聞いて決定する。
今はそれが普通です。

削除   
Re:検査を薦める獣医師への断り方返事を書く
投稿日 2017年12月16日(土)22時29分 投稿者 チーママ

獣医さんは、この犬には本来の持ち主がいることはご存知ですか?
ご自分の意志でというより、「持ち主が希望していないので、了解なしにはできません」と、言ってはどうでしょう。 あくまでも預かりなのですから、本来勝手なことをして何かあっても、責任はとれませんものね。
それでも薦められるようなら、病院を変えるしかないでしょう。
ただし、下痢嘔吐の症状は、今後ひどくなることが考えられます。汚れてもいい場所を限定する、異物を食べないようにするためにも、広めのサークル飼いにするのがよろしいかと思います。小型犬で年齢もそれなりですので、飛び越えることはないでしょう。泣いてうるさいかもしれませんが、その時はまた何か考えてみればいいかと。

削除   
検査を薦める獣医師への断り方返事を書く
投稿日 2017年12月16日(土)15時55分 投稿者 ぽん子

12歳の犬が体調不良で下痢を繰り返しています。病院に行くと全身の精密検査を薦められるのですがどう断ったらいいのか分かりません。
診てもらっている獣医師には、だいぶ前に別の症状で病院に行ったときに、こちらから一度「もう老犬だから過度な治療はしません」と伝えましたが、時々具合が悪くて診察に行くと精密検査を薦められます。
それは求めていないのです。検査しないと適切な治療が出来ないとは分かっていますが、下痢を止めたいだけなのです。犬の下痢止めにはそんなにたくさんの種類があるのですか?あと、高いフードもお断りしたいです。
はっきり断ったらその後が心配で・・・。
言うべきですか? いっその事病院を変えてみた方がいいでしょうか?

経緯はこうです。長くなります。
12歳のポメラニアンの下痢が一定の期間を置いて続いています。元は知り合いの犬でしたが、私生活が忙しく、普通より手のかかる犬(異物食い)で、そこまで手が回らないということでうちで預かっています。おそらくうちで最期を看取ることになると思います。
元々の体重は5kg位でした。
二か月ほど前から時折下痢をしています。最初に下痢になった時に病院に連れていき、ご飯抜きを獣医師に薦められたのでその通りにしたら、その時は良くなりました。
しかし10日ほどでまた下痢をし、その度に一日絶食させていました。それを何度か繰り返しました。絶食で良くなっていたので獣医さんには連れていきませんでした。
四日前に再び下痢になり、吐きました。室内飼いでケージに入れていないので家族が交代で見張っていなければならず、頻繁で大変なので獣医さんに行きました。
下痢で出し切ってしまっていたので、便はかすかに採取できただけで、その中からも菌は見つからなかったそうです。体重は4.5kgに落ちていました。なので、断食をやめて、下痢止めと整腸剤のお薬と、お腹の弱い犬用のフードを処方されました。

以前から下痢の他にもめまいを起こして歩けなくなったりしていたので、病院に行く度に全身の精密検査を薦められるのですが、高齢ですし検査をして完治するかも分からないので、本来の飼い主の意向で手厚い治療はするつもりはありません。

その本来の飼い主に、今現状がこうこうで大変だと説明すると、「どういう検査をするのか、効果がありそうならやってみてもいい」と言われました。
今まで二匹の愛犬を見送ってきたので、動物の検査が確かなものではないと思っています。その上、本来の飼い主は治療に同行しません。正直言って、うちではこの犬に今以上の事は出来ません。

大変な犬なのです。口に入るものなら何でも食べてしまいます。手に届く食べ物なら当然、袋に入っている物でも、袋をかじって破いて食べる。カバンも開ける。腰より高い位置の物もジャンプして取る。ティッシュもほこりも自分のウンもうさぎ用の草も食べては吐くを何度もしてきました。のどに詰まらせて救急に行ったこともあります。
以前から知り合いが忙しい時に一時的に預かっていましたが、いなくなるとほっとしていました。ずっとうちにいるようになったのは2年前からです。
子犬の時から知っているので一定の情はありますが、今現在「心配」よりも「疲れた」という感情の方が上回っています。
犬が悪さをしたり失敗すると人間を責める家族がいるので家族内でも不和が起こっています。
本来の飼い主にはこの犬の面倒を見る余裕はありませんので返すこともできません。検査をしてもちゃんと治療費をくれるかどうかも分かりません。

昔、一番最初に飼った2kg未満の小型犬が亡くなるとき、別の獣医さんにかかっていて検査検査でブスブス注射されて血を抜かれて、大きな病院でMRIを薦められて受けるも結果も出ず、病院で入院中に死んで段ボールにそのまま入れられて渡されたことがあり、とても後悔しています。痛い思いばっかりさせて知らない場所で死なせたと。

全盛期のような元気さはありませんが、ぐったりしているわけではありません。普通に歩いて拾い食いして散歩に行きたいとクルクル回っています。
今12歳で、あと10年生きるわけではないのだから、精密検査せずに対症療法で済ますわけにはいかないんでしょうか?
あんまり何度も精密検査を薦められるのでそれも言いにくくなってきました・・・。

削除   
Re:犬の歯返事を書く
投稿日 2017年12月13日(水)20時09分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

例えば私にぐらぐらの歯があったとします。
私は食事の際にそのぐらぐらの歯で食物をかむかと言えば、絶対に使いません。
痛いからです。
ですから、私は他のしっかりした歯でかみます。
犬のことですが、犬もぐらぐらの歯は使いません。
丸呑みに近い形で餌を食べていると思います。
そういう意味ではぐらぐらの歯は何の意味もないと思います。
次に歯石を取るような処置を受ける際は、抜いてもらうことも主治医の先生と相談されることを私はお奨めします。

削除   
犬の歯返事を書く
投稿日 2017年12月13日(水)14時18分 投稿者 夏子 e-mail: peayonjp★yahoo.co.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

犬の歯についてご相談させて下さい。下の歯がぐらぐらになってしまいました。犬歯と犬歯の間の前全部です。麻酔をかけて歯石をとってもらっています。その時にいずれこの歯は抜けると言われました。でも今のところぐらぐらだけで抜けていません。犬は小型犬です。歯周病のにおいがするなーと思いますが、どうしたらいいでしょうか。毎日歯は磨いています。12才なのでもう歯石取りはしないつもりです。このままにしておいて大丈夫でしょうか。よろしくお願いします。

削除   
Re2:多動飼い時の猫風邪 隔離期間返事を書く
投稿日 2017年12月5日(火)23時46分 投稿者 rokoko

成猫は感染しても軽くすむのですね。
サイトも詳しくて、とても参考になります。
あまり神経質になりすぎず、様子を見ながら、遊ばせてみます。
ありがとうございました。

削除   
Re:多動飼い時の猫風邪 隔離期間返事を書く
投稿日 2017年12月5日(火)20時01分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

以下のページがとても参考になると思います。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12139623257
つまり、成猫は感染しても軽くすんでしまうことが多いと言うことです。

削除   
多動飼い時の猫風邪 隔離期間返事を書く
投稿日 2017年12月5日(火)10時40分 投稿者 rokoko

はじめて投稿させていただきます。
3匹飼っていて、成猫2匹はいつも元気です。
4ヶ月の猫がよく結膜炎になり、その都度隔離しています。
現在また風邪で3日目。投薬、目薬中ですが、主治医に確認するのを忘れたのですが、目もよく開き、白眼の赤みも消えています。投薬しながら、他の猫と一緒にして大丈夫でしょうか。
いつもは風邪のときは薬を飲みきる1週間は隔離していましたが、だんだん風邪の猫も隔離が寂しいようで、昨日から、風邪の猫がキュルルルと良く鳴き、他の猫と遊びたくて仕方がないようです。
投薬しながら、一緒にさせてもいいものでしょうか。普段は仲が良くてよくじゃれあっています。
3匹とも3種混合ワクチンはしています。
よろしくお願いします。

削除   
Re4:ヨダレと抗生物質返事を書く
投稿日 2017年11月30日(木)10時56分 投稿者 プロキオン

ちょっと補足がてらに。

感受性試験とは、分離された細菌がどのような薬剤・抗生物質に影響を受けるか、つまりどの抗生物質が効果を発揮するかを調べる検査のことです。
経験とか漠然と投薬しても効果がないと意味がありませんから、確実に効果のある薬剤を投薬するために実施されます。

緑膿菌は、シュードモナス属の細菌の中の1つの菌の名称です。正式な名称はPseudomonas aeruginosaです。黄色や青色の色素を産生するために結果として緑色の色素を産生しているように見えるので日本語でいうところの「緑膿菌」の呼称を持っています。
自然界に広く分布しており特に珍しい細菌というわけでもありませんが、抗生物質への抵抗性が強く、炎症や化膿の治療の際に問題となりがちです。
長期に亘る抗生物質の使用によって病巣から一般的な炎症性の細菌が駆逐されたりすると、今まで増殖する機会がなかった緑膿菌にも増殖するチャンスがやってきたということになり、その抵抗性ゆえに治療に支障をきたすようになります。そのような現象を「菌交代現象」と呼んでいます。

また、兎の歯ぎしりについては、一般論として「歯」「尿石」「毛球」の3つから疑ってかかるべきかと思います。
そして流涎に関してであれば、これは歯・口内炎・歯肉炎・口唇炎等を想定することとなります。
実際問題として当事者の兎にどのようなことが起きているのかということになりますと、それは診察してみない限り言及できるものではありませんので、私の言っていることはあくまでも一般論です。
さらにクシャミについては、記載内容からでは環境要因によるものなのか疾病の症状としてのものかなのかの判断付きかねました。


削除   
Re3:ヨダレと抗生物質返事を書く
投稿日 2017年11月29日(水)20時05分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

正直言って、診察している先生以上のことは私には分かりません。
明日は主治医の先生は休みだそうですが、今は主治医の先生のお話をよく聞いていただくしか無いと思います。
お役に立たなくて申し訳ないです。

[発言一覧を見る] [記事を書き込む] [更新] [終了]

削除パスワード
(またはマスターキー)
新着順 1 - 10
最大記録件数

■過去の投稿文は発言集に収録されています。
■リンク依頼はリンク登録・修正・削除フォームをご利用ください。
■本の紹介は文献登録・修正・削除フォームをご利用ください。
■獣医師広報板に対するご意見・ご要望は意見・要望フォームをご利用ください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くの企業や個人サポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



寝姿色々1
(sutemaru)
画像募集中 !!(無料)
画像ライブラリー

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 12月は「キャットハンモックタワー ブラウン」です。
好きなハンモックでトロける満足顔♪超大きい2個のハンモックで大きな体の子もすっぽり!
一番高いところにゆらゆら心地よい大きなハンモック。見晴らしが良くて、まるく落ち着いて眠れます。
たっぷり上下運動ができる高さ168cmのハイタイプの置き型タワーで、長い爪とぎや上り下りしやすいステップなど猫ちゃんに愛されるポイントがいっぱい!
1名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(9月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(47,183)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(27,664)
  3. 動物よくある相談( 25,356)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,482)
  5. 犬のカロリー計算(13,243)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(12,955)
  7. 猫のカロリー計算(11,377
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,690)
  9. 動物の愛護セミナイベント(9,536)
  10. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(3,771)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜2018年1月14日:神奈川県横浜市
★〜2018年3月20日:東京都小金井市
★12月22日締め切り
★12月23日-1月8日:和歌山県西牟婁郡
★12月24日:京都府京都市
★12月26日:東京都江東区
★2018年1月13日:石川県能美市
★2018年1月14日:熊本県熊本市
★2018年1月20日:大阪府八尾市,21日:大阪府羽曳野市
★2018年1月20日:新居浜市,2月10日:西予市
★2018年1月21日:大阪府大阪市
★2018年1月21日:神奈川県厚木市
★2018年2月4日:大阪府大阪市
★2018年2月17日・18日:東京都千代田区
★2018年2月20日-4月8日:神奈川県横浜市
★2018年3月18日:東京都豊島区

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★平日:熊本県熊本市
★水曜日〜日曜日:茨城県水戸市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★12月19日:神奈川県横浜市
★12月20日:沖縄県南城市
★12月20日,23日:北海道札幌市
★12月21日:千葉県富里市
★12月22日,23日,24日:北海道札幌市
★12月23日:大阪府大阪市
★12月23日:東京都江東区
★12月23日:岡山県岡山市
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都渋谷区
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都青梅市
★12月23日:千葉県柏市
★12月23日:埼玉県蓮田市
★12月23日:愛知県豊橋市
★12月23日:愛知県名古屋市
★12月23日:神奈川県横浜市
★12月23日,24日:東京都葛飾区
★12月23日:福井県鯖江市,1月13日:福井市
★12月24日:東京都葛飾区
★12月24日:埼玉県所沢市
★12月24日:福岡県北九州市
★12月24日:愛知県名古屋市
★12月24日:埼玉県川越市
★12月24日:東京都中央区
★12月24日:東京都中野区
★12月24日:群馬県高崎市
★12月24日:東京都三鷹市
★12月24日:千葉県流山市
★12月24日:愛媛県松山市
★12月24日:東京都板橋区
★12月24日:山梨県甲府市
★12月24日:東京都葛飾区
★12月24日:栃木県那須塩原市
★12月24日:山梨県笛吹市
★12月24日:埼玉県さいたま市
★12月24日:東京都中央区
★12月24日:埼玉県川越市
★12月24日:岡山県岡山市
★12月24日:愛媛県松山市
★12月24日:福島県郡山市
★12月27日:大阪府大阪市
★2018年1月6日:茨城県笠間市
★1月6日:茨城県つくば市
★1月6日:大阪府門真市
★1月6日,7日:北海道上富良野町
★1月7日:東京都港区
★1月7日:東京都清瀬市
★1月7日:東京都町田市
★1月7日:三重県亀山市
★1月7日:長野県上田市
★1月7日:東京都西東京市
★1月7日:岡山県倉敷市
★1月7日:埼玉県川越市
★1月7日:兵庫県神戸市
★1月7日,14日:兵庫県神戸市
★1月8日:大阪府大阪市
★1月8日:京都府京都市
★1月13日:福岡県北九州市
★1月13日:東京都世田谷区
★1月13日:三重県鈴鹿市
★1月14日:神奈川県横須賀市
★1月14日:茨城県つくば市
★1月14日:千葉県船橋市
★1月14日:大阪府大阪市
★1月14日:東京都大田区
★1月14日:埼玉県新座市
★1月14日:東京都町田市
★1月14日:愛知県名古屋市
★1月14日:神奈川県横浜市
★1月14日:東京都新宿区
★1月14日:大阪府大阪市
★1月19日:千葉県柏市
★1月20日:東京都豊島区
★1月20日:東京都豊島区
★1月20日:神奈川県茅ヶ崎市
★1月20日:大阪府高槻市
★1月20日:大阪府堺市
★1月20日:東京都世田谷区
★1月21日:愛知県刈谷市
★1月21日:東京都練馬区
★1月21日:三重県三重郡
★1月21日:東京都東村山市
★1月21日:福井県福井市
★1月21日:神奈川県横浜市
★1月21日:東京都江戸川区
★1月21日:北海道室蘭市
★1月21日:千葉県東金市
★1月21日:和歌山県和歌山市
★1月21日:神奈川県鎌倉市
★1月27日:愛知県日進市
★1月28日:神奈川県川崎市
★1月28日:東京都世田谷区
★1月28日:東京都町田市
★1月28日:大阪府堺市
★2月25日:東京都葛飾区

動物譲渡の表現について

[人と動物の健康・科学リンク集] [お薦め本] [セミナー・イベント]

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。

CGIレスキュー掲示板
改変 PetCommunications